93件中 61 - 70件表示
  • 足利尊氏

    足利尊氏から見た井沢元彦井沢元彦

    歴史小説家の海音寺潮五郎や井沢元彦は、後醍醐天皇にとどめを刺さなかった点や内部抗争の処理に失敗した点を突き、「人柄が良くカリスマは高いが、組織の運営能力の点では源頼朝や徳川家康に劣っている」「戦争には強いが政治的センスはまるでない」と厳しい評価を下している。足利尊氏 フレッシュアイペディアより)

  • 平賀源内

    平賀源内から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『銀魔伝 源内死闘の巻』平賀源内 フレッシュアイペディアより)

  • 金田一耕助

    金田一耕助から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦「GEN 源氏物語秘録」金田一耕助 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家重

    徳川家重から見た井沢元彦井沢元彦

    その一方で、忠光や田沼意次のような優秀な側近を見出して重用していたり、勘定吟味役を充実させていることから、井沢元彦は「人事能力は優れている」「隠れた名君である」と評し、『徳川実紀』の評価を、脳性麻痺ゆえに知性も低いという偏見、あるいは抜擢した意次の低評価によるものとしている。また、甲斐素直も言語障害があっても頭脳は怜悧で強力なリーダーシップで政治実権を握った将軍であり、徳川綱吉同様、幕閣に不人気だったために低評価になったとの見方をしている。徳川家重 フレッシュアイペディアより)

  • 古森義久

    古森義久から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦・稲垣武)『朝日新聞の大研究―国際報道から安全保障・歴史認識まで』(扶桑社, 2002年/扶桑社文庫, 2003年)古森義久 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川綱吉

    徳川綱吉から見た井沢元彦井沢元彦

    綱吉再評価に関する文献として、代表的で入手が容易なものとして、吉川弘文館『徳川綱吉』(塚本学・1998年)、文春新書『黄門さまと犬公方』(山室恭子・1998年 ISBN 4-16-660010-9)が挙げられる。また、2004年12月28日にフジテレビ系列で放送されたドラマ「徳川綱吉 イヌと呼ばれた男」も、この再評価に連なる系列のものである。井沢元彦も『逆説の日本史』中で「戦国の気風を残した世相を、生命を大事にする太平の世へと変革した」と非常に高く評価している。徳川綱吉 フレッシュアイペディアより)

  • 諡

    から見た井沢元彦井沢元彦

    「徳」‐殺害されたり辺地や流刑地で没したりした天皇に、怨霊封じのため贈られた美称である(井沢元彦の説 - 逆説の日本史より)。 フレッシュアイペディアより)

  • 長篠の戦い

    長篠の戦いから見た井沢元彦井沢元彦

    鉄砲による損害に関しては「三段撃ちこそ無かったものの、1000丁という大量の鉄砲の一斉掃射による轟音によって武田の馬が冷静さを失い、騎馬隊を大混乱に陥れたのではないか」とする説がある(井沢元彦ほか)。過去に織田軍も雑賀鉄砲隊との戦いで、雑賀軍が狙撃主を秘匿するために行った囮の空砲の速射で大混乱に陥ったことがあり、当時の軍隊には鉄砲の一斉射撃や速射に高い威嚇効果があった可能性が高い。逆に武田軍はそれまで雑賀や根来のような鉄砲隊を主力とした軍隊と戦った経験はなく、過去に手痛い敗戦を被った織田軍よりも轟音対策が遅れていた面は否定できない。また、当時として異例の野戦築城は、それ自体が重要な史実であると同時に、当然武田軍にとって初めての経験であり、従来通りの野戦と騎馬隊突撃の戦術を用いたのが大敗の一番の理由とする説もある。長篠の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 架空の日本

    架空の日本から見た井沢元彦井沢元彦

    『小説「日本」人民共和国』(井沢元彦架空の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 宮部みゆき

    宮部みゆきから見た井沢元彦井沢元彦

    だからミステリーは面白い 気鋭BIG4 対論集(1995年3月 有学書林) - 共著:井沢元彦、大沢在昌、高橋克彦宮部みゆき フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示