147件中 81 - 90件表示
  • 寺村輝夫

    寺村輝夫から見た井口資仁井口資仁

    1972年に次男が友達や近所の大人とソフトボールチームを作ったが、寺村や長男も参加、寺村は監督も務める。ただし勝つためのチームではなかったため、弱かったとのこと。このチームには井口資仁が所属していたことがあり、寺村は生前「井口君は俺が育てた」と語っていた。日常だけで書かれた、寺村にしては珍しい作品『ミリ子は負けない』『ミリ子は泣かない』のテーマになっている野球チームは、この時の体験から来たとされる。寺村輝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年アトランタオリンピックの日本選手団

    1996年アトランタオリンピックの日本選手団から見た井口忠仁井口資仁

    井口忠仁(青山学院大学)・今岡誠(東洋大学)・大久保秀昭(日本石油)・小野仁(日本石油)・川村丈夫(日本石油)・木村重太郎(東芝)・黒須隆(日産自動車)・桑元孝雄(三菱自動車川崎)・西郷泰之(三菱自動車川崎)・佐藤友昭(プリンスホテル)・杉浦正則(日本生命)・高林孝行(日本石油)・谷佳知(三菱自動車岡崎)・中村大伸(NTT東京)・野島正弘(日本石油)・福留孝介(日本生命)・松中信彦(新日鉄君津)・三澤興一(早稲田大学)・森昌彦(NTT東京)・森中聖雄(東海大学)1996年アトランタオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉勢敏弘

    嘉勢敏弘から見た井口資仁井口資仁

    に初の一軍昇格。入団3年目の、春季キャンプの紅白戦で仰木彬監督から登板を命じられ、イチロー、大島公一、トロイ・ニールらを打ちとる。このことがきっかけとなり、外野手兼投手の二刀流に挑戦することになる。対外試合での初登板は3月3日の福岡ダイエーホークスとのオープン戦。9回2死で外野から走ってマウンドに上がり、井口忠仁を抑えた。シーズン開幕後も外野手登録のまま2試合に登板。初登板の日本ハムファイターズ戦で現役晩年の落合博満に本塁打を打たれたが、落合は「野手から打っても全然うれしくないよ」とコメントした。、は投手としての出場はなく、に外野手登録のまま再び登板しプロ初勝利を挙げると、シーズン終了まで投手に専念した。、投手に登録を変更し、左の中継ぎとしてリーグ最多の70試合に登板。は1試合の登板にとどまり、同年オフに戦力外通告を受けて現役引退。嘉勢敏弘 フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン・ストリート

    ヒューストン・ストリートから見た井口資仁井口資仁

    チームの抑え投手だったオクタビオ・ドーテルも5月21日に故障者リスト入りすると、メジャーデビューから2か月足らずのストリートが代役に抜擢される。これについてもカート・ヤング投手コーチが「実際に、ストリートをあの時点でクローザーに指名するのは予定より早かった」と語っている。ストリートは、自身やチームの予定より早くメジャーでの地位を確立し、5勝1敗23セーブの成績を残し、ローリー・フィンガーズの持つ球団新人セーブ記録を35年ぶりに更新した。シーズン終了後、ストリートはロビンソン・カノ(ニューヨーク・ヤンキース=当時)や井口資仁(シカゴ・ホワイトソックス=当時)らを抑え、クローザーとしてアメリカンリーグ史上リーグ3人目となる新人王を受賞した。ヒューストン・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • 河原井正雄

    河原井正雄から見た井口資仁井口資仁

    1996年、井口資仁(ダイエー?フィラデルフィア・フィリーズ?ロッテ)・澤崎俊和(元広島)・清水将海(ロッテ?中日)・倉野信次(ダイエー・ソフトバンク)らを擁し、2度目の大学日本一と全日本アマチュア野球王座決定戦で住友金属を破りアマチュア王座に導く。河原井正雄 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た井口資仁井口資仁

    ダイエーへの譲渡(福岡移転)以降では景浦とAK砲と呼ばれた秋山幸二(後に監督)、のちには巨人の投手として日本シリーズで対戦することにもなる工藤公康、石毛宏典ら西武からの移籍組(秋山、工藤と石毛は西武時代にも、工藤はダイエーからの移籍後も、石毛はオリックス監督就任後もよく登場)やオールスターで息子の景虎とバッテリーを組んだこともある城島健司、三冠王をとることになる松中信彦、俊足巧打の外野手・柴原洋、大型内野手・川崎宗則や井口資仁ら野手陣や、新垣渚(景浦の娘・夏子に好意を持つ描写もあった)、和田毅(代走に出たこともある)、馬原孝浩ら投手陣の活躍が目立った。小久保裕紀は景浦と本塁打王を争うことのできた希有なバッターの一人である。また、下柳剛の登場も多く、登場人物の恋の相手としてフィーチャーされるなどの扱いも受けた。下柳は他球団への移籍後もよく登場しており、特に阪神時代は景虎のチームメイトにもなっている。この下柳のほか、吉田豊彦も景浦父子双方のチームメイトだった(父とは南海・ダイエーで、子とは近鉄で)ことがある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た井口資仁井口資仁

    4月6日 - ダイエーの井口資仁がNPB史上225人目の通算100本塁打2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2013年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た井口資仁井口資仁

    その21日に行われた第4戦(Kスタ宮城)では、1回にアンドリュー・ジョーンズの犠飛、2回には銀次のタイムリー安打などで3点を先取。4回にはG.G.佐藤の3ランホームランなどで逆転されたが、ジョーンズの2ランホームランで再逆転、7回には根元俊一のタイムリー安打で同点に追いつかれるも、マギーがソロホームランを打って勝ち越した。8回には則本が角中勝也、サブロー、クレイグ・ブラゼルを抑えると、その裏には藤田・銀次のタイムリー安打により点を追加。9回、楽天は田中が登板し、鈴木大地・金澤岳を抑えた後、根元・福浦和也に安打を許すが、井口資仁が凡退し試合終了。楽天は8-5でロッテに勝利し、球団創設9年目にして初となる日本シリーズへの進出を決めた。クライマックスシリーズのMVPには、1勝1Sの成績を挙げた田中が選ばれた。2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 相沢晋

    相沢晋から見た井口資仁井口資仁

    初奪三振:2015年9月21日、対千葉ロッテマリーンズ20回戦(千葉マリンスタジアム)、3回裏に井口資仁から相沢晋 フレッシュアイペディアより)

  • 今岡誠

    今岡誠から見た井口忠仁井口資仁

    宝塚市立美座小学校、宝塚市立宝塚中学校卒業。少年時代は宝塚シニアに所属し、阪急沿線に住んでいた影響で、阪急ブレーブスのファンであった。PL学園高校3年時に第64回選抜高等学校野球大会に出場し、8強入りする。東都大学野球連盟所属の東洋大学に進学後は遊撃手として大学通算89試合出場、335打数100安打、打率.299、12本塁打、73打点を記録。ベストナインに2回選出された。アトランタオリンピックでは日本生命の福留孝介も含めて3人の遊撃手が選出されたが、主に7番遊撃手井口忠仁、8番二塁手今岡、9番三塁手福留で起用され、打率.435を記録した。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

147件中 81 - 90件表示

「井口資仁」のニューストピックワード