前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • 吉川英治文学新人賞

    吉川英治文学新人賞から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦 『復活一九八五』吉川英治文学新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 中国大返し

    中国大返しから見た井沢元彦井沢元彦

    密使捕縛については、日本史研究者の藤田達生が、石井山の秀吉本陣と日差山の小早川隆景本陣とのあいだが直線距離でおよそ5キロメートル離れていることから、密使が敵陣に迷い込むというミスを犯す蓋然性は著しく低く、おそらくフィクションであろうとしている。それに対し、作家の井沢元彦は、光秀もその使者も、高松城が水中に完全に孤立して容易に近寄れない状態となっていたことは充分に予想できなかったと思われるいっぽう、秀吉は船での航行も含め、その通交を面的に厳戒していたはずであるから、密使がその警戒網に引っかかることは充分にありえたとして、事実であった可能性もあるとしている。中国大返し フレッシュアイペディアより)

  • 江戸川乱歩賞

    江戸川乱歩賞から見た井沢元彦井沢元彦

    第26回(1980年) - 井沢元彦 『猿丸幻視行』江戸川乱歩賞 フレッシュアイペディアより)

  • 本能寺の変

    本能寺の変から見た井沢元彦井沢元彦

    また、フロイス「日本史」における信長神格化の記述をもとに、信長神格化が朝廷と相容れなかったとする指摘もある(この点の最近の指摘者として井沢元彦)。(→動機と首謀者に関するその他の考察参照)-->本能寺の変 フレッシュアイペディアより)

  • 足利義教

    足利義教から見た井沢元彦井沢元彦

    作家井沢元彦は『逆説の日本史』中で、「比叡山制圧や大名統制など、義教の先鞭を織田信長・徳川家康らが完成させた」「九州平定・関東制圧など義満でも出来なかったことを成し遂げ、最大領土を獲得した」など、非常に高く評価している。「絶対権力の確立による国内安定・平和の達成」をほぼ完成させたが、絶頂期に暗殺されてしまい、室町幕府はその後成果を霧散させてしまった、との見解を示している。足利義教 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏物語

    源氏物語から見た井沢元彦井沢元彦

    恨みをはらんで失脚していった源氏の怨霊を静めるためであるという『逆説の日本史』などで論じた井沢元彦の説源氏物語 フレッシュアイペディアより)

  • 足利義満

    足利義満から見た井沢元彦井沢元彦

    田中義成、今谷明らは義満が皇位簒奪する意図を持っていたのではないかとする説を唱えており、これを受けて作家の海音寺潮五郎、井沢元彦らは義満の死は皇位簒奪を阻止するため暗殺されたのではないかとの意見を提示している。足利義満 フレッシュアイペディアより)

  • 豊臣秀吉

    豊臣秀吉から見た井沢元彦井沢元彦

    秀吉の父・弥右衛門は百姓であったとされるが、百姓=農民とするのは後代の用例であり、弥右衛門の主たる生業は織田家の足軽だったとする説もある。太田道灌や北条早雲の軍制に重用された足軽は急速に全国へ広まっていた。ただし、秀吉が初めて苗字を名乗るのは木下家出身のねねとの婚姻を契機とすることを指摘した研究もある。つまり、それ以前は苗字を名乗る地盤すら持たない階層だった可能性も指摘されている。フロイス日本史では「若い頃は山で薪を刈り、それを売って生計を立てていた」、日本教会史では、秀吉は「木こり」出身と書かれている。また八切止夫は、秀吉は「端柴売り」出身で、わざとそのことを示す羽柴(=端柴)に改姓し、自分が本来低い身分なのだとアピールすることによって周囲からの嫉妬を避けようとしたのだと推測している。井沢元彦は「当時の西洋人からは端柴売りが木こりに見えたのだろう」と両者を整合する説をとっている。豊臣秀吉 フレッシュアイペディアより)

  • 猿丸幻視行

    猿丸幻視行から見た井沢元彦井沢元彦

    『猿丸幻視行』(さるまるげんしこう)は、井沢元彦の長編推理小説。第26回江戸川乱歩賞受賞作品。猿丸幻視行 フレッシュアイペディアより)

  • 栗隈王

    栗隈王から見た井沢元彦井沢元彦

    小説家の井沢元彦が、栗隈王を天武天皇による天智天皇暗殺の共犯者とする説を著書である「逆説の日本史」で展開しているが、学会からの賛同はない。栗隈王 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示