1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • 鈴木淑子

    鈴木淑子から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎 - 競馬の番組・イベントでの共演多数。鈴木淑子 フレッシュアイペディアより)

  • ディープインパクト (競走馬)

    ディープインパクト (競走馬)から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    競馬評論家の井崎脩五郎は、ディープインパクトの新馬戦の翌日に行われたイベントで「今まで(=数十年間)見てきた中で、一番『これは強い』と思ったレースは?」と振られ「昨日のディープインパクトの新馬戦」と答えた。その後井崎は、ディープインパクトのことを「競馬史上の最強馬」ではないかと発言した。その理由として、名馬のレースで「なんだこれ!?」と感じるのは1頭に1回だが、ディープインパクトの場合は新馬戦と2戦目の若駒ステークスの2回連続でそう感じたことを挙げている。ディープインパクト (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 冠名

    冠名から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    冠名が同じ競走馬について、馬主が異なる場合でも得意距離や血統構成などに似たような傾向が現れたり、同じ馬主が複数の冠名を持つ場合に特定の冠名に活躍馬が集中したりするケースがよく見られる。このことから、井崎脩五郎と須田鷹雄は「ウマ家」(うまけ)という概念を提唱し、これらを馬券予想に役立てようとしている。冠名 フレッシュアイペディアより)

  • グラスワンダー

    グラスワンダーから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    グラスワンダーの走法は右手前の場合、「(右)前足を地面に叩きつけるようにする」(井崎脩五郎)ため、坂のある競馬場にめっぽう強かったと言われる(ただし同馬は平坦コースで一度も走ったことがない)。また、左手前(左回りの競馬場)の映像ではその特徴があまり見られない点が左回りで苦戦した要因のひとつであるとする向きもあるが、2歳時(旧3歳時)は左回り(左手前)でもこの派手な走法は顕著であった。グラスワンダー フレッシュアイペディアより)

  • 噂の!東京マガジン

    噂の!東京マガジンから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(森本休暇時は代理司会。2012年は小島が夏休みの際にOPで森本と一緒に登場した。開始当初から出演)噂の!東京マガジン フレッシュアイペディアより)

  • なまうま

    なまうまから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(『みんなのKEIBA』解説者、2012年9月9日、VTRゲスト)なまうま フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本競馬

    2008年の日本競馬から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    2月18日 - 競馬専門紙である『ホースニュース・馬』が19日付の南関東公営競馬版を最後に休刊(事実上の廃刊)することが明らかになった。中央競馬版も17日付で休刊に入っている。現在でも人気評論家の井崎脩五郎が専属として所属しているほか、「競馬の神様」と言われた故・大川慶次郎も一時期所属していたが、売上の低迷による経営環境の悪化により発行の継続が困難になった。2008年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示

「井崎脩五郎」のニューストピックワード