93件中 31 - 40件表示
  • 船橋市西図書館蔵書破棄事件

    船橋市西図書館蔵書破棄事件から見た井沢元彦井沢元彦

    被害を受けた「新しい歴史教科書をつくる会」と井沢元彦ら7人は、表現の自由を侵害されたとして提訴。1審の東京地裁と2審の東京高裁は、破棄の違法性を認定したものの、蔵書の管理は市の自由裁量とし、著者の権利を侵害したとは言えないとして、請求をすべて棄却した。2005年7月14日、最高裁は廃棄は著者の人格的利益を侵害する違法行為と認定、2審判決を破棄し審理を同高裁に差し戻した。差戻し控訴審判決(同年11月24日)は、「廃棄されたのと同じ本が再び図書館に備えられている」などとして、賠償金は計2万4000円、一人あたり3000円とした。船橋市西図書館蔵書破棄事件 フレッシュアイペディアより)

  • 逆説の日本史

    逆説の日本史から見た井沢元彦井沢元彦

    『逆説の日本史』(ぎゃくせつのにほんし)は、小説家の井沢元彦による日本史を扱った書籍。ノンフィクション。逆説の日本史 フレッシュアイペディアより)

  • 十七条憲法

    十七条憲法から見た井沢元彦井沢元彦

    一方で歴史研究家の井沢元彦は、日本での最重要原理「話し合い絶対主義」「独断の禁止」(第一条、第十七条)を強調したものであり、私人としての仏教徒の立場(第二条)、公人としての皇族出身政治家の立場(第三条)よりもそちらを先に述べ、さらに最後に念を押しているものとしている。上記の引用・影響はあっても、それらとは異なる日本だけの「わ(環・和)」「話し合いの成果こそが絶対(民主主義とも異なる)」を明示したなどと述べている。十七条憲法 フレッシュアイペディアより)

  • みちのく国際ミステリー映画祭

    みちのく国際ミステリー映画祭から見た井沢元彦井沢元彦

    作家:高橋克彦、中津文彦、斎藤純、北方謙三、阿刀田高、宮部みゆき、井沢元彦、大沢在昌、逢坂剛、瀬名秀明、ジョゼ・ジョヴァンニみちのく国際ミステリー映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 小説現代推理新人賞

    小説現代推理新人賞から見た井沢元彦井沢元彦

    第1回?第2回:井沢元彦、北方謙三、森村誠一、山村美紗小説現代推理新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 波多野秀行

    波多野秀行から見た井沢元彦井沢元彦

    そして中国の崩壊が始まる(原作:井沢元彦波多野秀行 フレッシュアイペディアより)

  • ポピュラー音楽

    ポピュラー音楽から見た井沢元彦井沢元彦

    古典音楽や伝統音楽でない、つまり、なんらかの厳格な決め事をもっていない音楽としてのジャンルである。主にロックを指す場合が多い。クラシック、民族音楽等はそれぞれ伝統のスタイルがあり、形式が重視される。それに対してポピュラー音楽は形式やスタイルは最低限に抑えられ、ハードルの低い音楽とされる。また、作家の井沢元彦は「『軽音楽』という名称は蔑称的な意味合いがある」と自著で語っている。ポピュラー音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ひずき優

    ひずき優から見た井沢元彦井沢元彦

    ロマン大賞選考委員の大岡玲は、作品中の人物描写について「性格造形の優れたお手本と言っていい」と、選評で感心した旨を述べている。同選考委員の井沢元彦は、「今回の候補作の中では、一番『好き』な作品」と述べ、技術面に関しても一定の水準に達していると発言している。ひずき優 フレッシュアイペディアより)

  • 安土宗論

    安土宗論から見た井沢元彦井沢元彦

    浄土宗の学僧、林彦明(はやしげんみょう)は「専修学報第1号・安土宗論の真相に就て」で、これを指摘した。また作家の井沢元彦も『逆説の日本史』10「戦国覇王編 - 天下布武と信長の謎」において、この一言で法華宗の負けが決まったと指摘した。安土宗論 フレッシュアイペディアより)

  • 夕刊フジ

    夕刊フジから見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦 - 『再発掘 人物日本史』(週刊ポスト連載『逆説の日本史』)の姉妹編。現在は「上杉謙信軍団編」を連載夕刊フジ フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示