93件中 41 - 50件表示
  • ロマン大賞

    ロマン大賞から見た井沢元彦井沢元彦

    1999年度 井沢元彦、田中雅美、槇村さとる、眉村卓ロマン大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ノベル大賞

    ノベル大賞から見た井沢元彦井沢元彦

    1996?2001年度 井沢元彦、大岡玲、田中雅美、槇村さとる、眉村卓ノベル大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞の中国報道問題

    朝日新聞の中国報道問題から見た井沢元彦井沢元彦

    『朝日新聞の大研究』 稲垣武、古森義久、井沢元彦(小学館)朝日新聞の中国報道問題 フレッシュアイペディアより)

  • 比叡山焼き討ち (1571年)

    比叡山焼き討ち (1571年)から見た井沢元彦井沢元彦

    林屋辰三郎のように武田信玄が比叡山復興を旗印にしたことによる不利と、比叡山勢力を石山本願寺対策に利用することもできたという指摘をし、戦略的に満点とはいえないとする論者もいるが、井沢元彦のように「信長は初めから宗教勢力の武装解除、および過剰な経済力の剥奪を計画しており、いずれ衝突は避けられなかった」という意見もある。比叡山焼き討ち (1571年) フレッシュアイペディアより)

  • バウチャーコン

    バウチャーコンから見た井沢元彦井沢元彦

    1997年10月30日から11月2日にかけてカリフォルニア州モントレーで開催された第28回バウチャーコンには、日本推理作家協会50周年事業のひとつとして日本の推理作家の井沢元彦および推理小説研究家の山前譲が派遣された(最初に渡米を打診されたのはアメリカで作品の英訳が出版されていた宮部みゆきで、それに井沢元彦が同行する予定だったが、宮部みゆきが飛行機に乗りたくないと言ったため、作品の英訳が出版されていない井沢元彦と山前譲が派遣されることになった)。最終日には日本の推理小説の英訳アンソロジーを編纂したこともあるジョン・アポストロウを司会役に、日本の推理小説について語るパネル・ディスカッションが開かれた。井沢元彦、山前譲以外の参加者は以下の通り。バウチャーコン フレッシュアイペディアより)

  • 金文学

    金文学から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦, 金文学 『逆検定 中国歴史教科書―中国人に教えてあげたい本当の中国史』 祥伝社, 2005. ISBN 4-396-61251-6 祥伝社黄金文庫, 2008. ISBN 978-4396314477金文学 フレッシュアイペディアより)

  • 忠臣蔵

    忠臣蔵から見た井沢元彦井沢元彦

    忠臣蔵 元禄十五年の反逆(1992年、井沢元彦著、ISBN 4-10-119212-X)忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井の別れ

    桜井の別れから見た井沢元彦井沢元彦

    正行の当時の年齢はすでに20歳前後だったという説が古くからあり、近年にも作家の井沢元彦が著書において、忠臣を称える宋学の立場から正行の年齢を11歳に設定にしたという説を展開している。また桜井駅の別れそのものを創作とする向もあり、早くも明治初年に重野安繹がこれを唱えている。桜井の別れ フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンバスター

    ドラゴンバスターから見た井沢元彦井沢元彦

    小説『ドラゴンバスター』(1987年、井沢元彦・角川文庫)ドラゴンバスター フレッシュアイペディアより)

  • 神江里見

    神江里見から見た井沢元彦井沢元彦

    『織田信長推理帳 不動明王の剣』井沢元彦原作 小学館ビッグコミックス 2005神江里見 フレッシュアイペディアより)

93件中 41 - 50件表示