71件中 21 - 30件表示
  • カブラヤオー

    カブラヤオーから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    東京優駿(日本ダービー)前哨戦となるNHK杯では大外を回りながら差し切り勝利した。迎えたダービーでは、今度はトップジローに競りかけられながらも、皐月賞を超える前半1000m58秒6、1200mを1分11秒8という驚異的なハイペースで逃げ、さらに最後の直線では、苦しさから口を割りふらつきながらも、迫ってきた後続をさらに突き放して優勝した。この時点でデビュー2戦目から無傷の8連勝を達成、クラシック二冠馬となった。競馬評論家の井崎脩五郎は「このレースは不滅だ」と賞賛し、自分の見てきた20世紀最強馬はマルゼンスキーと語りつつも「この1レースだけとればカブラヤオーと言う人がいてもおかしくない」と語っている。カブラヤオー フレッシュアイペディアより)

  • よしだみほ

    よしだみほから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    また同連載をきっかけとして、他の競馬雑誌やスポーツ新聞などでも多数の連載を持ち、現在では「競馬漫画界の第一人者」と呼ばれるまでになる。フジテレビ系列の競馬番組『スーパー競馬』の井崎脩五郎のコーナー(当時の「井崎探偵事務所」)に1コマ漫画を起用された時期があった。よしだみほ フレッシュアイペディアより)

  • オペックホース

    オペックホースから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎『脩五郎のウソつき!』(イースト・プレス、1994年)ISBN 978-4872570366オペックホース フレッシュアイペディアより)

  • ビワハヤヒデ

    ビワハヤヒデから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    他方、その存在感についてライターの谷川善久は「真のスターの座につけないまま競走馬生活を閉じ」「いつもレースの中心にいながら、決して物語の中心にはいなかった」と述べ、また須田鷹雄は「語るべき物語の無い馬」と評している。自身の作品にビワハヤヒデを数多く取り上げた漫画家のよしだみほは「実績の割に評価が低くなってる気がする」と述べた上で「ハヤヒデは結果的に勝ってたとかいうんじゃなくて、こいつは負けないだろうという雰囲気を漂わせつつ、本当に勝っちゃうんだから強い馬だったのは間違いないはず。そういうオーラをもってる馬って、あまりいないからね」と称えている。また、評論家の井崎脩五郎は「どんな状況でもよく頑張るというのが、ビワハヤヒデの特筆すべきところ」とした上で「堅実で、波瀾万丈でないぶん地味な印象を与えがちなビワハヤヒデは、ナリタブライアンが三冠を獲ったことによってなおいっそう、立ち位置が一歩下がってしまった感があるが、『15戦連続連対』はもっと大威張りしていい勲章なのだ」と賞している。ビワハヤヒデ フレッシュアイペディアより)

  • べんぴねこ

    べんぴねこから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    『鉄板!?シューゴロー』 - 競馬評論家・井崎脩五郎をモデルとしたアニメべんぴねこ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木淑子

    鈴木淑子から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎 - 競馬の番組・イベントでの共演多数。鈴木淑子 フレッシュアイペディアより)

  • 第138回天皇賞

    第138回天皇賞から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    スポーツニッポン記者の浜田公人は、前半1000mでを58秒7という速目のラップを刻みながら、後半ではそれを凌ぐ58秒5というラップでまとめた点を「驚異的なスピードの持続力」と述べ、「勝ち馬以上に凄かったスカーレット」と総評した。また競馬評論家の井崎脩五郎は、残り50mの差し返しを「奇跡のような脚」と評し、「歴史的名馬の証、今回の天皇賞を忘れ難きものにした真因であるように思える」と述べている。第138回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第66回菊花賞

    第66回菊花賞から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    当日のFNS系列の競馬中継も超豪華に放送され、本来ならば放映権、制作を担当する西の関西テレビの競馬中継番組のドリーム競馬に加えて、東のフジテレビの競馬中継番組のスーパー競馬が制作に名乗りを挙げ、その結果夢のコラボレーションが実現。スーパードリーム競馬・第66回菊花賞実況中継として放送された。スタジオは第1コーナーの付近の建物の屋上にてオープン型に設定。司会は宮川一朗太と福原直英アナウンサーが務め、解説には杉本清、井崎脩五郎、岡部幸雄が、リポーターには水野麗奈と若槻千夏が務めた。実況アナは馬場鉄志が担当し、ゴール前に発言した『世界のホースマンよ見てくれ! これが日本近代競馬の結晶だ!』は同年のFNSアナウンス大賞を受賞した。第66回菊花賞 フレッシュアイペディアより)

  • ナイスネイチャ

    ナイスネイチャから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    3年連続出走となった有馬記念では当日10番人気の評価であったが、レースでは中団でトウカイテイオーと並んでレースを進めると、最後の直線では激しい競り合いを演じたトウカイテイオーとビワハヤヒデの3馬身半後方で、追い込んできたマチカネタンホイザをアタマ差抑え、3年連続の3着となった。グランプリにおけるこの記録は「怪挙」、「異業」などとも言われ、「有馬記念3年連続3着」はナイスネイチャの代名詞ともなっていった。競馬評論家の井崎脩五郎は、この出来事ついて次のように述べている。ナイスネイチャ フレッシュアイペディアより)

  • ウイニングポストシリーズ

    ウイニングポストシリーズから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    氏名や外見、経歴などの面で有名人をモデルにした人物もおり、たとえば井坂修三郎は実在の競馬評論家・井崎脩五郎をモデルにしていると言われている(本人も事実上許可している)。登場作品が複数作に跨る人物もいるが、その場合は作品によって役割が変わることが多い。初期作品から登場している人物名には「安田」「有馬」「宝塚」など、GIレースに因んだ名前が多い。ウイニングポストシリーズ フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示