93件中 71 - 80件表示
  • 徳川家斉

    徳川家斉から見た井沢元彦井沢元彦

    晩年になっても先代・家治の息子・家基の命日に自ら参詣するか、若年寄を代参させていた。養子に入った先の先代の子供にここまで敬意を払うのは異例であり、家基が変死していることもあり、北島正元や井沢元彦は家斉が家基は自分を将軍の座に就けようとしていた治済に暗殺されたと疑っていた可能性が高いとしている。徳川家斉 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也 NEWS23

    筑紫哲也 NEWS23から見た井沢元彦井沢元彦

    1997年(平成9年)9月1日、「きょうの特集」において北朝鮮に渡った日本人妻へのインタビューを放送。そこでは「日本人妻は何の不満も無く差別されずに安泰に暮らしている」という日本人妻たちの回答を流した。これについて井沢元彦は共産圏とは言論の自由も無いわけで、筑紫がまさかそんな基本的なことすら知らないジャーナリストではないはずであり、明らかに日本人妻の本音とは違う部分を何の論評もせずに垂れ流すというのは、北朝鮮の宣伝に加担しているものであり、明らかに意図的であり偏向報道の何ものでもなかったと筑紫とこの番組の批判をした。筑紫哲也 NEWS23 フレッシュアイペディアより)

  • 安土城

    安土城から見た井沢元彦井沢元彦

    「逆説の日本史10 戦国覇王編」井沢元彦安土城 フレッシュアイペディアより)

  • 柿本人麻呂

    柿本人麻呂から見た井沢元彦井沢元彦

    その通説に梅原猛は『水底の歌?柿本人麻呂論』において大胆な論考を行い、人麻呂は高官であったが政争に巻き込まれ刑死したとの「人麻呂流人刑死説」を唱え、話題となった。また、梅原は人麻呂と猿丸大夫が同一人物であった可能性を指摘する。しかし、学会において受け入れられるに至ってはいない。古代の律に梅原が想定するような水死刑は存在していないこと、また梅原がいうように人麻呂が高官であったのなら、それが『続日本紀』などになに一つ残されていない点などに問題があるからである。なお、この梅原説を基にして、井沢元彦が著したものがデビュー作『猿丸幻視行』である。柿本人麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 天武天皇

    天武天皇から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『黎明の反逆者』(文庫版は『日本史の反逆者 私説・壬申の乱』に改題)天武天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 片桐且元

    片桐且元から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦「抜け穴」 - 収録:『暗鬼』(新潮文庫、1989年)片桐且元 フレッシュアイペディアより)

  • 島田裕巳

    島田裕巳から見た井沢元彦井沢元彦

    『天皇とは何か』井沢元彦共著 宝島社新書 2013島田裕巳 フレッシュアイペディアより)

  • 松平定信

    松平定信から見た井沢元彦井沢元彦

    作家の井沢元彦は著書『逆説の日本史』中で、朱子学を妄信してその理念の実現を第一とした(寛政異学の禁はその典型)宗教人であり、田沼意次がそれに反する政策(=商業重視)を行ったために彼を異常に憎み、利害を度外視して意次の行ったことを全否定してしまった、外国を「夷」としか見ることができず、蘭学を禁止し、幕府が薩長に遅れを取る原因を作った、などと述べている。一藩の領主としてはともかく、一国を動かす老中筆頭としては問題が多いなど、かなり否定的な評価をしている。また、一般的に定信が高く評価されがちなのは、朱子学的価値観に基づいて書かれた『徳川実記』などの徳川方の記録を鵜呑みにしてしまっているせいだ、と指摘している。ただし、松平定信は、その著『政語』を見ても分かるように、朱子学的価値観のみを盲信しているわけでは全くなく、隣藩・会津藩の家老・田中玄宰が実学派の学者を採用することを申し出た際も許している。松平定信 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤利三

    斎藤利三から見た井沢元彦井沢元彦

    しかし、これには異説も存在し、当時信長が土佐の戦国大名で利三の妹婿である長宗我部元親攻撃のために織田信孝と丹羽長秀を四国に出撃させようとしていたことから、利三が変の主導的な役割を担ったとの説も存在している。この説は現代、八切止夫と井沢元彦が支持している。斎藤利三 フレッシュアイペディアより)

  • 梅原猛

    梅原猛から見た井沢元彦井沢元彦

    梅原説の信奉者の有名人には井沢元彦がいる(ただし『水底の歌』が成り立たないことは『猿丸幻視行』に書いてある)。しかし、国文学、考古学、歴史学の立場からは批判も多い。例えば、法隆寺を聖徳太子一族の鎮魂の寺院とする考え方からは、坂本太郎の「法隆寺怨霊寺説について」(『日本歴史』第300号)を皮切りとして、厳しい批判や反論が出されている。また『水底の歌』における柿本人麻呂水死刑説は、益田勝実らによって批判論文が提出されている。梅原猛 フレッシュアイペディアより)

93件中 71 - 80件表示