67件中 11 - 20件表示
  • よしだみほ

    よしだみほから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    また同連載をきっかけとして、他の競馬雑誌やスポーツ新聞などでも多数の連載を持ち、現在では「競馬漫画界の第一人者」と呼ばれるまでになる。フジテレビ系列の競馬番組『スーパー競馬』の井崎脩五郎のコーナー(当時の「井崎探偵事務所」)に1コマ漫画を起用された時期があった。よしだみほ フレッシュアイペディアより)

  • 第138回天皇賞

    第138回天皇賞から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    スポーツニッポン記者の浜田公人は、前半1000mでを58秒7という速目のラップを刻みながら、後半ではそれを凌ぐ58秒5というラップでまとめた点を「驚異的なスピードの持続力」と述べ、「勝ち馬以上に凄かったスカーレット」と総評した。また競馬評論家の井崎脩五郎は、残り50mの差し返しを「奇跡のような脚」と評し、「歴史的名馬の証、今回の天皇賞を忘れ難きものにした真因であるように思える」と述べている。第138回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのウマ倶楽部

    みんなのウマ倶楽部から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    日刊スポーツもサンケイスポーツと共にフジテレビの競馬中継と非常に関係が強い時期があり、それは『スーパー競馬』の解説者として活躍した大川慶次郎が競馬評論家として晩年に所属していたことに起因する。これが縁で斎藤陽子が司会を担当していた時期には井崎脩五郎、吉田均を除くスーパー競馬出演陣(実況アナウンサー含む)の日曜メインレース予想コラムが系列会社のサンケイスポーツを差し置いて存在した。このように紙面上ではサンスポ以上に関係が深かったもののスーパー競馬の制作協力には名前を連ねておらず、この当時も現在と同じくサンスポのみであった。みんなのウマ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 酔いどれない競馬

    酔いどれない競馬から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    第1回の『酔いどれ競馬』から、この番組の象徴的存在の井崎脩五郎がレギュラーとして出演していたが、2005年4月25日の放送の後から長らく出演していなかった。2007年1月29日の放送で1年9ヶ月ぶりに出演したが、出演していなかった理由については特に発表されていない。酔いどれない競馬 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのケイバ

    みんなのケイバから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎【実況席解説(メインレースのみ)、返し馬解説(GIレースのみ)】・なお、井崎は、前番組からの続投。みんなのケイバ フレッシュアイペディアより)

  • NSTスーパー競馬

    NSTスーパー競馬から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    ゲスト 井崎脩五郎(スペシャル版および土曜放映時のみ)NSTスーパー競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 第53回有馬記念

    第53回有馬記念から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    フジテレビで、このレースを解説していた井崎脩五郎は、「ものすごい超一流が勝つと、2着に人気薄が来るっていう典型的なレース。」「並みの一流はみんなバテちゃった。」とレース直後に語っていた。第53回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • 玉ノ井健志

    玉ノ井健志から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    重賞騎乗はデビュー年のタマツバキ記念(モッカンセンプウで9着)と3年目の1992年新潟記念(マイネルアーサーで7着)の二度のみである。しかし新潟記念の騎乗については、当日中継を行っていた『スーパー競馬』解説の井崎脩五郎が、騎乗馬が能力不足にもかかわらず第4コーナーまで逃げて先頭を維持し見せ場を作った玉ノ井の手腕について賞賛の声を上げていた。玉ノ井健志 フレッシュアイペディアより)

  • 森安輝正

    森安輝正から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    森安とナリタブラリアンの対戦相手には東京優駿2着馬スダホーク(郷原洋司騎乗)のほか、騎手も小島太や的場均、加藤和宏(以上現調教師)、中舘英二、田中勝春、四位洋文、藤田伸二、イギリスのアラン・ムンロなどのメンバーが揃っていた。使用コースも特番では大井競馬場、それもナイター(放送時間の関係上ナイターとなった)を使ったときもあった。またG1レースの解説には井崎脩五郎、実況は宇野和男(当時ラジオたんぱアナウンサー)、レースリポートは鈴木淑子が務めた。森安輝正 フレッシュアイペディアより)

  • 優駿

    優駿から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    日々是反省!井崎脩五郎の競馬てれすこ日記優駿 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「井崎脩五郎」のニューストピックワード