93件中 11 - 20件表示
  • 猿丸神社

    猿丸神社から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦が江戸川乱歩賞を受賞した小説、『猿丸幻視行』の舞台であり、この小説を読んで来る人もいる。猿丸神社 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙一せまい授業!

    宇宙一せまい授業!から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦(日本史-2007年12月16日、23日)宇宙一せまい授業! フレッシュアイペディアより)

  • 北本かつら

    北本かつらから見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦、板垣恵介、テレンス・リー、徳大寺有恒ら14人との対談集北本かつら フレッシュアイペディアより)

  • テロリストのパラソル

    テロリストのパラソルから見た井沢元彦井沢元彦

    乱歩賞では、予備選考・本選考ともに、審査員の満場一致で絶賛され受賞が決まったという。当時の審査員は、高橋克彦・阿刀田高・井沢元彦・北方謙三・西木正明であった。テロリストのパラソル フレッシュアイペディアより)

  • 水底の歌

    水底の歌から見た井沢元彦井沢元彦

    歴史を総合的に捉え、柿本人麿について、一見大胆にではあるが、多数の文献と詳細な論述によって述べられた評論には説得力があり、多くの評判を得て、大佛次郎賞を受賞し、国文学者の久松潜一や中西進が限定的にせよ、人麿の水死の可能性を認める発言をするに至った。また井沢元彦はこの影響を受けて『猿丸幻視行』(ミステリー小説)を著している。水底の歌 フレッシュアイペディアより)

  • 壬申の乱を題材とした作品

    壬申の乱を題材とした作品から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『黎明の反逆者』(文庫版は『日本史の反逆者 私説・壬申の乱』に改題)壬申の乱を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • 元禄赤穂事件を題材とした作品

    元禄赤穂事件を題材とした作品から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『元禄十五年の反逆』(1988年) ISBN 4106027054、文庫版(1992年) ISBN 410119212X元禄赤穂事件を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • 角川源義

    角川源義から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦の小説『GEN?源氏物語秘録』や荒俣宏の小説『帝都物語』に登場する。角川源義 フレッシュアイペディアより)

  • 取り付け騒ぎ

    取り付け騒ぎから見た井沢元彦井沢元彦

    取り付け騒ぎが起きると他の金融機関の預金者にも不安が強まり金融不安となることがあることから、金融システムの維持にあたる政府や報道機関は情報提供を通じて事態の沈静化につとめることになる。例えば1995年8月に木津信用組合が破綻した際には、当時の大蔵省が社会不安を煽ってはならないとしてこの言葉の使用を禁じたことから、報道機関は「取り付け騒ぎ」という言葉を使わずに預金者が殺到した状況を伝えていた(参考:大前研一、井沢元彦)。取り付け騒ぎ フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞珊瑚記事捏造事件

    朝日新聞珊瑚記事捏造事件から見た井沢元彦井沢元彦

    作家・歴史研究家の井沢元彦は自著にて、もし朝日新聞の主張するような歴史教科書の書き方で「朝日新聞の」歴史教科書を作ったらということで、1950年(昭和25年)の伊藤律会見報道事件とともにこの珊瑚事件を掲載した仮想の教科書を載せている。朝日新聞珊瑚記事捏造事件 フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示