41件中 31 - 40件表示
  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た左翼手

    、故障者の続出に伴い左翼手として開幕戦からスタメン出場。徐々に打撃の調子を上げ一時は打率2位にも入る活躍を見せるが、4月13日対埼玉西武ライオンズ戦において飛球を追った際に右足首を捻挫し負傷。翌日出場選手登録を抹消されたが、シーズン終盤になり一軍に復帰した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た炎症

    4月20日、吉川輝昭との交換トレードで横浜ベイスターズへ移籍することが発表された。移籍後の入団会見では「ソフトバンクではチャンスがなく、外(他球団)でやりたいという気持ちはあった」とトレードを歓迎する姿勢を見せた。移籍後は5月4日の広島東洋カープ戦でサヨナラ安打でお立ち台に上がったが、それから間もなく、5月11日、恥骨結合部分の炎症であることが発表された。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た結婚

    は多村仁や大村直之の故障でチャンスをつかみ自己最多の61試合に出場し、松田宣浩と共に活躍したが、最終的に打率.235に終わった。二軍では打率.365を記録し打撃は完全に二軍のレベルを超えていたが、一軍定着には至らなかった。同年オフに結婚を発表した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た打率

    には二軍で打率.325・5本塁打と結果を残し、後半戦に一軍昇格。自身初のサヨナラ打、ヤフードームのライトスタンドに(いわゆる流し打ちでの)本塁打を2本放つなど大器の片鱗を見せた。も二軍で打率.302・5本塁打を打った。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たプロ野球選手

    井手 正太郎(いで しょうたろう、1983年10月10日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た外野手

    井手 正太郎(いで しょうたろう、1983年10月10日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た恥骨

    4月20日、吉川輝昭との交換トレードで横浜ベイスターズへ移籍することが発表された。移籍後の入団会見では「ソフトバンクではチャンスがなく、外(他球団)でやりたいという気持ちはあった」とトレードを歓迎する姿勢を見せた。移籍後は5月4日の広島東洋カープ戦でサヨナラ安打でお立ち台に上がったが、それから間もなく、5月11日、恥骨結合部分の炎症であることが発表された。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た試合

    入団3年目となるシーズンにオープン戦で結果を出し、3月27日のオリックス・ブルーウェーブ戦に9番ライトで開幕スタメンに抜擢された(これがプロ初出場)。しかし、4月6日の大阪近鉄バファローズ戦で負傷。このシーズンはわずか10試合出場にとどまり一軍定着のチャンスを逃した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た鹿児島県

    チームメイトだった川崎宗則と仲がよく、ここ数年来鹿児島県姶良市で行われる川崎の自主トレに同行している。井手は川崎の実父(電気工事店店主)を『パパリン』と呼んでいるとの事。トレード後井手が、最初に連絡を取ったのが川崎だった。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た宮崎県

    宮崎県小林市出身。日南学園高では3番バッターとして、の第83回全国高等学校野球選手権大会では同学年のエース・寺原隼人とともに同校のベスト8進出に貢献した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「井手正太郎」のニューストピックワード