60件中 41 - 50件表示
  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た第83回全国高等学校野球選手権大会

    高校は日南学園高に入学。一般入学の無名選手であったが、1年生時から三塁手のレギュラーの座を掴み、3年生時には第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。3番・遊撃手として出場し、6割以上の打率を残した。アジアAAA選手権の代表にも選ばれる。チームは決勝で敗れたが、自身は打撃部門の三冠を獲得した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た本塁打

    には、シーズンの前半を二軍で過ごしたものの、ウエスタン・リーグの公式戦で打率.325、5本塁打という好成績をマーク。後半戦から一軍へ昇格すると、自身初のサヨナラ打や、ヤフードームのライトスタンドに流し打ちで2本の本塁打を放つなど一軍公式戦の随所で活躍した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た三塁手

    高校は日南学園高に入学。一般入学の無名選手であったが、1年生時から三塁手のレギュラーの座を掴み、3年生時には第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。3番・遊撃手として出場し、6割以上の打率を残した。アジアAAA選手権の代表にも選ばれる。チームは決勝で敗れたが、自身は打撃部門の三冠を獲得した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たぎっくり腰

    井手自身は、戦力外通告を受けたことを機に、現役からの引退をいったん決断した。2015年から原因不明の嘔吐に苦しめられてきたほか、2016年の春季キャンプで人生初のぎっくり腰に見舞われたことを境に、これまで自分で修正できていたスイングのずれを直せなくなったことによる。しかし、周囲から現役生活の続行を勧められたたことから、2016年11月12日に12球団合同トライアウト(阪神甲子園球場)へ参加。シートバッティング形式の対戦で、5人の投手を相手に、5打数1安打という結果を残した。しかし、NPB他球団から獲得のオファーを受けるに至らなかったため、前述の決断に沿って現役を引退した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たウエスタン・リーグ

    には、シーズンの前半を二軍で過ごしたものの、ウエスタン・リーグの公式戦で打率.325、5本塁打という好成績をマーク。後半戦から一軍へ昇格すると、自身初のサヨナラ打や、ヤフードームのライトスタンドに流し打ちで2本の本塁打を放つなど一軍公式戦の随所で活躍した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たスターティングメンバー

    ・は二軍生活に終始。には、オープン戦で実績を残したことから、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えた。3月27日には、オリックス・ブルーウェーブとの開幕戦に、「9番・右翼手」としてスタメンで一軍デビュー。しかし、4月6日の対大阪近鉄バファローズ戦で故障したため、一軍公式戦にはシーズン通算で10試合の出場にとどまった。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た恥骨

    公式戦開幕直後の4月20日に、吉川輝昭との交換トレードで横浜ベイスターズへ移籍することが発表された。移籍後の入団会見では「ソフトバンクではチャンスがなく、外(他球団)でやりたいという気持ちはあった」とトレードを歓迎する姿勢を見せた。移籍後の5月4日には、対広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)でサヨナラ安打を放ったことから、試合後のヒーローインタビューで宮崎弁を披露。1週間後の5月11日に恥骨結合部分の炎症が判明したため、一時戦線を離脱したが、一軍公式戦には49試合に出場。一軍公式戦では自身3年振りの本塁打も放った。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た2001年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2001年度ドラフト会議にて福岡ダイエーホークスから8巡目指名を受けて入団。ホークスが重視している「地元九州ブランド」の選手としての指名でもあった。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た左翼手

    には、オープン戦でレギュラー級の外野手に故障者が続出したため、左翼手として一軍の開幕戦からスタメン出場を続けた。一時はパシフィック・リーグの2位まで打率を上げたが、4月13日の対埼玉西武ライオンズ戦での外野守備中に、飛球を追った際に右足首を捻挫。翌14日に出場選手登録を抹消されたが、シーズン終盤に一軍へ復帰。一軍公式戦全体では、故障の影響で23試合の出場にとどまったものの、打率.324を記録した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見たサヨナラゲーム

    には、シーズンの前半を二軍で過ごしたものの、ウエスタン・リーグの公式戦で打率.325、5本塁打という好成績をマーク。後半戦から一軍へ昇格すると、自身初のサヨナラ打や、ヤフードームのライトスタンドに流し打ちで2本の本塁打を放つなど一軍公式戦の随所で活躍した。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示