104件中 61 - 70件表示
  • 徳川家斉

    徳川家斉から見た井沢元彦井沢元彦

    晩年になっても先代・家治の息子・家基の命日に自ら参詣するか、若年寄を代参させていた。養子に入った先の先代の子供にここまで敬意を払うのは異例であり、家基が変死していることもあり、北島正元や井沢元彦は家斉が家基は自分を将軍の座に就けようとしていた治済に暗殺されたと疑っていた可能性が高いとしている。徳川家斉 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ノ木古墳

    藤ノ木古墳から見た井沢元彦井沢元彦

    一方、井沢元彦は副葬品や埋葬の様子から「元々穴穂部皇子の陵墓であった所に同母弟崇峻天皇が合葬された」との説を主張している。藤ノ木古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 長篠の戦い

    長篠の戦いから見た井沢元彦井沢元彦

    鉄砲による損害に関しては「三段撃ちこそなかったものの、1,000丁という大量の鉄砲の一斉掃射による轟音によって武田の馬が冷静さを失い、騎馬隊を大混乱に陥れたのではないか」とする井沢元彦が2001年に発表した説がある。過去に織田軍も雑賀鉄砲隊との戦いで、雑賀軍が狙撃主を秘匿するために行った囮の空砲の速射で大混乱に陥ったことがあり、当時の軍隊には鉄砲の一斉射撃や速射に高い威嚇効果があった可能性が高い。逆に武田軍はそれまで雑賀や根来のような鉄砲隊を主力とした軍隊と戦った経験はなく、過去に手痛い敗戦を被った織田軍よりも轟音対策が遅れていた面は否定できない。また、当時として異例の野戦築城は、それ自体が重要な史実であると同時に、当然武田軍にとって初めての経験であり、従来通りの野戦と騎馬隊突撃の戦術を用いたのが大敗の一番の理由とする説もある。上記の井沢説に対しては、鈴木眞哉が反論をしている。武田家では、以前から鉄砲を使用し、長篠にも大量に持参しており、武田勢の銃撃を浴びた長篠城が穴だらけにされたと、徳川家康が述べているので、馬が銃声にどう反応するかということは武田家でも承知していたはずであるから、井沢の主張は前提からして全てが成立しないと批判している。井沢は2015年に発行された自著の中でも、武田の騎兵隊が、鉄砲の轟音に驚き、パニック状態になって自滅したとする従来の主張を繰り返しているが、鈴木眞哉の反論については一切言及していない。一方で、待ち構える鉄砲隊に歩兵や騎馬が突撃を敢行するのは無策・愚策であったかというと、当時の感覚では「正攻法」であり、後年の合戦でも沖田畷の戦いや戸次川の戦いでは大量に鉄砲を装備した龍造寺軍や豊臣軍に対して島津軍は弓の援護と太刀による突撃を繰り返し(鉄砲の数では島津軍が劣る)、弾の装填に時間のかかる鉄砲衆はもちろん長槍隊も無効化して勝利していたり、時代を遡れば織田軍も対本願寺戦や雑賀衆攻めで敵の鉄砲隊に対して鉄砲の装備率や兵数に劣りながらも、突撃を敢行して窮地を脱した事や逆に大敗をした経験があった。甲陽軍鑑においても「鉄砲隊に対する突撃」という作戦・戦法そのものを否定した記述はなく、圧倒的兵力差がある織田徳川連合軍との決戦に至った事を非難している。長篠の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の日本

    1980年の日本から見た井沢元彦井沢元彦

    第26回 - 井沢元彦『猿丸幻視行』1980年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 反日主義

    反日主義から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『「反日」日本人の正体』小学館 2003年12月 ISBN 978-4093893756反日主義 フレッシュアイペディアより)

  • 倭

    から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦は「当時の日本には国家や王朝と謂った概念が無く(在っても現在の「集落」程度か)、王朝という自分たちの概念に最も近いものを尋ねた処、『環(わ)』(環濠集落)と答えた為にそれを民族名とした。」と著書「逆説の日本史」で唱えている。 フレッシュアイペディアより)

  • 天武天皇

    天武天皇から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『黎明の反逆者』(文庫版は『日本史の反逆者 私説・壬申の乱』に改題)天武天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 夕刊フジ

    夕刊フジから見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦 - 『再発掘 人物日本史』(週刊ポスト連載『逆説の日本史』)の姉妹編。現在は「上杉謙信軍団編」を連載夕刊フジ フレッシュアイペディアより)

  • 比叡山焼き討ち (1571年)

    比叡山焼き討ち (1571年)から見た井沢元彦井沢元彦

    林屋辰三郎のように武田信玄が比叡山復興を旗印にしたことによる不利と、比叡山勢力を石山本願寺対策に利用することもできたという指摘をし、戦略的に満点とはいえないとする論者もいるが、井沢元彦のように「信長は初めから宗教勢力の武装解除、および過剰な経済力の剥奪を計画しており、いずれ衝突は避けられなかった」という意見もある。比叡山焼き討ち (1571年) フレッシュアイペディアより)

  • 宮部みゆき

    宮部みゆきから見た井沢元彦井沢元彦

    だからミステリーは面白い 気鋭BIG4 対論集(1995年3月 有学書林) - 共著:井沢元彦、大沢在昌、高橋克彦宮部みゆき フレッシュアイペディアより)

104件中 61 - 70件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード