104件中 51 - 60件表示
  • 諡

    から見た井沢元彦井沢元彦

    「徳」‐殺害されたり辺地や流刑地で没したりした天皇に、怨霊封じのため贈られた美称である(井沢元彦の説 - 逆説の日本史より)。 フレッシュアイペディアより)

  • 和田秀樹

    和田秀樹から見た井沢元彦井沢元彦

    『日本史汚名返上 「悪人」たちの真実』井沢元彦共著 光文社 2014和田秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 角川源義

    角川源義から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦の小説『GEN?源氏物語秘録』や荒俣宏の小説『帝都物語』に作中人物として角川源義が登場する。角川源義 フレッシュアイペディアより)

  • ロマントピア藤原京'95

    ロマントピア藤原京'95から見た井沢元彦井沢元彦

    浜村淳のライブリレートーク……ゲスト、井沢元彦(2日)ロマントピア藤原京'95 フレッシュアイペディアより)

  • 壬申の乱を題材とした作品

    壬申の乱を題材とした作品から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『黎明の反逆者』秋田書店、1994年。(文庫版は『日本史の反逆者 私説・壬申の乱』に改題)壬申の乱を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンバスター

    ドラゴンバスターから見た井沢元彦井沢元彦

    小説『ドラゴンバスター』(1987年、井沢元彦・角川文庫)ドラゴンバスター フレッシュアイペディアより)

  • 知多市立中央図書館

    知多市立中央図書館から見た井沢元彦井沢元彦

    2012年度(平成24年度)から2013年度(平成25年度)の3年間は株式会社図書館流通センターが指定管理者となった。これを機にデータベースの閲覧サービスを導入し、月曜日が祝日だった場合にも翌日を開館日とした。2012年(平成24年)5月には童話作家の角野栄子による作家講演会が開催され、2013年(平成25年)3月には教育者の宮本延春による作家講演会が開催された。2014年(平成26年)2月には歴史小説家の井沢元彦による作家講演会が開催され、同年6月には推理小説化の有栖川有栖による作家講演会が開催された。同年の日本図書館協会第100回記念大会では製本ボランティア団体「かがり」が感謝状を授与されている。知多市立中央図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 火坂雅志

    火坂雅志から見た井沢元彦井沢元彦

    『天地人の戦国乱世名将・智将の時代』井沢元彦共著 ベストセラーズ ワニ文庫 2009火坂雅志 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原彰

    藤原彰から見た井沢元彦井沢元彦

    これについて井沢元彦は、北朝鮮は正義で、悪いのは韓国でありアメリカ帝国主義であると考えるように、藤原のような近現代史学者の一部は、大切なのは「真理」ではなく「イデオロギー」であるだけであると批判している。コラムニストの志摩永寿は、藤原は藤岡信勝を批判する『近代史の真実は何か』という著書を出していたが、こんな「嘘八百」「主客転倒」の論理を展開する者に「近代史の真実」を語る資格があるのだろうかと批判した。藤原彰 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤利三

    斎藤利三から見た井沢元彦井沢元彦

    しかし、これには異説も存在し、当時信長が長宗我部元親攻撃のために織田信孝と丹羽長秀を四国に出撃させようとしていたことから、利三が変の主導的な役割を担ったとの説も存在している。この説は現代、八切止夫と井沢元彦が支持している。斎藤利三 フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード