104件中 31 - 40件表示
  • 日曜喫茶室

    日曜喫茶室から見た井沢元彦井沢元彦

    作家・脚本家として阿刀田高、藤本義一、北方謙三、井沢元彦、市川森一、嵐山光三郎、山田太一、山本一力、小山内美江子、前間孝則、関川夏央、日曜喫茶室 フレッシュアイペディアより)

  • 御霊信仰

    御霊信仰から見た井沢元彦井沢元彦

    なお、小説家の井沢元彦は『逆説の日本史』において、古代の日本は中国文明の影響によって、子孫の祭祀の絶えた者が怨霊となるとして、これを「プレ怨霊信仰」と呼び、それが長屋王と藤原四子の事件により「冤罪で死んだ者が怨霊となる」という「日本的怨霊信仰」へと変化したと提唱している。ただし井沢の説は、定説として確定していない梅原の説をほぼ全面的に承認しての論である。御霊信仰 フレッシュアイペディアより)

  • 八切止夫

    八切止夫から見た井沢元彦井沢元彦

    「上杉謙信は女性であった」「織田信長暗殺は明智光秀ではない」など、歴史学の常識に大胆な疑問符を投げかける、自ら「八切史観」・「八切意外史」と称した奇抜な歴史書を数多く出版したことで知られる。しかし、史料の取り扱いに問題があると桑田忠親によって厳しく批判されており、アカデミズムの歴史学会には影響を及ぼすものではなかった。しかし、井沢元彦は「鉄砲の使用には硝石の輸入が不可欠である」と始めに主張したのは八切止夫だと述べている。作家であることや奇抜な歴史観の持ち主であることから学会から不当な評価を受けた可能性も否定できない。八切止夫 フレッシュアイペディアより)

  • 時代劇法廷

    時代劇法廷から見た井沢元彦井沢元彦

    証人 - 井沢元彦(作家)時代劇法廷 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇陵

    天皇陵から見た井沢元彦井沢元彦

    宮内庁は学術的信頼度については「たとえ誤って指定されたとしても、現に祭祀を行なっている以上、そこは天皇陵である」とし、治定見直しを拒絶している。近年では、「治定を覆すに足る陵誌銘等の確実な資料が発見されない限り、現在のものを維持していく所存」としている。これに対して井沢元彦は、現代考古学で明らかに別人と判明している墓を天皇陵として祀ることは先祖霊に対する侮辱であると指摘している。天皇陵 フレッシュアイペディアより)

  • 古森義久

    古森義久から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦・稲垣武)『朝日新聞の大研究―国際報道から安全保障・歴史認識まで』(扶桑社, 2002年/扶桑社文庫, 2003年)古森義久 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸川乱歩賞

    江戸川乱歩賞から見た井沢元彦井沢元彦

    第38 - 40回 - 生島治郎・五木寛之・阿刀田高・井沢元彦・西木正明江戸川乱歩賞 フレッシュアイペディアより)

  • 門坂流

    門坂流から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦 「日本史の叛逆者・私説・本能寺の変」角川文庫 1998年刊 ISBN 4-04-166212-5門坂流 フレッシュアイペディアより)

  • 中津文彦

    中津文彦から見た井沢元彦井沢元彦

    歴史ミステリー講座 (井沢元彦・高橋克彦共著、新人物往来社、1997年10月、「歴史ミステリー作家養成講座」祥伝社文庫)中津文彦 フレッシュアイペディアより)

  • 映画演劇労働組合連合会

    映画演劇労働組合連合会から見た井沢元彦井沢元彦

    大原康男や井沢元彦などは、『プライド・運命の瞬間』や『ムルデカ17805』については上映反対をしつつ、『靖国 YASUKUNI』については表現の自由を守って上映するように主張していることを、イデオロギーから来る二重基準であると批判している。映画演劇労働組合連合会 フレッシュアイペディアより)

104件中 31 - 40件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード