147件中 71 - 80件表示
  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た井口資仁井口資仁

    内野手:2今岡誠、6井口資仁、7西岡剛、8今江敏晃、9福浦和也、16塀内久雄、32根元俊一、40渡辺正人、52金泰均、58青野毅、59細谷圭2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た井口資仁井口資仁

    実況:吉田伸男(CX)、解説:高木豊・池田親興、ゲスト解説:井口資仁(千葉ロッテマリーンズ)リポーター:田久保尚英(ソフトバンクサイド)・森脇淳(THK、中日サイド、監督・ヒーローインタビュー兼務)2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・ゴンザレス (内野手)

    エドガー・ゴンザレス (内野手)から見た井口資仁井口資仁

    パドレスに入団したにプロ9年目でメジャーデビューを果たし、すでにパドレスの主砲となっていたエイドリアンとチームメートとなった。正二塁手を務めていた井口資仁が故障者リスト入りしたこともあって二塁手のレギュラーを掴むと、メジャー1年目から111試合に出場した。エドガー・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た井口資仁井口資仁

    千葉ロッテマリーンズの井口資仁が史上44人目の通算1000打点を本塁打で達成。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た井口資仁井口資仁

    ''は、村田の右足肉離れの影響で4月5日から13試合の間4番を打ち、46打数13安打で打率.286だったものの1本塁打4打点4併殺とあまり活躍はできず、4番を外れてからも5月17日の交流戦直前までわずか2本塁打に止まった。5月30日セ・パ交流戦の対オリックス・バファローズ戦の9回一死満塁の場面で代わったばかりの香月良太のストレートをライトスタンドへ運び、満塁本塁打を放ち第3号とし、6月6日の対セ・パ交流戦、埼玉西武ライオンズ戦で1試合2本塁打、6月13日から1番打者になると、6月17日からの3試合で4本塁打など交流戦でやや立て直したが、リーグ戦に再び戻ると打率、本塁打共に数字は伸び悩んだ。全144試合出場を果たし、自己最多の13盗塁を記録したが、レギュラー獲得後最低成績となる打率.248、16本塁打、54打点に終わり、2年連続リーグ2位となる134三振も記録した。6月17日には横浜スタジアムで行われた対オリックス戦で1番右翼手で出場し、2点ビハインドの6回無死三塁の場面で先発金子千尋が初球に投じた変化球をセンターへ運び同点ツーランホームランとすると、これにより2009年4月7日の井口資仁に続く日本プロ野球史上8人目となる「全打順での本塁打」を達成した。。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 大田卓司

    大田卓司から見た井口資仁井口資仁

    引退後はフジテレビ・文化放送解説者(1987年 - 1989年)を経て、福岡ダイエーホークス一軍打撃コーチ(1990年 - 1995年)を6年間務め、吉永幸一郎・浜名千広・村松有人・小久保裕紀を育てた。1996年からは、数年間同球団の編成部に所属。スカウトとして井口資仁・松中信彦らの入団に尽力した。退団後は西日本スポーツの評論家となる。大田卓司 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見た井口資仁井口資仁

    ''は、入団1年目の5月2日、対大阪近鉄バファローズ戦で8回表1点ビハインド一死無走者から本間満の代打で初出場すると、川尻哲郎のスライダーをプロ入り初打席初安打となる右中間三塁打を放ち、川崎宗則のライトへの同点犠牲フライにより初得点も記録した。三塁守備要員として吉本龍生が送られたため守備に付くことはなかった。その後3試合は代打起用のみ、5月9日の対オリックス・ブルーウェーブ戦9回1点ビハインドの場面でヒットを打った先頭ペドロ・バルデスの代わりにプロ初の代走起用され、二死満塁本間の打席中に山口和男が暴投した所、すかさず本塁を陥れ同点とし、本間のサヨナラ打を呼んだ。王貞治監督の構想により本格的に外野練習に取り組むことが決まった。5月12日対西武ライオンズ戦9回表、高橋和幸に代わり中堅手としてプロ入り初の守備に付き、二死二三塁の場面で佐藤友亮のセンター前ヒットを処理して本塁へ好返球して二塁走者の後藤武敏を刺した。5月13日から実戦経験を積むため二軍で調整することになった。10月27日の宮崎キャンプ2日目、右肩痛でキャンプ不参加の川崎、ポスティングシステムによりメジャー挑戦を狙っていた井口資仁という二遊間事情から、王監督は明石を内野で育成する方針を打ち出した。ウエスタン・リーグでは81試合に出場し、打率.304(リーグ6位)、三塁打12本(リーグ1位)、19盗塁(リーグ4位)と力を示し、ウエスタン・リーグ優秀選手賞を受賞した。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た井口資仁井口資仁

    最後に4番で達成したのは、井口資仁(千葉ロッテマリーンズ)以来2人目後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た井口資仁井口資仁

    開幕から5番を任されたが、その後不振のジョシュ・ホワイトセルに代わって4番に起用され、前半戦のチーム快進撃を支える。しかし、夏場に調子を落とし、ホワイトセル復帰後は6番や7番などの下位に回った。守備は、当初は左翼手で、ホワイトセル離脱後は主に指名打者を務め、井口資仁やホワイトセルなど他の野手が指名打者で出場する場合には左翼手も務めた。また、シーズン前から一塁手の練習も始め、9月21日のオリックス戦で初めて一塁手として出場した。この年は最終的に自己最多となる137試合に出場したが、打率.239、7本塁打、52打点と不本意な成績に終わった。それでも得点圏打率は.290、リーグトップの78四球を記録する。シーズン終了後に右肘の手術を受けた。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • 高木大成

    高木大成から見た井口資仁井口資仁

    両親が福岡県出身で、西鉄ライオンズを引き継いだ西武ライオンズの本拠地である西武ライオンズ球場(現在:メットライフドーム)に高木をよく連れて行っていたことからファンとなる。小学2年からリトルリーグで野球を始め、この頃から東京六大学でプレーすることを考えていた。リトルリーグでは投手と捕手を務めていたが、捕手として試合を組み立てることに面白さを感じていたという。桐蔭学園高校では厳しい指導を受けた土屋恵三郎監督から「自分が出会った中で一番の捕手」、横浜商業高校の古屋文雄監督からは「神奈川ナンバー1捕手」とそれぞれ評された。2年時には、1学年下の国学院久我山の井口忠仁からライバル視されており、関東を代表するスラッガーに成長していた。なお、3年時のチームメイトには、1学年下に副島孔太、2学年下に高橋由伸がいた。高木大成 フレッシュアイペディアより)

147件中 71 - 80件表示

「井口資仁」のニューストピックワード