147件中 51 - 60件表示
  • 引退試合

    引退試合から見た井口資仁井口資仁

    これらのことを受け2017年シーズン途中から、引退試合を行う選手に限って現在登録している選手を抹消せず1日限定で出場登録選手の枠を超えて登録が可能となる特例措置が導入された。この特例により引退試合を行う選手は1試合に限り28人の出場登録選手の枠を超えて登録することが可能となる。登録できる選手の数に制限はないが、試合でベンチ入りできる選手は25人で変わらない。またこの登録をされた選手は次の日に自動的に登録抹消となりその後はクライマックスシリーズを含めたリーグ公式戦終了まで登録できなくなる。ただしこの制度を適用しない日本選手権シリーズでは登録可能となる。また登録後当該試合が中止となった場合は球団が指定する日に再び登録することが出来る。2017年9月24日に引退試合を行う井口資仁(千葉ロッテ)、及び森野将彦(中日)が、この制度の最初の適用者になった(出場選手登録の頁を併せて参照)。なお引退試合はあくまでもセレモニーであり、この特例を使用しなかった場合、任意引退等の公示がなされない間はその試合後も選手として出場することは差し支えない。こういった選手の場合、引退試合では胴上げを行わずCSあるいは日本シリーズの全日程終了後(あるいは敗退決定後)に、改めて引退の胴上げを行ったケースもある(一例として、小久保裕紀[ソフトバンク。2012年]、稲葉篤紀及び金子誠[北海道日本ハム。2014年]などが該当)。引退試合 フレッシュアイペディアより)

  • 倉野信次

    倉野信次から見た井口資仁井口資仁

    宇治山田高校では2年夏の大会で県ベスト8、3年夏には同校史上77年ぶりの全国大会出場を狙って決勝まで進出するが、三重高校にサヨナラ負けを喫し甲子園には出場できず。東都の青山学院大では井口忠仁・澤崎俊和・清水将海・高須洋介らと共に黄金時代を築く。東都大学リーグ通算41試合登板、17勝7敗、防御率3.17、154奪三振。3年生春に7勝1敗で最優秀投手とベストナインに選ばれる。倉野信次 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た井口資仁井口資仁

    第1ステージ第3戦から中2日おいて迎えた。ダイエー・新垣渚、西武・石井貴の先発で始まったが序盤からダイエー打線が石井に襲い掛かり、1回裏に2点を先制、3回裏に城島健司のソロ本塁打で1点を追加、5回にも2点を追加し石井をKOした。ダイエーはその後も井口資仁、松中信彦、ズレータの本塁打などで4点を追加した。西武も9回にカブレラの二点本塁打で反撃したが結局9-3でダイエーが初戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ラルー

    クリス・ラルーから見た井口資仁井口資仁

    初奪三振:同上、3回裏に井口資仁から空振り三振。クリス・ラルー フレッシュアイペディアより)

  • 木谷良平

    木谷良平から見た井口資仁井口資仁

    初奪三振:同上、7回裏に井口資仁から空振り三振木谷良平 フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・カブレラ

    オーランド・カブレラから見た井口資仁井口資仁

    は、前年までの正遊撃手フアン・ウリーベからポジションを奪い、前年の井口資仁放出以来、空席となっていた二塁へ追いやり、2番打者を務めたが、開幕から打撃不振に陥ってしまう。しかし、5月6日に同じく不振に陥っていた1番打者ニック・スウィッシャーと打順を入れ替えてからは徐々に復調し、最終的には例年通りの堅実な成績をマーク。オーランド・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 三好匠

    三好匠から見た井口資仁井口資仁

    理想のバッターとして、井口資仁のような右方向に長打を打てるバッターを挙げている。三好匠 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た井口資仁井口資仁

    高校卒業後は青山学院大学に進学する(2学年上に小久保裕紀、同級生に川越英隆、城石憲之、1学年下に井口資仁、澤崎俊和、2学年下に高須洋介などが所属していた)。大学時代は、部員の中で1番最後まで個人練習している練習の虫だった。この事について、「PL学園時代に比べれば練習が全体練習が少ないから楽すぎるくらいだったが、その後の個人練習の時間でどれだけ野球をしてるかでこの先が決まる」と話している。1993年に小久保裕紀らを擁して春季1部リーグを制し、全日本大学野球選手権大会を優勝して大学野球日本一を勝ち取っている。東都大学リーグ通算86試合出場、286打数70安打、打率.245、7本塁打、47打点を記録。大学時代に振り子打法に切り替えて手応えを感じ坪井は、1995年秋季のリーグでチームメイトの高須洋介に次ぐ打率.409(リーグ2位)を記録してベストナインに選出された。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 中内正

    中内正から見た井口忠仁井口資仁

    オーナー代行〜オーナー時代、母校青学から小久保裕紀、井口忠仁をはじめとする多くの有望選手のホークス入団に尽力。中内正 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た井口資仁井口資仁

    実況:大谷真宏、解説:池田親興、ゲスト解説:井口資仁(千葉ロッテマリーンズ)、リポーター・ヒーローインタビュアー:坂梨公俊(ソフトバンクサイドのみ)2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

147件中 51 - 60件表示

「井口資仁」のニューストピックワード