147件中 61 - 70件表示
  • フィラデルフィア・フィリーズ

    フィラデルフィア・フィリーズから見た井口資仁井口資仁

    2005年から2013年途中まで、1970年代後半から1980年代前半にかけてヤクルトスワローズや近鉄バファローズで活躍したチャーリー・マニエルが監督を務めていた。日本人選手では、2007年シーズン途中から終了までと2008年レギュラーシーズン終盤に井口資仁が所属、2008年シーズンにはカージナルスからフリーエージェントになった田口壮が所属した。フィラデルフィア・フィリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本慎也

    宮本慎也から見た井口資仁井口資仁

    、WBC代表にも井口資仁の代表辞退後に追加選出された。出場要請は大好きなパチンコをしている最中だったという。この時の背番号は多村仁と重複のため10番をつけた。準決勝の韓国戦では代打として結果を残し、その後の守備では本職ではない三塁手として出場した(守備機会は無し)。決勝のキューバ戦ではその試合で2度失策をした川崎宗則に代わり、9回に本職である遊撃手として出場した。ただし宮本への交代は前の攻撃の回で川崎がホームへ生還した際、右ひじを痛めたためであり、失策が原因で交代したわけではない。シーズンでは開幕から好調だったものの怪我での2度の離脱により73試合出場にとどまる。宮本慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た井口資仁井口資仁

    よりダイエーの一軍外野守備走塁コーチに就任。6月6日のオリックス戦終了後二軍降格となった。からは再び一軍コーチを務め、井口資仁に二度盗塁王取らせて、二軍コーチの時ルーキーだった川崎宗則には徹底的にプロの走塁を仕込み、チームがリーグ優勝・日本一になったは147盗塁、12球団トップで井口、2位の村松有人、3位の川崎と盗塁ランキングを独占し日本一の原動力になった。しかし、以降3年連続でリーグ優勝を逃し、特に親会社がダイエーからソフトバンクに変わったから2年続けて、プレーオフに進出しながら敗退したため、チーム編成の抜本的見直しが行われることとなり、限りで退団した。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 城島健司

    城島健司から見た井口資仁井口資仁

    は4月13日の対オリックス3回戦の9回に史上15人目で17度目の1イニング2本塁打を記録。この試合では6回にも本塁打を打っており、グリーンスタジアム神戸での1試合3本塁打は史上4人目であった。シーズン通算の打率はリーグ28位の.258と低迷したが、本塁打は自身初の30本越えとなる31本塁打(リーグ9位)を記録。捕手の30本以上は史上5人目であった。この年は小久保裕紀がリーグ4位の44本塁打、松中信彦がリーグ6位の36本塁打、井口資仁がリーグ12位の30本塁打を記録し、30本塁打を放った打者が同一チームに4人というパシフィック・リーグ初の記録になった。また、4人全員が日本人選手だったのはプロ野球史上初であった。城島健司 フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た井口資仁井口資仁

    チームの右の主砲。モデルは小久保裕紀。小久保の背番号は9なのだが、九條がつけているため、背番号は登場当初は7だったが、2部のシーズン終盤以降に江口(モデルは井口資仁)が出てきて背番号7となったため、いつの間にか19になっている。キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 柳田聖人

    柳田聖人から見た井口資仁井口資仁

    、遊撃手には鳥越、二塁には井口忠仁が定着したため一軍出場はなく、球団から戦力外通告を受け、同年限りで現役引退。柳田聖人 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・バーリー

    マーク・バーリーから見た井口資仁井口資仁

    球速は遅いものの、多彩な変化球を低めに集めて打たせて取る、典型的な技巧派左腕。バーリーの投球について、元チームメイトの井口資仁は「バーリーの時は、しっかり打たれたゴロじゃなくて、打ち損じた打球がよく飛んでくる気がする」と語っている。持ち球は、85 - 89mph(約136.8 - 143.2km/h)の沈む速球に、打者の手元で鋭く曲がるスライダー、大きく曲がるカーブ、それにチェンジアップなど。制球が良いため「("精密機械" と呼ばれる制球を武器に通算300勝を挙げた)グレッグ・マダックスに最も近い投手」と呼ばれることもある。イチローは「左バッターのアウトコースいっぱいのところへボール1個分のコントロールができる」と評価している。マーク・バーリー フレッシュアイペディアより)

  • 池之上格

    池之上格から見た井口資仁井口資仁

    引退後は福岡ダイエーホークスのスカウトとして、九州地区チーフを務めるなど活躍し、小久保裕紀や井口資仁を担当。2000年からは阪神タイガースのスカウトとして鳥谷敬、安藤優也などを担当。池之上格 フレッシュアイペディアより)

  • 村松有人

    村松有人から見た井口資仁井口資仁

    、脇腹を痛め開幕に間に合わなかった柴原を8番・右翼手に追いやり、1番・中堅手として復活を果たす。開幕から打率3割を維持し、それまでの12年間で2本塁打とほとんど本塁打が打てなかった(初出場から連続打数本塁打無しの日本記録保持)が、この年は6本塁打を放つ。7月1日にはサイクル安打を達成した。ダイハード打線の核弾頭として、打率.324(リーグ8位)、150安打、6本塁打と自己最高の打撃成績に加え、歴代5位タイとなる13三塁打を記録。盗塁王争いでも井口資仁との激しい競争をリードしていたが、8月23日の対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡ドーム)で捕球を試みた際に右鎖骨を骨折して離脱。終盤戦を棒に振って盗塁王と最多安打を逃すが驚異的な回復を見せ、日本シリーズ(対阪神タイガース戦)には復帰して日本一に貢献した。村松有人 フレッシュアイペディアより)

  • オジー・ギーエン

    オジー・ギーエンから見た井口資仁井口資仁

    にはそれまでの長打に頼ったチームカラーを変え、シーズン中はスコット・ポドセドニックや井口資仁らに犠打や盗塁等のサインを出す細かい野球で臨み、ポストシーズンも勝ち進んでワールドシリーズを制した。なお、ベネズエラ人としてはメジャーリーグ史上初の監督である。オジー・ギーエン フレッシュアイペディアより)

147件中 61 - 70件表示

「井口資仁」のニューストピックワード