147件中 41 - 50件表示
  • フアン・ウリーベ

    フアン・ウリーベから見た井口資仁井口資仁

    は、前年オフに右腕エース、ジョン・ガーランドとのトレードで、メジャー屈指の好守の遊撃手であるオーランド・カブレラが加入。その煽りを受け、前年の井口資仁の放出以来、空席となっていた二塁手へコンバートされた。しかし、開幕から不振に陥ったのと故障、またアレクセイ・ラミレスの台頭もあり、内野のユーティリティへと格下げとなった。だが、後半戦からは、故障したジョー・クリーディの代わりに三塁を守るなど、一塁以外の内野をこなしてチームに貢献した。10月30日にFAとなった。フアン・ウリーベ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・オズーナ

    パブロ・オズーナから見た井口資仁井口資仁

    にシカゴ・ホワイトソックスに移籍すると、複数のポジションをこなすユーティリティープレーヤーや代走・右の代打として、チームの世界一に貢献。当時、腰に故障を抱えていたジョー・クリーディやメジャー1年目だった井口資仁らの休養日の代役として、ウィリー・ハリスやティモ・ペレスらと共に大きな役目を担った。そして、主に控えでの出場ながら、自己最多の14盗塁をマーク。パブロ・オズーナ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ポドセドニック

    スコット・ポドセドニックから見た井口資仁井口資仁

    その年のオフ、リード・オフ・マンの候補を探していたホワイトソックスにカルロス・リー外野手との交換トレードで移籍。は1番打者として同じく新加入した2番打者の井口資仁とともにオジー・ギーエン監督の目指す機動力野球の重要なキーマンとなった。スコット・ポドセドニック フレッシュアイペディアより)

  • 出場選手登録

    出場選手登録から見た井口資仁井口資仁

    2017年シーズン途中から、引退試合を行う選手に限って現在登録している選手を抹消せず1日限定で出場登録選手の枠を超えて登録が可能となる特例措置が導入された。この特例により引退試合を行う選手は1試合に限り28人の出場登録選手の枠を超えて登録することが可能となる。登録できる選手の数に制限はないが、試合でベンチ入りできる選手は25人で変わらない。またこの登録をされた選手は次の日に自動的に登録抹消となりその後はクライマックスシリーズを含めたリーグ公式戦終了まで登録できなくなる。ただしこの制度を適用しない日本選手権シリーズでは登録可能となる。また登録後当該試合が中止となった場合は球団が指定する日に再び登録することが出来る。2017年9月24日に引退試合を行う井口資仁(千葉ロッテ)、及び森野将彦(中日)が、この制度の最初の適用者になった。出場選手登録 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た井口資仁井口資仁

    初めてメジャーリーガーが出場する国際大会であり、当初はイチローをはじめ松井秀喜、城島健司、井口資仁、大塚晶則ら多くのメジャーリーガーが参加した「真の日本代表」としての代表編成が期待されていた。だが、イチローが大会に対する並々ならぬ意欲を表明する一方で、松井秀喜は参加への態度を保留するなどの温度差もあった。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 石川晃

    石川晃から見た井口資仁井口資仁

    その後は福岡ダイエーホークスのスカウトに転身。根本陸夫管理部長の信任が厚く、小久保裕紀・松中信彦・井口資仁ら、アマチュアの大物選手の獲得に敏腕ぶりを発揮した。石川晃 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見た井口資仁井口資仁

    井口資仁内野手(シカゴ・ホワイトソックス※当時)-- 2006年1月7日、当初は参加に意欲的だったが松井の後を追うように一転して出場を辞退。井口はWBC出場表明後にテキサス・レンジャーズにトレードされていた大塚晶則に対しても「出場したいけど、厳しい」と話していたことをマスコミの前で伝え、大塚も辞退かと報道されたが、大塚は既にWBC.incに出場合意のサインをしていたため、球団側の働きかけは受け入れられず、大塚の希望どおりに出場が決定した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た井口資仁井口資仁

    72選手の交渉権が確定した。アトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ジンター

    アラン・ジンターから見た井口資仁井口資仁

    1999年4月28日に西武ライオンズと契約。当時西武は、この年から入団していたグレッグ・ブロッサー、アーキー・シアンフロッコが全く打てないのが災いし、深刻な貧打に陥っていたことからジンターの獲得が決まった。ちなみにAAA級アイオワで同僚だった野茂英雄とバッテリーを組んだ経験もあり、野茂は「日本で活躍できる」と太鼓判を押していた。5月14日のオリックス・ブルーウェーブ戦で日本プロ野球史上6人目の「初試合満塁本塁打」を打つ(他には駒田徳広や井口資仁などが記録)など来日当初はそこそこに打っており一時期は4番も打っていたが、日本の投手に慣れられるには時間はかからなかった。なぜか日本ハムファイターズ戦には強く、7月初めの3連戦では3試合とも本塁打を打っているが、全体としてはジリジリと打率は下がっていき、2割割れが近付いてきた8月中旬に二軍に落ちると、そのまま一軍に上がることなく解雇された。アラン・ジンター フレッシュアイペディアより)

  • 浜名千広

    浜名千広から見た井口資仁井口資仁

    1997年、「20世紀最後の大型内野手」と呼ばれた井口忠仁が入団。浜名は二塁手にコンバートされ、柳田聖人らとの併用で内野陣を支えた。1999年には選手会長に就任し、ダイエー初のリーグ優勝・日本一に貢献した。しかし以降は持病のヘルニアのためにポジションを鳥越裕介に譲り、長らく二軍生活が続いた。浜名千広 フレッシュアイペディアより)

147件中 41 - 50件表示

「井口資仁」のニューストピックワード