143件中 31 - 40件表示
  • 井口資仁

    井口資仁から見たゴールデングラブ賞

    島田誠コーチの助言から目標を盗塁王に定めて臨んだシーズンで、強力打線の3番に定着。プロ入り以降打率が.250を超えたことがなかったことから、確実性を高めるためにフォームをすり足打法に変えてシーズンに臨んだ。打率は.261(リーグ27位)に終わったが、史上3人目の30本塁打・40盗塁を達成し、44盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。この年、井口が30本塁打(リーグ12位)を記録したのに加え、小久保裕紀が44本塁打(リーグ4位)、松中が36本塁打(リーグ7位)、城島健司が31本塁打(リーグ9位)を記録し、パシフィック・リーグ初の30本カルテットを形成。日本人のみの30本カルテットはプロ野球史上初の快挙だった。11月には台湾で開催された第34回IBAF(国際野球連盟)ワールドカップ日本代表に高橋由伸、井端弘和、高校生で唯一メンバー入りした寺原隼人らと共に選出され、3番二塁手として出場した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た北海道日本ハムファイターズ

    開幕から3番を任されるものの、その後は低迷し例年と同様下位打線で起用されるようになる。打率はリーグ最下位の.224に終わったものの、優勝争いの中でサヨナラ打を3度記録するなど勝負強さを発揮した。9月8日の首位攻防となる対西武ライオンズ26回戦(福岡ドーム)では西崎幸広からサヨナラ満塁本塁打を、試合前に西武が敗れマジック1で迎えた9月25日の対日本ハムファイターズ26回戦(福岡ドーム)でも金村暁から決勝本塁打を放つなど、福岡ダイエー初のリーグ優勝、日本一に大きく貢献した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た広島東洋カープ

    5月28日の対広島東洋カープ戦において、5回表にブライアン・バリントンから左中間へ3ランを放ち、 史上98人目となるNPB通算200本塁打を達成した。同年は打率、打点ともに前年よりさらに成績を落とすがチーム最多の140試合に出場し、本塁打は2年ぶりの二桁本塁打となる11本(チームトップ、リーグ7位)を記録した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た大阪近鉄バファローズ

    3月のオープン戦で右足首を捻挫したため開幕には間に合わず、5月3日の対近鉄バファローズ4回戦(福岡ドーム)で、2番・遊撃手として初出場。1回のプロ初打席で初安打、4回の3打席目では満塁本塁打を相手先発の山崎慎太郎から放つ鮮烈なデビューを飾った。外国人選手を除き、新人選手のデビュー戦での満塁本塁打はプロ野球史上初の快挙だった。しかし順調な滑り出しとは裏腹にその後は2割台前半の低打率に苦しみ、主に下位打線で起用されるようになった。オフにはハワイ・ウインターリーグに松中らと共に派遣され、ウエストオアフ・ケーンファイアーズに所属(背番号25)した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たデビッド・ウェルズ

    ポストシーズンでは10月5日の前年度ワールドチャンピオン、ボストン・レッドソックスとのアメリカンリーグ・ディビジョンシリーズ(ALDS)第2戦(USセルラー)で決勝の逆転3点本塁打をデビッド・ウェルズから放つ活躍などを見せ、移籍1年目でワールドシリーズに出場。日本人選手としては新庄剛志、松井秀喜、田口壮に次ぐ4人目のワールドシリーズ出場選手となった。ワールドシリーズも制し、日本人では伊良部秀輝に次いで2人目のチャンピオンリングを獲得した(伊良部はワールドシリーズに出場しておらず、実際に出場してリングを獲得したのは井口が初めて)。しかし最後の打席後に交代し、優勝決定の瞬間はベンチにいたため、「優勝した瞬間グラウンドにいたはじめての日本人選手」は翌年の田口に譲ることになった。また、日本人で初めて日本シリーズとワールドシリーズの両方を制覇した選手となった。シーズン終了後には、両リーグから選出される新人ベストナインに二塁手部門で選出された。後にこのシーズンについて自己犠牲を強いられる役割には不満があったと語るが、ギーエン監督の「今年のMVPはイグチ。イグチほど野球を深く理解している選手はいない。彼がいたからホワイトソックスはワールドシリーズを制覇できた」という言葉で救われたという。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たA.J.ピアジンスキー

    右方向への長打が特徴的な勝負強い打撃が持ち味で、状況に応じた打撃もできるため、メジャーリーグではクリーンナップへのつなぎを求められる2番での出場が多かった。ホワイトソックス時代はチームの方針からほぼ毎打席1ストライクを捨てながらも20本近い本塁打を放ち、A\.J\.ピアジンスキーから「打順が変われば25本は打てるパワーは十分ある」、他球団スカウトからも「2番ではなく6番を打たせれば25?30本塁打する力がある」と長打力が高く評価されていた。ロッテ移籍当初は4番や2番で出場したが、後に3番に定着し、2009年から2年連続でIsoDが1割を越えるなど選球眼に磨きがかかり、2010年には外角打率.313で12本塁打を放つなど外角に強さを発揮した。ロッテに移籍した2009年以降,春先は3割2分台?3割5分台の高打率を残すものの,6月以降調子を落として最終的には2割台後半の打率で終えるシーズンが続いている。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たチャーリー・マニエル

    フィリーズではアトリーの復帰まではスタメンで二塁手を務めたが、アトリーの復帰後はチャーリー・マニエル監督から三塁手への転向を勧められたがこれを固辞。そのため主に代打での出場となり、フィリーズ移籍後は打率.304を残した。ポストシーズン終了後には「現在永住権を申請中であり、来季は二塁手のレギュラーとして起用してもらえる球団を中心に移籍先を探す」旨の発言をした。12月18日にサンディエゴ・パドレスと1年385万ドルで契約を結んだ。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たオジー・ギーエン

    シカゴ・ホワイトソックスと2年470万ドルで契約(3年目は年俸330万ドルの球団オプション)。開幕戦となった4月4日のクリーブランド・インディアンス戦(USセルラー・フィールド)に2番二塁手として初出場。開幕2戦目となる4月6日のインディアンス戦では、ケビン・ミルウッドからメジャー移籍後初安打を二塁打で記録(同試合で初盗塁も記録)。5月3日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦(USセルラー)では、ブライアン・アンダーソンから左翼席へメジャー初本塁打を放った。その後もスコット・ポドセドニックと共にホワイトソックスの「スモール・ボール(監督のオジー・ギーエンはスマート・ボールと呼んでいた)」を牽引し、チームの5年ぶりの地区優勝に大きく貢献。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たケビン・ミルウッド

    シカゴ・ホワイトソックスと2年470万ドルで契約(3年目は年俸330万ドルの球団オプション)。開幕戦となった4月4日のクリーブランド・インディアンス戦(USセルラー・フィールド)に2番二塁手として初出場。開幕2戦目となる4月6日のインディアンス戦では、ケビン・ミルウッドからメジャー移籍後初安打を二塁打で記録(同試合で初盗塁も記録)。5月3日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦(USセルラー)では、ブライアン・アンダーソンから左翼席へメジャー初本塁打を放った。その後もスコット・ポドセドニックと共にホワイトソックスの「スモール・ボール(監督のオジー・ギーエンはスマート・ボールと呼んでいた)」を牽引し、チームの5年ぶりの地区優勝に大きく貢献。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たスコット・ポドセドニック

    シカゴ・ホワイトソックスと2年470万ドルで契約(3年目は年俸330万ドルの球団オプション)。開幕戦となった4月4日のクリーブランド・インディアンス戦(USセルラー・フィールド)に2番二塁手として初出場。開幕2戦目となる4月6日のインディアンス戦では、ケビン・ミルウッドからメジャー移籍後初安打を二塁打で記録(同試合で初盗塁も記録)。5月3日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦(USセルラー)では、ブライアン・アンダーソンから左翼席へメジャー初本塁打を放った。その後もスコット・ポドセドニックと共にホワイトソックスの「スモール・ボール(監督のオジー・ギーエンはスマート・ボールと呼んでいた)」を牽引し、チームの5年ぶりの地区優勝に大きく貢献。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

143件中 31 - 40件表示

「井口資仁」のニューストピックワード