2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示
  • 承久の乱

    承久の乱から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『逆説の日本史〈5〉中世動乱編』(小学館文庫) ISBN 978-4094020052承久の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の宗教

    日本の宗教から見た井沢元彦井沢元彦

    小説家の井沢元彦は、日本には無意識の強烈な「怨霊」信仰と、怨霊を発生させない「和」への信仰があり、神道はその上に成立し、仏教も結局は怨霊を鎮魂するための道具として活用されたと解説している。来日した外国人や、熱心な宗教信者となった日本人は、多くの日本人が無意識のうちに「和」を至上のものとする思想を持つことを見い出すことができるという。また井沢は日本人の持つ「言霊」への特異な信仰を見出している。日本の宗教 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙一せまい授業!

    宇宙一せまい授業!から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦(日本史-2007年12月16日、23日)宇宙一せまい授業! フレッシュアイペディアより)

  • 足利尊氏

    足利尊氏から見た井沢元彦井沢元彦

    歴史小説家の海音寺潮五郎や井沢元彦は、後醍醐天皇にとどめを刺さなかった点や内部抗争の処理に失敗した点を突き、「人柄が良くカリスマは高いが、組織の運営能力の点では源頼朝や徳川家康に劣っている」「戦争には強いが政治的センスはまるでない」と評価している。足利尊氏 フレッシュアイペディアより)

  • 安土城

    安土城から見た井沢元彦井沢元彦

    「逆説の日本史10 戦国覇王編」井沢元彦安土城 フレッシュアイペディアより)

  • 小林よしのり

    小林よしのりから見た井沢元彦井沢元彦

    『朝日新聞の正義―逆説の新ゴーマニズム宣言』 小林よしのり、井沢元彦(1997年) ISBN 4093895414小林よしのり フレッシュアイペディアより)

  • 平賀源内

    平賀源内から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『銀魔伝 源内死闘の巻』平賀源内 フレッシュアイペディアより)

  • 倭人

    倭人から見た井沢元彦井沢元彦

    木下順庵も、小柄な人びと(矮人)だから、倭と呼ばれた述べている。新井白石は『古史通或問』にて「オホクニ」の音訳が倭国であるとした。また作家の井沢元彦は「大陸の人間が彼らの国家名を聞いた時に、当時未だ国家概念が存在しなった彼らは、自身の帰属団体名を答えた、それが『輪』である」としている。このように多くの説が立てられたが、定かなものはない。倭人 フレッシュアイペディアより)

  • 卑弥呼

    卑弥呼から見た井沢元彦井沢元彦

    天文学者の斎藤国治は、248年9月5日朝(日本時間。世界時では9月4日)に北部九州で皆既日食が起こったことを求め、これが卑弥呼の死に関係すると唱えた。井沢元彦も『逆説の日本史』でこの説を支持している。さらに、橘高章と安本美典は、247年3月24日夕方にも北部九州で皆既日食が起こったことを指摘し、247年の日食が原因で卑弥呼が殺され、248年の日食が原因で男王に代わり壹与が即位したと唱えた。これらの説は、邪馬台国北九州説や卑弥呼・天照大神説と密接に結びついている(ただし不可分ではない)。卑弥呼 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也 NEWS23

    筑紫哲也 NEWS23から見た井沢元彦井沢元彦

    1997年(平成9年)9月1日、「きょうの特集」において北朝鮮に渡った日本人妻へのインタビューを放送。そこでは「日本人妻は何の不満も無く差別されずに安泰に暮らしている」という日本人妻たちの回答を流した。これについて井沢元彦は、共産圏とは言論の自由も無いわけで、筑紫がまさかそんな基本的なことすら知らないジャーナリストではない筈であり、明らかに日本人妻の本音とは違う部分を何の論評もせずに垂れ流すというのは、北朝鮮の宣伝に加担しているものであり、明らかに意図的であり偏向報道の何ものでもなかった、と筑紫とこの番組の批判をした。筑紫哲也 NEWS23 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード