71件中 31 - 40件表示
  • 冠名

    冠名から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    冠名が同じ競走馬について、馬主が異なる場合でも得意距離や血統構成などに似たような傾向が現れたり、同じ馬主が複数の冠名を持つ場合に特定の冠名に活躍馬が集中したりするケースがよく見られる。このことから、井崎脩五郎と須田鷹雄は「ウマ家」(うまけ)という概念を提唱し、これらを馬券予想に役立てようとしている。冠名 フレッシュアイペディアより)

  • ハイセイコー

    ハイセイコーから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    朝日新聞のコラム『天声人語』は、「馬の名で浮かぶ時代がある」とした上で、「高度成長が終わる70年代」を象徴する競走馬として、テンポイントとともにハイセイコーを挙げている。赤木駿介は、ハイセイコーブームとは「表面的な物質享楽と、加速度的なインフレーションの谷間に落ちて」何かに飢えていた大衆が、マスコミの露骨な商業主義を感じ取りつつも、「一個の動物でしかすぎないサラブレッドに、純粋なるものを求めた」ものであり、「世相の反映であり、70年代の1つの象徴といえよう」と評している。競馬評論家の井崎脩五郎は、「1970年の3月6日に生まれ、1970年代を突っ走り、1979年の日本ダービーを自らの産駒が勝ったハイセイコーこそ、この10年の代表馬であったと、当然のことのように思い返すのではないだろうか。」と述べている。ハイセイコー フレッシュアイペディアより)

  • なまうま

    なまうまから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(『みんなのKEIBA』解説者、2012年9月9日、VTRゲスト)なまうま フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立葛飾野高等学校

    東京都立葛飾野高等学校から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(競馬評論家)東京都立葛飾野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • サニーブライアン

    サニーブライアンから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    種牡馬としては、産駒の勝ち上がり率の高さが注目されていた。とくにデビュー初年度は地方競馬で産駒が驚異的なペースで勝ち上がり、フジテレビ『スーパー競馬』で井崎脩五郎がトピックとして持ち出すほどであった。結局、フレッシュサイアーランキングはフサイチコンコルドに次ぐ第2位となったが、これはバランスオブゲームが新潟2歳ステークスを勝利したためで、勝ち上がった産駒の数および産駒の勝利数はサニーブライアンの方が多かった。なお、地方競馬限定では2位のマーベラスサンデーに収得賞金ベースでダブルスコアの1位であった。サニーブライアン フレッシュアイペディアより)

  • 週刊100名馬

    週刊100名馬から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    単にその競走馬の競走成績を取り上げるだけに留めず、厩舎関係者に対するインタビューや競馬評論家・ファン(井崎脩五郎、北野義則、高橋直子ら)によるその馬に関するノンフィクションやエッセーなどを掲載。レギュラーシリーズの100冊を全て揃えると1996年阪神大賞典におけるナリタブライアンとマヤノトップガンの叩き合いの模様が背表紙に浮かび上がるという画期的な手法も人気を集めた。2003年に日本中央競馬会から2002年度の「JRA馬事文化賞」を授与された。週刊100名馬 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木集保

    柏木集保から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    本紙予想を担当したことはないが、飯田正美とともに『日刊競馬』の看板予想家であり、同紙のコマーシャルにも起用されている。また、netkeiba.comなどインターネットメディアを含む各競馬誌へのコラム寄稿のほか、映像メディアやイベントなどにも積極的に出演しており、井崎脩五郎と並ぶ関東競馬界のご意見番的存在とも言える。柏木集保 フレッシュアイペディアより)

  • スシトレイン

    スシトレインから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    前述のように、スシトレインはヒヤシンスステークスで不動の本命馬だと見なされていた。騎手の菊沢は最下位という結果に動揺し、レース直後の取材に対して、どこか故障したのではないかと心配するコメントを残した(ただしその後の検査では、馬体に故障は見当たらなかった)。競馬記者の立川敬太は『競馬フォーラム』誌で、「スシトレインの敗戦には、関係者ならずとも美浦トレセン内に衝撃が走った」と報じた。競馬評論家の井崎脩五郎は、東京中日スポーツのコラムで「なんと7頭立てのシンガリに大敗」「ハナを切れないだけであそこまで大敗するとは夢にも思わなかった」と感想を述べ、スシトレインのレース経験の乏しさを敗因に挙げた。また井崎は同コラムで、アメリカ遠征の中止について「1度の失敗くらいでガッカリすることはない」と本馬を気遣い、改めてベルモントステークスを目指してほしいと期待をかけた。スシトレイン フレッシュアイペディアより)

  • タケシバオー

    タケシバオーから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    芝、ダート、馬場状態、負担重量、距離といった諸条件を全く問題としない万能の強さをもち、距離体系などが確立されていなかった当時にあっても、長距離3200メートルの天皇賞を勝ち、短距離1200メートルの英国フェア開催記念でレコード勝ちをするという実績は特異なものだった。『優駿』が1991年に競馬関係者へ行ったアンケートでは、「最強馬」部門でシンボリルドルフ、シンザンに次ぐ3位となった。この結果を伝えられた古山良司は「3位?そんなぽっちか(笑)」というコメントを寄せている。また講評会では、杉本清が「馬場が悪いとか、重量に殺されたとか、展開が向かなかったとか言ってるうちは、本当に強い馬とはいえないんじゃないか」と述べ、それに対して山口瞳と井崎脩五郎が「その点、タケシバオーは良かった」、「タケシバオーはそういった面で見ると1位」と応じている。また、『優駿』が1985年に読者向けに行った同様のアンケートでは7位、日本馬主協会連合会が2000年に馬主を対象に行ったものでは「一番の名馬と思う競走馬は」という設問で8位タイとなっている。タケシバオー フレッシュアイペディアより)

  • 東京中日スポーツ

    東京中日スポーツから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎 - 毎週火曜日に「井崎脩五郎の競馬探偵」を連載。東京中日スポーツ フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示