前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た大村直之

    には、ウエスタン・リーグ公式戦で.365という高打率をマーク。一軍のレギュラー外野手だった多村仁や大村直之の故障などを背景に、一軍公式戦にも61試合に出場したが、打率.235で一軍への定着までには至らなかった。シーズン終了後に結婚を発表。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た吉川輝昭

    公式戦開幕直後の4月20日に、吉川輝昭との交換トレードで横浜ベイスターズへ移籍することが発表された。移籍後の入団会見では「ソフトバンクではチャンスがなく、外(他球団)でやりたいという気持ちはあった」とトレードを歓迎する姿勢を見せた。移籍後の5月4日には、対広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)でサヨナラ安打を放ったことから、試合後のヒーローインタビューで宮崎弁を披露。1週間後の5月11日に恥骨結合部分の炎症が判明したため、一時戦線を離脱したが、一軍公式戦には49試合に出場。一軍公式戦では自身3年振りの本塁打も放った。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た細川亨

    初盗塁:2008年4月11日、対埼玉西武ライオンズ4回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、2回裏に二盗(投手:帆足和幸、捕手:細川亨井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た寺原隼人

    同学年の寺原隼人は高校当時、ソフトバンク時代、横浜移籍時共にチームメイトとなった。寺原が10月9日生まれ、井手が10月10日生まれと誕生日も1日違いである。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た多村仁志

    には、ウエスタン・リーグ公式戦で.365という高打率をマーク。一軍のレギュラー外野手だった多村仁や大村直之の故障などを背景に、一軍公式戦にも61試合に出場したが、打率.235で一軍への定着までには至らなかった。シーズン終了後に結婚を発表。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た川崎宗則

    ホークス時代のチームメイトで先輩でもあった川崎宗則と仲が良く、同球団への入団2年目からDeNAで現役を引退するまで、オフシーズンには鹿児島県姶良市での自主トレに同行。現役引退を決断したことを電話で伝えた際には、川崎から明るい声で「良かったな!凄いぞ、15年間も(現役を)やったのは!」と励まされた。井手によれば、川崎は「兄のような存在」で、川崎の実父(電気工事店店主)を『パパリン』と呼んでいるいう。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たケツメイシ

    ケツメイシ 「カーニバル」(ホークス時代)井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た森本稀哲

    には、背番号を26、ユニフォーム表記をホークス時代の「S.IDE」に変更。しかし、国内FA権の行使によって北海道日本ハムファイターズから移籍した森本稀哲が外野のレギュラーに定着したことなどから、自身の一軍公式戦出場は13試合にとどまった。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た小倉恒

    初安打・初打点:2004年3月28日、対オリックス・ブルーウェーブ2回戦(福岡ドーム)、2回裏に小倉恒から左前適時打井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た埼玉西武ライオンズ

    には、オープン戦でレギュラー級の外野手に故障者が続出したため、左翼手として一軍の開幕戦からスタメン出場を続けた。一時はパシフィック・リーグの2位まで打率を上げたが、4月13日の対埼玉西武ライオンズ戦での外野守備中に、飛球を追った際に右足首を捻挫。翌14日に出場選手登録を抹消されたが、シーズン終盤に一軍へ復帰。一軍公式戦全体では、故障の影響で23試合の出場にとどまったものの、打率.324を記録した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示