104件中 11 - 20件表示
  • ロマン大賞

    ロマン大賞から見た井沢元彦井沢元彦

    1999年度 井沢元彦、田中雅美、槇村さとる、眉村卓ロマン大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 猿丸幻視行

    猿丸幻視行から見た井沢元彦井沢元彦

    『猿丸幻視行』(さるまるげんしこう)は、井沢元彦の長編推理小説。第26回江戸川乱歩賞受賞作品。猿丸幻視行 フレッシュアイペディアより)

  • ひずき優

    ひずき優から見た井沢元彦井沢元彦

    ロマン大賞選考委員の大岡玲は、作品中の人物描写について「性格造形の優れたお手本と言っていい」と、選評で感心した旨を述べている。同選考委員の井沢元彦は、「今回の候補作の中では、一番『好き』な作品」と述べ、技術面に関しても一定の水準に達していると発言している。ひずき優 フレッシュアイペディアより)

  • 水底の歌

    水底の歌から見た井沢元彦井沢元彦

    歴史を総合的に捉え、柿本人麿について、一見大胆にではあるが、多数の文献と詳細な論述によって述べられた評論には説得力があり、多くの評判を得て、大佛次郎賞を受賞し、国文学者の久松潜一や中西進が限定的にせよ、人麿の水死の可能性を認める発言をするに至った。また井沢元彦はこの影響を受けて『猿丸幻視行』(ミステリー小説)を著している。水底の歌 フレッシュアイペディアより)

  • 片山奈保子

    片山奈保子から見た井沢元彦井沢元彦

    清泉女子大学文学部を卒業。その後アミューズメントメディア総合学院ノベルス学科を修了し、小説家を志す。1998年度に行われた第29回ノベル大賞にて、投稿作「ペンギンの前で会いましょう」が佳作と読者大賞を受賞し、集英社より女性向けライトノベル作家としてデビューした (当時の選考委員は、井沢元彦、大岡玲、田中雅美、槇村さとる、眉村卓であった)。片山奈保子 フレッシュアイペディアより)

  • 田代冬彦

    田代冬彦から見た井沢元彦井沢元彦

    1977年4月、東京大学文学部フランス文学科卒業後TBSに入社(井沢元彦、三雲孝江、吉川美代子、金平茂紀は同期)。入社後はバラエティ、ドラマ等で数多くの番組を手がける。チーフプロデューサー、編成局宣伝部長、編成局長、TBSテレビ(TBSの組織再編で、放送事業の運営を目的として設立された子会社)の取締役執行役員編成制作本部副本部長兼制作局長、TBSHD執行役員兼TBSビジョン代表取締役社長を経て現在はTBSHD執行役員グループ経営企画局付兼東通代表取締役社長。田代冬彦 フレッシュアイペディアより)

  • バールーフ・ゴールドシュテイン

    バールーフ・ゴールドシュテインから見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦 - 著書『穢れと茶碗』でこの事件を取り上げているバールーフ・ゴールドシュテイン フレッシュアイペディアより)

  • 吉田照美 ソコダイジナトコ

    吉田照美 ソコダイジナトコから見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦(作家 月曜担当 2007年4月2日?2011年6月27日)吉田照美 ソコダイジナトコ フレッシュアイペディアより)

  • 小説現代推理新人賞

    小説現代推理新人賞から見た井沢元彦井沢元彦

    第1回 - 第2回:井沢元彦、北方謙三、森村誠一、山村美紗小説現代推理新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • バウチャーコン

    バウチャーコンから見た井沢元彦井沢元彦

    1997年10月30日から11月2日にかけてカリフォルニア州モントレーで開催された第28回バウチャーコンには、日本推理作家協会50周年事業のひとつとして日本の推理作家の井沢元彦および推理小説研究家の山前譲が派遣された(最初に渡米を打診されたのはアメリカで作品の英訳が出版されていた宮部みゆきで、それに井沢元彦が同行する予定だったが、宮部みゆきが飛行機に乗りたくないと言ったため、作品の英訳が出版されていない井沢元彦と山前譲が派遣されることになった)。最終日には日本の推理小説の英訳アンソロジーを編纂したこともあるジョン・アポストロウを司会役に、日本の推理小説について語るパネル・ディスカッションが開かれた。井沢元彦、山前譲以外の参加者は以下の通り。バウチャーコン フレッシュアイペディアより)

104件中 11 - 20件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード