143件中 41 - 50件表示
  • 井口資仁

    井口資仁から見た赤堀元之

    初死球:1997年5月4日、対近鉄バファローズ5回戦(福岡ドーム)、8回裏に赤堀元之から井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た入来祐作入来 祐作

    開幕から3番に座ったが、1番としての起用されることも多く、アテネオリンピック出場のため城島が抜けた期間には代役として5番も務めた。公式戦最終戦の9月23日の対日本ハム戦では、延長12回裏に入来祐作から福岡ダイエーホークスとしては公式戦最後の本塁打となるサヨナラ本塁打を放った。レギュラーシーズンでは打率.333(リーグ4位)、24本塁打(リーグ14位タイ)、89打点(リーグ7位タイ)を記録した。チームは2年連続でレギュラーシーズン1位に輝いたが、この年導入されたプレーオフで敗れ、リーグ優勝は逃した。オフには高塚猛オーナー代行が部下への強制わいせつ罪の容疑で逮捕されたため辞任したことを受け、前年に交わした覚書に基づき自由契約を選択し、メジャーリーグ挑戦を表明。球団は「不可解、不明朗な契約ではあるが契約は有効」と認め、チームにとっては前年の小久保の無償トレードに続く前代未聞の出来事であり、王貞治監督は「野球を分からない、愛せないフロントはもういらない」と怒りを顕わにした。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たウィリー・フレーザー

    初盗塁:1997年7月11日、対オリックス・ブルーウェーブ13回戦(福岡ドーム)、2回裏に二盗(投手:ウィリー・フレーザー、捕手:中嶋聡)井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た金森栄治

    ストライクゾーンが広がり(翌年以降は元のゾーンに戻った)リーグ全体が打低化し、パ・リーグ平均打率は.255だったが井口自身は打率.259(リーグ24位)とリーグ平均打率を上回った。だが本塁打は18本と多くの打者の例にもれず数字を落とした。オフに城島と共に金森栄治スコアラーに指導され、「より引き付けて打つ打法」に変更。バッティングフォームをすり足打法から再び足を上げる方法に変えた。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た許銘傑

    日米通算1500安打:2010年4月10日、対埼玉西武ライオンズ5回戦(千葉マリンスタジアム)、3回裏に許銘傑から中越え二塁打井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た倉野信次

    青山学院大学では1年春からレギュラー(入学当時の主将は小久保裕紀)。同期の澤崎俊和、清水将海、倉野信次、1学年下の高須洋介らと共に全日本大学野球選手権大会優勝を始め多くの輝かしい実績を残した。個人としても、1番・遊撃手の「青い核弾頭」として大活躍し、東都大学リーグ史上唯一である三冠王や、リーグ記録となる1シーズン8本塁打などを記録。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た高塚猛

    開幕から3番に座ったが、1番としての起用されることも多く、アテネオリンピック出場のため城島が抜けた期間には代役として5番も務めた。公式戦最終戦の9月23日の対日本ハム戦では、延長12回裏に入来祐作から福岡ダイエーホークスとしては公式戦最後の本塁打となるサヨナラ本塁打を放った。レギュラーシーズンでは打率.333(リーグ4位)、24本塁打(リーグ14位タイ)、89打点(リーグ7位タイ)を記録した。チームは2年連続でレギュラーシーズン1位に輝いたが、この年導入されたプレーオフで敗れ、リーグ優勝は逃した。オフには高塚猛オーナー代行が部下への強制わいせつ罪の容疑で逮捕されたため辞任したことを受け、前年に交わした覚書に基づき自由契約を選択し、メジャーリーグ挑戦を表明。球団は「不可解、不明朗な契約ではあるが契約は有効」と認め、チームにとっては前年の小久保の無償トレードに続く前代未聞の出来事であり、王貞治監督は「野球を分からない、愛せないフロントはもういらない」と怒りを顕わにした。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た吉田篤史

    ランニング本塁打:1998年7月5日、対千葉ロッテマリーンズ12回戦 吉田篤史から)井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た初芝清

    1月20日に千葉ロッテマリーンズと年俸1億8千万円の3年契約を結んだ。背番号6は過去に落合博満(前・中日ドラゴンズ監督)や初芝清らが着けており、「偉大な番号をいただけて、本当に光栄。この番号に恥じないプレーをする」とコメントした。石垣島での春季キャンプではダイエー時代に行っていたアーリーワーク(朝練習。メジャーでは怪我の恐れなどから禁止だった)を竹原直隆と共に敢行。開幕から4番を担い、4月7日には史上7人目となる全打順本塁打を達成。この本塁打は自身のNPB通算150本塁打でもあった。最終的に打率.281、本塁打19本を記録した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た清水将海

    青山学院大学では1年春からレギュラー(入学当時の主将は小久保裕紀)。同期の澤崎俊和、清水将海、倉野信次、1学年下の高須洋介らと共に全日本大学野球選手権大会優勝を始め多くの輝かしい実績を残した。個人としても、1番・遊撃手の「青い核弾頭」として大活躍し、東都大学リーグ史上唯一である三冠王や、リーグ記録となる1シーズン8本塁打などを記録。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

143件中 41 - 50件表示

「井口資仁」のニューストピックワード