60件中 11 - 20件表示
  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たオリックス・バファローズ

    ・は二軍生活に終始。には、オープン戦で実績を残したことから、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えた。3月27日には、オリックス・ブルーウェーブとの開幕戦に、「9番・右翼手」としてスタメンで一軍デビュー。しかし、4月6日の対大阪近鉄バファローズ戦で故障したため、一軍公式戦にはシーズン通算で10試合の出場にとどまった。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たセドリック・バワーズ

    初本塁打:2005年6月15日、対横浜ベイスターズ5回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、2回裏にセドリック・バワーズから右越ソロ井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た具臺晟

    初打席:同上、2回裏に具臺晟の前に見逃し三振井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た田口昌徳

    には、ウエスタン・リーグ公式戦で打率.302、5本塁打を記録。その一方で、7月の二軍打撃練習中には、育成コーチ(当時)として打撃投手を務めていた田口昌徳の投球が顔面を直撃。その影響で鼻を骨折した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た帆足和幸

    初盗塁:2008年4月11日、対埼玉西武ライオンズ4回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、2回裏に二盗(投手:帆足和幸、捕手:細川亨)井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た12球団合同トライアウト

    井手自身は、戦力外通告を受けたことを機に、現役からの引退をいったん決断した。2015年から原因不明の嘔吐に苦しめられてきたほか、2016年の春季キャンプで人生初のぎっくり腰に見舞われたことを境に、これまで自分で修正できていたスイングのずれを直せなくなったことによる。しかし、周囲から現役生活の続行を勧められたたことから、2016年11月12日に12球団合同トライアウト(阪神甲子園球場)へ参加。シートバッティング形式の対戦で、5人の投手を相手に、5打数1安打という結果を残した。しかし、NPB他球団から獲得のオファーを受けるに至らなかったため、前述の決断に沿って現役を引退した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た戦力外通告

    は、一軍での貧打を解消すべく、公式戦開幕直後の4月9日にシーズン初の出場選手登録。登録後の一軍公式戦では、3番・5番打者としてスタメンに起用された後に、途中で代走や守備要員と交代することが多かった。通算では27打数7安打という成績を残したが、5月9日の登録抹消後は一軍から遠ざかった。10月2日に球団から戦力外通告を受けると、12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たNPB

    は、一軍での貧打を解消すべく、公式戦開幕直後の4月9日にシーズン初の出場選手登録。登録後の一軍公式戦では、3番・5番打者としてスタメンに起用された後に、途中で代走や守備要員と交代することが多かった。通算では27打数7安打という成績を残したが、5月9日の登録抹消後は一軍から遠ざかった。10月2日に球団から戦力外通告を受けると、12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た福岡ソフトバンクホークス

    2001年度ドラフト会議にて福岡ダイエーホークスから8巡目指名を受けて入団。ホークスが重視している「地元九州ブランド」の選手としての指名でもあった。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た日南学園中学校・高等学校

    高校は日南学園高に入学。一般入学の無名選手であったが、1年生時から三塁手のレギュラーの座を掴み、3年生時には第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。3番・遊撃手として出場し、6割以上の打率を残した。アジアAAA選手権の代表にも選ばれる。チームは決勝で敗れたが、自身は打撃部門の三冠を獲得した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示