94件中 51 - 60件表示
  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た競馬評論家

    井崎 脩五郎(いさき しゅうごろう、1947年7月23日 - )は日本の競馬評論家、コメンテーター。本名は布目 健二(ぬのめ けんじ)。父は浪曲奇術師の布目貫一。 競馬専門紙『ホースニュース・馬』に所属していた(元・株式会社ホースニュース広報部部長)。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た小説

    フジテレビの競馬中継には1983年からレギュラー解説者として出演し、現在でも『みんなのKEIBA』にレギュラーとして出演。独特のデータ予想を駆使して、また持ち前の明るくユニークな性格で人気を博している。前身番組の『スーパー競馬』まではスタジオでの解説のみだったが、『みんなのケイバ』ではスタジオ解説と共に実況席解説も兼任していた。長年、フジテレビ競馬中継のメイン解説者として活躍していたが、『みんなのKEIBA』から、メイン解説者ではなくご意見番の立場として、これまでよりは一歩引いた立場となっている。また、世界の競馬珍話集(但し自身の創作も多い)や競馬をテーマにした小説を何冊か執筆しており、現在は『週刊Gallop』(サンケイスポーツ)にて小ネタ的競馬エピソードを連載中である。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た函館競馬場

    『みんなのKEIBA』解説者であるため他地域の番組に出演することはまず無いが、2008年のFNS27時間テレビでは『みんなのケイバ』が休止となったため函館競馬場へ赴き、北海道文化放送の吉田雅英との珍しいツーショットを披露(地上波中継向け)。レース直前にはこの年のメインキャスターである明石家さんまと競馬トークを繰り広げた。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た梶原しげるの本気でDONDON

    梶原しげるの本気でDONDON(文化放送、番組終了)井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見たはやく起きた朝は…

    おそく起きた朝は…(フジテレビ、現:はやく起きた朝は…井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た週刊Gallop

    フジテレビの競馬中継には1983年からレギュラー解説者として出演し、現在でも『みんなのKEIBA』にレギュラーとして出演。独特のデータ予想を駆使して、また持ち前の明るくユニークな性格で人気を博している。前身番組の『スーパー競馬』まではスタジオでの解説のみだったが、『みんなのケイバ』ではスタジオ解説と共に実況席解説も兼任していた。長年、フジテレビ競馬中継のメイン解説者として活躍していたが、『みんなのKEIBA』から、メイン解説者ではなくご意見番の立場として、これまでよりは一歩引いた立場となっている。また、世界の競馬珍話集(但し自身の創作も多い)や競馬をテーマにした小説を何冊か執筆しており、現在は『週刊Gallop』(サンケイスポーツ)にて小ネタ的競馬エピソードを連載中である。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た賭博

    そのキャラクターから普通とは逆に“予想が的中すると苦情が来る”ともいわれ、井崎の子息からは「こんなの来るわけないのに、なんでこんな予想するのかわからない」と言われたこともある。かつて週刊誌の対談で、テレビ出演時に今のようなキャラクターを演じた理由として「当時まだまだ博打という偏見が強かった競馬に対して親近感を持って欲しかったから」と述べたことがある。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見たサイン理論

    データ以外に馬名や枠連の数字やサインに関する造詣も深く、それに関する予想も数多く行う。これは大学の先輩にあたる高本公夫の影響だという。但し的中率はデータ予想時以上に落ち込むようである。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見た東京中日スポーツ

    株式会社ホースニュース在籍中から、前述の『週刊Gallop』に加え東京中日スポーツ「井崎脩五郎の競馬探偵」など数多くの連載を持っているが、ホースニュース・馬の休刊に伴い2008年4月から東京スポーツで予想コラム「そりゃホントか井崎亭」の連載を開始した。ただし、ホースニュース・馬在籍時のように全レースの予想が掲載されるわけではなく、当コラムにて掲載される井崎の予想はメインレースのみであり、東スポの馬柱には予想印は載らない。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井崎脩五郎

    井崎脩五郎から見たマルゼンスキー

    2004年12月20日に行われた「有馬記念フェスティバル」において、司会の須田鷹雄に「今まで見てきた中で一番これは強いと思ったレースは?」と振られ、「昨日のディープインパクトの新馬戦。あれは強い」と答えた(このときのディープインパクトのレースは、手綱を持ったままで後続を引き離す、圧勝と言えるレースであった)。ちなみに、2000年にJRAが行なったキャンペーン「Dream Horses 2000」の著名人コメントにおいてはマルゼンスキーが最高の名馬だと答えている。井崎脩五郎 フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示