前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • たけし軍団

    たけし軍団から見た井手らっきょ井手らっきょ

    そのまんま東と大森うたえもんによるコンビのツーツーレロレロと、ピン芸人であった井手らっきょ(当時は、本名の井手博士名義)はビートたけしと同じく太田プロに所属していたが、それ以外の軍団メンバーは太田プロ所属ではなく、ビートたけしの弟子扱いで太田プロとは関係なくビートたけし預かりでポケットマネーから給料が出ていた。たけし軍団へのオファーはなく、ビートたけしの仕事にたけしとセットで出演する形になっていた。その後は太田プロに正式に所属したが、1988年のオフィス北野立ち上げ時にたけしとともに移籍している。たけし軍団 フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

    ビートたけしのお笑いウルトラクイズから見た井手らっきょ井手らっきょ

    ダチョウ倶楽部が3対1で挑むも、コンビネーションがバラバラだったり、井手らっきょと春一番のアントニオ猪木のものまねを持ちネタとする者同士でタッグを組んで挑戦するといったことが恒例。ただし、出演者たちが相手レスラーを挑発するときに、実際のリング上で発せられたセリフを使ったり、プロレス作法にのっとった動きを見せるなどして、出演するレスラーに対して相応の敬意も示していた(ダチョウ倶楽部や春一番は根っからのプロレスファンである)。ビートたけしのお笑いウルトラクイズ フレッシュアイペディアより)

  • ¥マネーの虎

    ¥マネーの虎から見た井手らっきょ井手らっきょ

    志願者の希望金額には上限が無い。最高希望額は中華料理のファーストフード店開業を希望した志願者で1億円。最低希望額は新しいスタイルのおにぎり屋を開くことを希望した志願者で180万円。マネー成立した案件では井手らっきょの2270万円が最高投資額となった。総投資金額は番組最終回にマネー成立者のその後を追跡した企画で3億546万円と紹介された。マネー成立後にプレゼン内容の虚偽発覚やノルマ達成等の条件を達成できなかったために成立無効になった志願者もいるため、放送された全マネー成立者の総投資金額と最終回で公表された総投資金額は一致しない。¥マネーの虎 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉麻市バーニングヒーローズ

    嘉麻市バーニングヒーローズから見た井手らっきょ井手らっきょ

    タレントの井手らっきょが中心となって発足した。新田恵利が応援団を務めている。嘉麻市バーニングヒーローズ フレッシュアイペディアより)

  • たけしの等々力ベース

    たけしの等々力ベースから見た井手らっきょ井手らっきょ

    レギュラー放送回からは、毎回「○○道」と称しその道を究めていく。番組レギュラー進行役はガダルカナル・タカ、補佐役はつまみ枝豆。他の出演者はグレート義太夫、ダンカン、井手らっきょなどたけし軍団のメンバー。また『所さんの世田谷ベース』に出演している所ジョージや清水圭らがゲストとして出演する事が度々あった。たけしの等々力ベース フレッシュアイペディアより)

  • 猪本健太郎

    猪本健太郎から見た井手らっきょ井手らっきょ

    熊本市立飽田中学校の3年生だったに、井手らっきょが同市内に開校した野球スクールプロフェッショナル・ベースボール・アカデミーへ、1期生として入校した。猪本健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • しあわせ家族計画

    しあわせ家族計画から見た井手らっきょ井手らっきょ

    井手らっきょ(シガーボックス)(10月14日放送)しあわせ家族計画 フレッシュアイペディアより)

  • 北野ファンクラブ

    北野ファンクラブから見た井手らっきょ井手らっきょ

    往年の特撮番組「少年ジェット」が元となっている、「海パン刑事」と同じ形式で放送されたドラマコント。ガダルカナル・タカが演じる「透明人間(本当は全裸姿であるが、本人は透明になったと思い込んでいる男)」と、たけしが演じる中年ジェットが毎回いろんなシチュエーションで対決する。ジェットが名前を呼ばれるたびにキーの合わないテーマ曲(最後が「J・E・T!」で締める)を延々と歌わされる設定で、結局たけしが喉を潰してしまったことでコント続行不可能となり、コーナーも打ち切りとなった。一度だけ行われた新宿での公開収録でも、客前で披露された。タカ演じる「透明人間」は、スキー場やたけしのロスでの滞在先でも演じられ、コーナー終了後ではあるが、派生キャラとして井手らっきょの「蜘蛛男」、グレート義太夫の「ビッグフット」なども登場した。北野ファンクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのスポーツ大将

    ビートたけしのスポーツ大将から見た井手らっきょ井手らっきょ

    1986年12月のフライデー襲撃事件でたけしが芸能活動を自粛、番組も「ビートたけしの」のクレジットを外し、単に「スポーツ大将」として放映された。留守を預かったのはフリーアナウンサーの志生野温夫と事件に不参加のたけし軍団メンバー、つまみ枝豆、井手らっきょ、ラッシャー板前である。たけしが復帰しないまま、1987年3月に第1期終了。たけしが芸能活動を再開するのにあわせて、約1年後の1988年2月10日から第2期を再開し、1990年まで放映された。1985年の大晦日にはこの番組の延長線的なスペシャル番組『ビートたけしの元祖マラソン野球中継』が放送された。また1987年大晦日にも放送された。ビートたけしのスポーツ大将 フレッシュアイペディアより)

  • 井手博士

    井手博士から見た井手らっきょ井手らっきょ

    井手博士 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「井手らっきょ」のニューストピックワード