104件中 81 - 90件表示
  • 孝明天皇

    孝明天皇から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦は著書『逆説の日本史』において、前述の原口説を支持しつつも、意図的に天皇を痘瘡に感染させた「細菌テロ」という説を唱えている。当時は種痘の普及がはじまっており、それを拒否していたのは頑迷な攘夷論者、外国嫌いである事から、宮中に痘瘡の病原菌保持者を出入りさせれば、孝明天皇はじめ攘夷論者のみ感染する。痘瘡の発症により死に至らなくても、政治の表舞台から遠ざかれば目的は達成できた、としている。孝明天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 波多野秀行

    波多野秀行から見た井沢元彦井沢元彦

    そして中国の崩壊が始まる(原作:井沢元彦波多野秀行 フレッシュアイペディアより)

  • 逆説の日本史

    逆説の日本史から見た井沢元彦井沢元彦

    『逆説の日本史』(ぎゃくせつのにほんし)は、小説家の井沢元彦による日本史を扱った書籍。逆説の日本史 フレッシュアイペディアより)

  • 米澤かおり

    米澤かおりから見た井沢元彦井沢元彦

    作家の内館牧子や井沢元彦、平野啓一郎なども出演した2016年の盛岡文士劇(時代劇)では、紀伊国屋ホールでの東京公演も含め、主演を務めた。米澤かおり フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮戦争

    朝鮮戦争から見た井沢元彦井沢元彦

    当時日本でも、1950年代から1960年代にかけて米国による陰謀説など、共産主義イデオロギーによる決め付け的な内容のものが多々あった。左派・革新系研究者遠山茂樹・今井清一・藤原彰共著『昭和史』(岩波新書、1959年)では、「米空軍戦闘機部隊は北九州に集結していた。そして北朝鮮が侵略したという理由で韓国軍が38度線をこえ進撃した」と主張した。親北派の学者寺尾五郎も北朝鮮による先制攻撃ではないと主張した。これについて井沢元彦は、北朝鮮は正義で、悪いのは韓国でありアメリカ帝国主義であると考えるように、近現代史学者の一部は、大切なのは「真理」ではなく「イデオロギー」であるだけであると批判している。家永三郎は、「朝鮮戦争」(アメリカの侵略による)と記した。高山正之は、マスコミでもNHKの磯村尚徳が番組で「北が南に攻め込んだ」と語ったことに在日朝鮮人が騒ぎ出し、彼らに同調する土井たか子が抗議、番組内で謝罪するに至ったと述べている。朝鮮戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 神江里見

    神江里見から見た井沢元彦井沢元彦

    『織田信長推理帳 不動明王の剣』井沢元彦原作 小学館ビッグコミックス 2005年神江里見 フレッシュアイペディアより)

  • 田尾和俊

    田尾和俊から見た井沢元彦井沢元彦

    好きな作家は、井沢元彦、ナンシー関。田尾和俊 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井 康隆

    筒井康隆から見た井沢元彦井沢元彦

    断筆宣言は業界内でも賛否両論を起こし、友人である大江健三郎(息子の大江光は癲癇の症状を持っている)からは、読売新聞紙上で「社会に言葉の制限があるのならば、新しい表現を作り、使っていくのが作家ではないか」との批判を受けている。また大江は、自らを炭坑内の有毒ガスにいち早く反応して危険を知らせるカナリアになぞらえた筒井を「太ったカナリア」と揶揄している。この他、吉本隆明、金井美恵子、浅田彰、絓秀実、柄谷行人、渡部直己、村上龍、三田誠広、島田雅彦、田中康夫、志茂田景樹、中野翠などから批判を受けたため、筒井は「断筆して以後、『文壇』というものがある、とよくわかった。去って行く者に追い打ちをかけたり、つばを吐きかけたり、反感がすごい」「ぼくを中傷することによって自分が浮上することだけを考えている。今までぼくを認めるようなこと言っていたやつまでですよ」と慨嘆した。特に絓秀実は『文学部唯野教授』の中にエイズ患者への差別描写があると部落解放同盟に注進し、筒井への糾弾を促した(ただし糾弾には至っていない)。一方、筒井を擁護した側には、曾野綾子、瀬戸内寂聴、安岡章太郎、柳瀬尚紀、平井和正、マッド・アマノ、小林よしのり、石堂淑朗、井上ひさし、内田春菊、柘植光彦、清水良典、井沢元彦、夢枕獏、大岡玲たちがいた。しかし「筒井の尻馬に乗って表現の自由をうんぬんしている作家たち」という岡庭昇や、みなみあめん坊(部落解放同盟大阪連合会池田支部代表の南健司)の発言が出てきたため、小林よしのり以外はみな沈黙してしまったという。筒井康隆 フレッシュアイペディアより)

  • 金田一耕助

    金田一耕助から見た井沢元彦井沢元彦

    井沢元彦『GEN 源氏物語秘録』金田一耕助 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞

    朝日新聞から見た井沢元彦井沢元彦

    小林よしのり、井沢元彦 『朝日新聞の正義』、小学館、1999年11月、ISBN 978-4094023039朝日新聞 フレッシュアイペディアより)

104件中 81 - 90件表示

「井沢元彦」のニューストピックワード