104件中 61 - 70件表示
  • 日本コカ・コーラ

    日本コカ・コーラから見た井口資仁井口資仁

    アクエリアス(2006キャンペーン) 井口資仁日本コカ・コーラ フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た井口資仁井口資仁

    その後青山学院大学に進学。1年次から二塁手でレギュラー。3年間、1学年上の井口資仁と不動の二遊間を組む。井口卒業後は遊撃手、三塁手も務める。井口の他、1学年上には、澤崎俊和、清水将海、倉野信次らがおり、各大会で優勝を収め黄金時代を築いた。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・カブレラ

    オーランド・カブレラから見た井口資仁井口資仁

    thumb|left|ホワイト・ソックス時代(2008年)は、前年までの正遊撃手フアン・ウリーベからポジションを奪い、前年の井口資仁放出以来、空席となっていた二塁へ追いやり、2番打者を務めたが、開幕から打撃不振に陥ってしまう。しかし、5月6日に同じく不振に陥っていた1番打者ニック・スウィッシャーと打順を入れ替えてからは徐々に復調し、最終的には例年通りの堅実な成績をマーク。オーランド・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 岩鬼正美

    岩鬼正美から見た井口資仁井口資仁

    1997年の春季キャンプの紅白戦において、井口忠仁の入団により王監督の方針で4番に据えられるが、「一番じゃないとやる気が出ない」という無気力感から、極度の不振に陥る。岩鬼ファンのウグイス嬢の考えによってわざと「1番岩鬼」とコールした途端ホームランを打ったのを見て、岩鬼を1番に据えることを決意する。岩鬼正美 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球列伝 レジェンドナイン

    プロ野球列伝 レジェンドナインから見た井口資仁井口資仁

    一方で2009年はNPBでプレーした井口資仁・福盛和男などについては、アップデートでNPB在籍時代の各年度のカードが追加実装された。ホセ・オーティズ(2008年ロッテ退団、2009年途中ソフトバンク入団)などの場合はロッテ退団のため取引制限の対象になったものの、NPB復帰にともない制限が解除された。プロ野球列伝 レジェンドナイン フレッシュアイペディアより)

  • 水島新司

    水島新司から見た井口資仁井口資仁

    メジャーリーグを嫌っており、MLB入りしたイチローや松井秀喜らを非難している。雑誌『月刊ホークス』内で2002年まで水島が連載を担当していたコラムでは、当時ダイエーに在籍していた井口資仁がメジャー移籍を球団に希望したニュースが流れた際、「何故日本で、日本のファンの前でプレーしてくれないのか」と疑問を呈し、「メジャーの選手が凄い凄いと言っても、漫画の世界ではそれ以上のものが描ける」と表現している。とは言え、イチローはその後も『あぶさん』に描かれた。要因としては2004年、彼が安打の世界記録を樹立したことが大きいとされる。また最近、松井の5打席連続敬遠が今まで見てきた甲子園の試合の中で印象深いと語っている。水島新司 フレッシュアイペディアより)

  • 西東京市

    西東京市から見た井口資仁井口資仁

    井口資仁 - プロ野球選手(内野手)。千葉ロッテマリーンズ所属。西東京市民栄誉賞の第1号受賞者でもある(これ以降市民栄誉賞は出ていない)西東京市 フレッシュアイペディアより)

  • 押本健彦

    押本健彦から見た井口資仁井口資仁

    初奪三振:同上、4回裏に井口資仁から押本健彦 フレッシュアイペディアより)

  • 自由契約

    自由契約から見た井口資仁井口資仁

    選手から契約の解除を申し出た場合は、他球団との交渉を避けるため、任意引退公示がなされることがほとんどであるが、井口資仁や大家友和のように、メジャーリーグ挑戦を球団が認める形で自由契約になる場合もある。自由契約 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た井口資仁井口資仁

    ダイエーへの譲渡(福岡移転)以降では景浦とAK砲と呼ばれた秋山幸二(後に監督)、のちには巨人の投手として日本シリーズで対戦することにもなる工藤公康、石毛宏典ら西武からの移籍組(秋山、工藤と石毛は西武時代にも、工藤はダイエーからの移籍後も、石毛はオリックス監督就任後もよく登場)やオールスターで息子の景虎とバッテリーを組んだこともある城島健司、三冠王をとることになる松中信彦、俊足巧打の外野手・柴原洋、大型内野手・川崎宗則や井口資仁ら野手陣や、新垣渚(景浦の娘・夏子に好意を持つ描写もあった)、和田毅(代走に出たこともある)、馬原孝浩ら投手陣の活躍が目立った。小久保裕紀は景浦と本塁打王を争うことのできた希有なバッターの一人である。また、下柳剛の登場も多く、登場人物の恋の相手としてフィーチャーされるなどの扱いも受けた。下柳は他球団への移籍後もよく登場しており、特に阪神時代は景虎のチームメイトにもなっている。この下柳のほか、吉田豊彦も景浦父子双方のチームメイトだった(父とは南海・ダイエーで、子とは大阪近鉄で)ことがある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

104件中 61 - 70件表示

「井口資仁」のニューストピックワード