105件中 31 - 40件表示
  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た背広

    かつてはタキシード姿で出演するのがトレードマークであったが、現在はスーツが多い。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見たディープインパクト (競走馬)

    2004年12月20日に行われた「有馬記念フェスティバル」において、司会の須田鷹雄に「今まで見てきた中で一番これは強いと思ったレースは?」と振られ、「昨日のディープインパクトの新馬戦。あれは強い」と答えた(このときのディープインパクトのレースは、手綱を持ったままで後続を引き離す、圧勝と言えるレースであった)。ちなみに、2000年にJRAが行なったキャンペーン「Dream Horses 2000」の著名人コメントにおいてはマルゼンスキーが最高の名馬だと答えている。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た優駿牝馬

    十数年前の『スーパー競馬』では30連敗を記録し記念に楠玉が割られた程であった。1996年のオークスでは『噂の!東京マガジン』にて「枠連1-4の1点でいい」と言明し、司会の森本毅郎に即座に「その組み合わせはいりませんね」と言われつつも的中させた。同番組の収録スケジュールと予想的中のタイミングが合うと、その度に番組冒頭で話題になることが慣例になっている。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見たトレードマーク

    かつてはタキシード姿で出演するのがトレードマークであったが、現在はスーツが多い。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た荒川区

    出身地は東京都荒川区とする説と長野県伊那市とする説とがある。2007年には荒川区の観光大使に任命されている。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た東京優駿

    1979年の東京優駿(日本ダービー)でカツラノハイセイコの単勝に当時の有り金すべてを投入する大勝負に出て、婚約指輪の購入資金にあてた。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た日本中央競馬会

    2004年12月20日に行われた「有馬記念フェスティバル」において、司会の須田鷹雄に「今まで見てきた中で一番これは強いと思ったレースは?」と振られ、「昨日のディープインパクトの新馬戦。あれは強い」と答えた(このときのディープインパクトのレースは、手綱を持ったままで後続を引き離す、圧勝と言えるレースであった)。ちなみに、2000年にJRAが行なったキャンペーン「Dream Horses 2000」の著名人コメントにおいてはマルゼンスキーが最高の名馬だと答えている。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見たゲゲゲの鬼太郎

    2009年に井崎をモチーフとするキャラクター「シューゴロー」が作られ、東京競馬場のマナー啓発VTRや遊戯施設に使用されている。名馬と妖怪馬の血を引くという設定で、『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターとも共演している。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た

    豪としても知られ、酔っ払った状態でテレビに出演することも少なくない。かつて『うまなりクン』に丼崎脩五郎(どんぶりざきしゅうごろう)として出演していた時代には、「歌うマンケン予想」と題し、毎週自らが行きつけにしているスナックで酒を飲みながら替え歌に乗せて予想を披露していたこともある。一方でネギが嫌いだが、『うまなりクン』の忘年会企画でさとう珠緒に「ハイ、先生、あーん」と食べさせられた時には食べていた。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た海の家

    新潟競馬場近くにある島見浜をこよなく愛しており、新潟開催の折には浜茶屋で呑んでいるところをたびたびに目撃されている。また弟子の須田との雑誌での対談企画を同所で収録した事もある。新潟開催の『NSTスーパー競馬』(現・『NSTみんなのKEIBA』)予告CMでも井崎が島見浜を歩くバージョンが放映された事があった。「市報にいがた」第2006号では篠田昭・新潟市長が、新潟市のおすすめスポットとして『競馬評論家の井崎脩五郎さんが「日本一の浜茶屋」と激賞する島見浜』を採り上げている。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「井崎脩五郎」のニューストピックワード