71件中 41 - 50件表示
  • サクラバクシンオー

    サクラバクシンオーから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    『優駿』が2012年に行った「距離別最強馬」アンケートでは、全6つのカテゴリーの中で唯一過半数の得票率を記録し、「1200メートル」でバクシンオーが1位となった。合わせてホースマンを対象行われたアンケートでは、17人のうち池江泰郎、池江泰寿、河内洋、国枝栄、小島太、四位洋文、鹿戸雄一、清水英克、田中勝春、中舘英二、松田国英、三浦皇成、矢作芳人の13名が1200メートルでバクシンオーを選定し、ほかアナウンサーの杉本清、評論家の井崎脩五郎が同様の投票をした。このうち三浦と矢作は産駒に占めるスプリンターの多さにも言及している。産駒がデビューした1998年から、死の翌年である2012年7月までに産駒が中央競馬の1200メートル戦で挙げた勝利数は655に上り、同期間で2位のフジキセキ(312勝)に2倍以上の差を付けている。サクラバクシンオー フレッシュアイペディアより)

  • おしゃべりクイズ疑問の館

    おしゃべりクイズ疑問の館から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(競馬評論家) - 噂の!東京マガジン(TBS系)では中吊り評論家おしゃべりクイズ疑問の館 フレッシュアイペディアより)

  • 落合恵子

    落合恵子から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    明治大学文学部在学中は英語部(ESS)に所属。この時の同窓に原田大二郎および井崎脩五郎がいる。井崎は出演中のラジオ番組の中で、「落合先輩からRとLの発音が甘いと注意された」と回顧談を披露していた。落合恵子 フレッシュアイペディアより)

  • サクラローレル

    サクラローレルから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    のちに明らかになった話として、調教師の境は金杯の直後に海外遠征を考えていたものの、「GIIIを勝ったばかりのサクラローレルで海外に行くといったら笑われる気がして言い出せなかった」として断念したという話がある。境はのちに井崎脩五郎に対し「あの時に行っていれば、海外でGIを勝っていたと思う。このヘボ調教師がチャンスの芽を摘んじゃったのさ。ローレルに悪いことをしたと、ずっと頭から離れないよ」と語ったことを、境の死後に井崎が明らかにしている。サクラローレル フレッシュアイペディアより)

  • レースアナウンサー養成講座

    レースアナウンサー養成講座から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(競馬評論家)レースアナウンサー養成講座 フレッシュアイペディアより)

  • スーパー競馬

    スーパー競馬から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(番組放送時はホースニュース・馬) - 大川と同様に前々番組の『競馬中継』(1983年よりレギュラー出演)、前番組の『チャレンジ・ザ・競馬』から引き続き出演。予想コーナー(「井崎の法則」、「井崎のナニ一点だか!」等)を担当。『スーパー競馬』レギュラー出演者の中で唯一後継番組の『みんなのケイバ』に引き続きレギュラーとして出演している。スーパー競馬 フレッシュアイペディアより)

  • NSTスーパー競馬

    NSTスーパー競馬から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    ゲスト 井崎脩五郎(スペシャル版および土曜放映時のみ)NSTスーパー競馬 フレッシュアイペディアより)

  • MOTHER (ゲーム)

    MOTHER (ゲーム)から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    1ページを割いた「ZIGEN SLIP」の欄には橋本治、いとうせいこう、ホイチョイプロダクション、中沢新一、宮本茂、毛利公信らが、小欄には鴻上尚史、竹田青嗣、井上陽水、久美沙織、天野祐吉、井崎脩五郎、すぎやまこういち、南伸坊らがそれぞれ寄稿している。MOTHER (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 東京スポーツ

    東京スポーツから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(競馬評論家) - 2008年4月より毎週土曜の競馬面で「そりゃホントか井崎亭」を連載中。当初は、サイン予想の天才という、よく行く鰻屋の女将を引き合いに出した予想を中心としていた。東京スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 優駿

    優駿から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    日々是反省!井崎脩五郎の競馬てれすこ日記優駿 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「井崎脩五郎」のニューストピックワード