104件中 21 - 30件表示
  • 大沢在昌

    大沢在昌から見た井沢元彦井沢元彦

    自ら主宰する大沢オフィスに、宮部みゆきが参加したのは、日本推理作家協会に多く加わった宮部たち新人と、上が世代が離れていたため、新人だけのグループ「雨の会」を作り、大沢が井沢元彦と発起人をやった縁である。参加後の形態は、宮部みゆき、京極夏彦の3人の共同出資で設立した「株式会社大沢オフィス」となっている。大沢在昌 フレッシュアイペディアより)

  • 片桐且元

    片桐且元から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦「抜け穴」 - 収録:『暗鬼』(新潮文庫、1989年)片桐且元 フレッシュアイペディアより)

  • みちのく国際ミステリー映画祭

    みちのく国際ミステリー映画祭から見た井沢元彦井沢元彦

    作家:高橋克彦、中津文彦、斎藤純、北方謙三、阿刀田高、宮部みゆき、井沢元彦、大沢在昌、逢坂剛、瀬名秀明、ジョゼ・ジョヴァンニみちのく国際ミステリー映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井の別れ

    桜井の別れから見た井沢元彦井沢元彦

    延元5年/暦応3年(1340年)に正行自身が建水分神社に奉納した扁額に「左衛門少尉」の自筆が記されたことによって、当時の正行はすでに左衛門少尉の官職に就いており、年齢はすでに20歳前後だったという説が古くからあり、近年にも作家の井沢元彦が著書において、忠臣を称える宋学の立場から正行の年齢を11歳に設定にしたという説を展開している。また桜井駅の別れそのものを創作とする向もあり、早くも明治初年に重野安繹がこれを唱えている。桜井の別れ フレッシュアイペディアより)

  • 金文学

    金文学から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦, 金文学 『逆検定 中国歴史教科書―中国人に教えてあげたい本当の中国史』 祥伝社, 2005. ISBN 4-396-61251-6 祥伝社黄金文庫, 2008. ISBN 978-4396314477金文学 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た井沢元彦井沢元彦

    評議員 - 網干善教(関西大学名誉教授・2006年死去)、井沢元彦(作家)、石毛直道(国立民族学博物館名誉教授・元館長)、上野誠(奈良大学教授)、鎌田道隆(前奈良大学学長)、河瀬直美(映画作家)、北岡伸一(東大大学院教授)、さだまさし(歌手)、里中満智子(漫画家)、中邨秀雄(前吉本興業名誉会長)、永井多恵子(前NHK副会長)、西川りゅうじん(マーケティング専門家)、町田章(前文化財研究所理事長)、水野正好(奈良大学名誉教授)、山崎しげ子(随筆家)、山折哲雄(日文研名誉教授・元所長)など他多数。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋克彦

    高橋克彦から見た井沢元彦井沢元彦

    歴史ミステリー講座(1997年10月、新人物往来社) - 井沢元彦・中津文彦との共著高橋克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬尾こると

    瀬尾こるとから見た井沢元彦井沢元彦

    「地獄(インフェルノ)?私の愛したピアニスト」 講談社(小説現代)小説現代推理新人賞受賞作 選者井沢元彦、北方謙三、森村誠一 挿画小野利明瀬尾こると フレッシュアイペディアより)

  • 北本かつら

    北本かつらから見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦、板垣恵介、テレンス・リー、徳大寺有恒ら14人との対談集北本かつら フレッシュアイペディアより)

  • 呉善花

    呉善花から見た井沢元彦井沢元彦

    やっかいな隣人韓国の正体 なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか(2006年 祥伝社) 井沢元彦共著呉善花 フレッシュアイペディアより)

104件中 21 - 30件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード