前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示
  • 船橋市西図書館蔵書破棄事件

    船橋市西図書館蔵書破棄事件から見た井沢元彦井沢元彦

    Aは、2001年8月10日から8月26日にかけて「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーやこれに賛同する者(井沢元彦、西部邁、渡部昇一ら)等の著書を司書という職権を使って手元に集めさせ、内容を吟味したうえで107冊を選んだ。これらが上記の除籍基準に該当しないことを知りながらコンピューターの蔵書リストから除籍処理をした。Aは、本を集める作業には事情が良くわからない臨時職員が選び、書籍リストを書いた紙を手渡して書架から集めてくるように指示した。Aは船橋市西図書館のみならず、船橋市内の他の市営図書館の閉架書庫からさえも目的とする本を大量に集めさせた。除籍作業は密に行われた訳ではなく、実際にAが除籍作業をしている姿を複数の職が目撃しており、集められた「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーの本のバーコードが黒く塗りつぶされたり、付箋が貼られていたとされる。当時Aは「(右の本を減らすだけでなく)こっち(左)の本も多くしなくちゃいけないね。」と他の職員に語っていた。除籍・廃棄された本は、単純に筆者名だけで判断されたのではなく、Aが1冊ずつ内容を確認して破棄する本と残す本を分別したとされる。廃棄された本の中には、購入から5か月しか経過していない本もあった。船橋市西図書館蔵書破棄事件 フレッシュアイペディアより)

  • 豊臣秀吉

    豊臣秀吉から見た井沢元彦井沢元彦

    『フロイス日本史』では「若い頃は山で薪を刈り、それを売って生計を立てていた」、『日本教会史』には、秀吉は「木こり」出身と書かれている。また小説家の八切止夫は、秀吉は「端柴売り」出身で、わざとそのことを示す羽柴(=端柴)に改姓し、自分が本来低い身分なのだとアピールすることによって周囲からの嫉妬を避けようとしたのだと推測している。小説家の井沢元彦は「当時の西洋人からは端柴売りが木こりに見えたのだろう」と両者を整合する説をとっている。豊臣秀吉 フレッシュアイペディアより)

  • 柿本人麻呂

    柿本人麻呂から見た井沢元彦井沢元彦

    その通説に梅原猛は『水底の歌?柿本人麻呂論』において大胆な論考を行い、人麻呂は高官であったが政争に巻き込まれ刑死したとの「人麻呂流人刑死説」を唱え、話題となった。また、梅原は人麻呂と猿丸大夫が同一人物であった可能性を指摘する。しかし、学会において受け入れられるに至ってはいない。古代の律に梅原が想定するような水死刑は存在していないこと、また梅原がいうように人麻呂が高官であったのなら、それが『続日本紀』などになに一つ残されていない点などに問題があるからである。なお、この梅原説を基にして、井沢元彦が著したものがデビュー作『猿丸幻視行』である。柿本人麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た井沢元彦井沢元彦

    恨みをはらんで失脚していった源氏の怨霊を静めるためであるという『逆説の日本史』などで論じた井沢元彦の説源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 足利義教

    足利義教から見た井沢元彦井沢元彦

    その一方で、作家井沢元彦は『逆説の日本史』中で、「比叡山制圧や大名統制など、義教の先鞭を織田信長・徳川家康らが完成させた」「九州平定・関東制圧など義満でも出来なかったことを成し遂げ、最大領土を獲得した」など、非常に高く評価している。「絶対権力の確立による国内安定・平和の達成」をほぼ完成させたが、絶頂期に暗殺されてしまい、室町幕府はその後成果を霧散させてしまった、との見解を示している。足利義教 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂事件を題材とした作品

    赤穂事件を題材とした作品から見た井沢元彦井沢元彦

    『元禄十五年の反逆』井沢元彦(1988年) ISBN 4106027054、文庫版(1992年) ISBN 410119212X赤穂事件を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • 足利義満

    足利義満から見た井沢元彦井沢元彦

    田中義成、今谷明らは義満が皇位簒奪する意図を持っていたのではないかとする説を唱えており、これを受けて作家の海音寺潮五郎、井沢元彦らは義満の死は皇位簒奪を阻止するため暗殺されたのではないかとの意見を提示している。足利義満 フレッシュアイペディアより)

  • 猿丸神社

    猿丸神社から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦が江戸川乱歩賞を受賞した小説、『猿丸幻視行』の舞台であり、この小説を読んで来る人もいる。猿丸神社 フレッシュアイペディアより)

  • 栗隈王

    栗隈王から見た井沢元彦井沢元彦

    小説家の井沢元彦が、栗隈王を天武天皇による天智天皇暗殺の共犯者とする説を著書である「逆説の日本史」で展開しているが、学会からの賛同はない。栗隈王 フレッシュアイペディアより)

  • 多神教優位論

    多神教優位論から見た井沢元彦井沢元彦

    日本では、キリスト教国家とイスラーム国家が千年以上にまたがり、己が信ずる「唯一の神」への信仰のために戦争を行ってきたとし、「日本古来の宗教である神道や、外来の宗教ながらも深く日本に根付いた仏教などが、キリスト教・イスラム教と比較し寛容性がある」という主張が一部で支持を集めつつある。梅原猛や養老孟司、藤原正彦、宮崎駿、岸田秀、井沢元彦などは、仏教や神道のキリスト教・イスラム教に対する優位性を説き、一神教を本質的に不寛容であるとしたと小原克博の文献には書かれている。多神教優位論 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード