104件中 71 - 80件表示
  • 安土宗論

    安土宗論から見た井沢元彦井沢元彦

    浄土宗の学僧、林彦明(はやしげんみょう)は「専修学報第1号・安土宗論の真相に就て」で、これを指摘した。また作家の井沢元彦も『逆説の日本史』10「戦国覇王編 - 天下布武と信長の謎」において、この一言で法華宗の負けが決まったと指摘した。安土宗論 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国起源説

    韓国起源説から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦は、「かつて中国スタンダードに反する『オリジナル』の許されなかった『つらさ』はわかるが、だからといってなんでもかんでも韓国が発祥という『ウリジナル』は行き過ぎだろう。」と述べている。韓国起源説 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家重

    徳川家重から見た井沢元彦井沢元彦

    その一方で、忠光や田沼意次のような優秀な幕臣を見出して重用していたり、勘定吟味役を充実させていることから、井沢元彦は「人事能力は優れている」「隠れた名君である」と評し、『徳川実紀』の評価を、障害ゆえに知性も低いという偏見、あるいは抜擢した意次の低評価によるものとしている。また甲斐素直も、障害があっても頭脳は怜悧で強力なリーダーシップで政治実権を握った将軍であり、綱吉同様、幕閣に不人気だったために低評価になったとの見方をしている。徳川家重 フレッシュアイペディアより)

  • 道鏡

    道鏡から見た井沢元彦井沢元彦

    また井沢元彦は、秦の嫪?との類似性を指摘し、姦通説や巨根説については道鏡を嫪?と見立てた事による風評としている。道鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 島田裕巳

    島田裕巳から見た井沢元彦井沢元彦

    『天皇とは何か』井沢元彦共著 宝島社新書 2013島田裕巳 フレッシュアイペディアより)

  • 杉谷善住坊

    杉谷善住坊から見た井沢元彦井沢元彦

    修道士の首 - 講談社文庫、井沢元彦杉谷善住坊 フレッシュアイペディアより)

  • 扶桑

    扶桑から見た井沢元彦井沢元彦

    小説「日本」人民共和国(井沢元彦の小説) - パラレルワールドで日本が現実とは異なる戦後史をたどって成立した「扶桑人民共和国」が舞台。扶桑 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞珊瑚記事捏造事件

    朝日新聞珊瑚記事捏造事件から見た井沢元彦井沢元彦

    作家・歴史研究家の井沢元彦は自著のなかで、もし朝日新聞の主張するような書き方の(中学生用の)歴史教科書において朝日新聞が紹介されたらということで、1950年(昭和25年)の伊藤律会見報道事件とともにこの珊瑚事件を掲載した仮想の教科書を載せている。伊藤律会見捏造事件とは異なり、上記のようにこの事件は縮刷版に収録されている。この差異を柴田鉄治は、時代の変化に加え、「ジミーの世界」事件の後始末の影響があったのではないかと推測している。朝日新聞珊瑚記事捏造事件 フレッシュアイペディアより)

  • 明智光秀

    明智光秀から見た井沢元彦井沢元彦

    一時期は最も有力な説として注目されていたが、立花が「イエズス会説」に転換した現在、この説を唱える研究者はいない。現在の歴史学界では義昭黒幕説とともに史料の曲解であるとの見解が主流となっているが、井沢元彦は朝廷あるいは公家が光秀謀叛に大きく関与していたのではないかと推測している。明智光秀 フレッシュアイペディアより)

  • 天台宗

    天台宗から見た井沢元彦井沢元彦

    また上記の事項から、同じ天台宗といっても、智顗が確立した法華経に依る中国の天台宗とは違い、最澄が開いた日本の天台宗は、智顗の説を受け継ぎ法華経を中心としつつも、禅や戒、念仏、密教の要素も含み、したがって延暦寺は四宗兼学の道場とも呼ばれている。井沢元彦はわかりやすい比喩として、密教の単科大学であった金剛峯寺に対して、延暦寺は仏教総合大学であったと解説している。天台宗 フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード