71件中 61 - 70件表示
  • はやく起きた朝は…

    はやく起きた朝は…から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    松居と森尾と磯野の3人が、視聴者から寄せられた不平・不満・愚痴などのはがきをおしゃべりを交えながら紹介するのが主な内容で、『おそ昼』からは料理を披露するコーナーも時々行われている。番組初期には井崎脩五郎がオブザーバー的に出演していたが、放送開始から1年後には男性ゲスト1名を呼ぶ形式に変更。その後現在の女性レギュラー陣3名による形式が定着し、これにより「女性が主役のトーク番組」という色合いが強まった。現在は前述のトークを中心に、「直美のはや起きクッキング」「由美のアメリカ生活プチ情報」「貴理のお耳拝借」などのコーナーが放送されている。はやく起きた朝は… フレッシュアイペディアより)

  • 酔いどれない競馬

    酔いどれない競馬から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    第1回の『酔いどれ競馬』から、この番組の象徴的存在の井崎脩五郎がレギュラーとして出演していたが、2005年4月25日の放送の後から長らく出演していなかった。2007年1月29日の放送で1年9ヶ月ぶりに出演したが、出演していなかった理由については特に発表されていない。酔いどれない競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 伊那市

    伊那市から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎(競馬評論家)伊那市 フレッシュアイペディアより)

  • ディープインパクト (競走馬)

    ディープインパクト (競走馬)から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    競馬評論家の井崎脩五郎は、ディープインパクトの新馬戦の翌日に行われたイベントで「今まで(=数十年間)見てきた中で、一番『これは強い』と思ったレースは?」と振られ「昨日のディープインパクトの新馬戦」と答えた。その後井崎は、ディープインパクトのことを「競馬史上の最強馬」ではないかと発言した。その理由として、名馬のレースで「なんだこれ!?」と感じるのは1頭に1回だが、ディープインパクトの場合は新馬戦と2戦目の若駒ステークスの2回連続でそう感じたことを挙げている。ディープインパクト (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ヒシアマゾン

    ヒシアマゾンから見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    明けて1994年春、当時は外国産馬にクラシックへの出走が認められていなかったため、裏街道を歩むことになった。年明け緒戦の京成杯こそ2着に敗れたものの、続くクイーンカップ、クリスタルカップ、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスといずれも1番人気に応えて快勝した。特にクリスタルカップで見せた残り100mでの4馬身差を差し、逆に1馬身差をつけた驚異の追い込みは、井崎脩五郎が20世紀のベストレースの1つにあげている。ヒシアマゾン フレッシュアイペディアより)

  • 蛭子能収

    蛭子能収から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    ギャンブル編「パチンコ屋はインテリを嫌う」(解説 井崎脩五郎 ISBN 978-4-4340-3888-4)蛭子能収 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤浩輝

    後藤浩輝から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    2009年の参加者は池添謙一、武豊、内田博幸、三浦皇成、鈴木淑子、井崎脩五郎であり、特に三浦は約1週間前の12月19日に20歳の誕生日を迎えたばかりで、公の場で初めての飲酒となった。後藤浩輝 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川区

    荒川区から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    井崎脩五郎 - 競馬評論家兼タレント。西尾久出身荒川区 フレッシュアイペディアより)

  • FNSスーパースペシャルテレビ夢列島

    FNSスーパースペシャルテレビ夢列島から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    競馬は札幌競馬場から札幌スプリントステークスを放送(進行は山田雅人・解説は井崎脩五郎・実況は吉田雅英)したが、このレースを制したノーブルグラスに騎乗の安田富男が全10場での重賞制覇を達成した。FNSスーパースペシャルテレビ夢列島 フレッシュアイペディアより)

  • 第49回毎日王冠

    第49回毎日王冠から見た井崎脩五郎井崎脩五郎

    こうしたことから、このレースは全国の競馬ファンやマスコミ・評論家(井崎脩五郎の「良馬場を望む」という発言がいかにファンがこのレースを楽しみにしていたかを如実に表している)の大きな注目を集め、当日の東京競馬場には13万人というGIに匹敵する大観衆が集まった。第49回毎日王冠 フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「井崎脩五郎」のニューストピックワード