104件中 41 - 50件表示
  • 藤岡信勝

    藤岡信勝から見た井沢元彦井沢元彦

    『NOといえる教科書 真実の日韓関係史』井沢元彦(1998年、祥伝社)藤岡信勝 フレッシュアイペディアより)

  • ノベル大賞

    ノベル大賞から見た井沢元彦井沢元彦

    1996?2001年度 井沢元彦、大岡玲、田中雅美、槇村さとる、眉村卓ノベル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • テロリストのパラソル

    テロリストのパラソルから見た井沢元彦井沢元彦

    乱歩賞では、予備選考・本選考ともに、審査員の満場一致で絶賛され受賞が決まったという。当時の審査員は、高橋克彦・阿刀田高・井沢元彦・北方謙三・西木正明であった。テロリストのパラソル フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家基

    徳川家基から見た井沢元彦井沢元彦

    家基に代わって第11代将軍となった家斉は、晩年になっても家基の命日には自ら墓所に参詣するか、若年寄を代参させていた。直接の血縁関係にあるわけでもない先代将軍の子供にここまで敬意を払うのは異例であり、謎の多い死亡状況もあって、北島正元や井沢元彦は「家斉が、家基は自分を将軍の座に就けようとしていた父・治済に暗殺されたと疑っていた可能性が高い」としている。なお、家基の生母である蓮光院は家斉の将軍在任中の文政11年(1828年)に、没後30年以上たって従三位を追贈されているが、将軍正室(御台所)・将軍生母以外の大奥の女性が叙位された例は珍しい。徳川家基 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県立高岡西高等学校

    富山県立高岡西高等学校から見た井沢元彦井沢元彦

    高岡西高校、井沢元彦「歴史に学ぶ 富山県立高岡西高等学校創立百周年記念講演録」,2007年富山県立高岡西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 梅原猛

    梅原猛から見た井沢元彦井沢元彦

    梅原説の信奉者の有名人には井沢元彦がいる(ただし『水底の歌』が成り立たないことは『猿丸幻視行』に書いてある)。梅原猛 フレッシュアイペディアより)

  • 松平定信

    松平定信から見た井沢元彦井沢元彦

    作家の井沢元彦によると著書『逆説の日本史』中で、朱子学に傾倒してその理念の実現を第一とした(寛政異学の禁はその典型)宗教人であり、田沼意次がそれに反する政策を行ったために彼を異常に憎み、利害を度外視して意次の行ったことを全否定してしまった、外国を「夷」としか見ることができず、蘭学を禁止し、幕府が薩長に後れを取る原因を作った、などと述べている。一藩の領主としてはともかく、一国を動かす老中筆頭としては問題が多いなど、かなり否定的な評価をしている。また、一般的に定信が高く評価されがちなのは、朱子学的価値観に基づいて書かれた『徳川実記』などの徳川方の記録を鵜呑みにしてしまっているせいだ、と指摘している。ただし、松平定信は、その著『政語』を見ても分かるように、朱子学的価値観のみを盲信しているわけでは全くなく、隣藩・会津藩の家老・田中玄宰が実学派の学者を採用することを申し出た際も許している。松平定信 フレッシュアイペディアより)

  • 葉隠

    葉隠から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『葉隠三百年の陰謀』 (徳間書店、1991年) ISBN 4-19-124469-8葉隠 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川綱吉

    徳川綱吉から見た井沢元彦井沢元彦

    綱吉再評価に関する文献として、代表的で入手が容易なものとして、塚本学『徳川綱吉』(吉川弘文館、1998年)、山室恭子『黄門さまと犬公方』(文春新書、1998年 ISBN 4-16-660010-9)が挙げられる。また、2004年12月28日にフジテレビ系列で放送されたドラマ『徳川綱吉 イヌと呼ばれた男』も、この再評価に連なる系列のものである。井沢元彦も『逆説の日本史』中で「戦国の気風を残した世相を、生命を大事にする太平の世へと変革した」と非常に高く評価している。徳川綱吉 フレッシュアイペディアより)

  • 王仁

    王仁から見た井沢元彦井沢元彦

    韓国では民族史観によって「王仁は日本に進んだ文化を伝えた」と教えられている。洪潤基は王仁が万葉仮名を作り、その子孫が平仮名を作ったと韓国起源説を主張している。王仁が日本へ儒教と漢字を伝えたとされるが、当時の朝鮮半島の「文化」を伝えたとは書かれていない。また、王仁は日本側の資料にのみに登場する人物であるが、韓国は『古事記』の「応神天皇の命令を受け百済が献上した人物」と言う記述や『日本書紀』等の日本の大国ぶりが伺える記述については「捏造」と激しく否定しており、資料の都合の良い部分だけ採用し、それ以外は無視するという「つまみ食い(チェリー・ピッキング)」をし、二重基準を見せている。韓国の歴史解釈について呉善花や井沢元彦らは、日本へ「伝えてあげた」という韓国の歴史解釈は、日本の歴史史料を利用したものであるが、同じ史料(『日本書紀』など)にある自国に都合の悪い部分(任那日本府、三韓征伐、等)は否定するという客観性のない都合の良い歴史観であり、その矛盾を指摘している。王仁 フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード