前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た小学館

    天皇になろうとした将軍 それからの太平記/足利義満のミステリー 小学館 1992 のち文庫 井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た小林よしのり

    新しい歴史教科書をつくる会に所属し、朝日新聞社などマスコミの報道姿勢(小林よしのりとの共著『朝日新聞の正義』等参照)や、太平洋戦争を中心とした歴史認識問題などに関して活発な発言を行なっている。また、『SAPIO』などオピニオン誌へ頻繁に寄稿している。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た梅原猛

    東京都立千歳高等学校(東京都立芦花高等学校の前身の一校)、早稲田大学法学部卒業。大学在学中「倒錯の報復」が江戸川乱歩賞候補となる。大学卒業後、TBSの報道記者として入社。報道局(政治部)記者時代の1980年に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。これは主人公が薬品の作用により精神のみタイムスリップして折口信夫の精神と同化するというSF的設定の中で、梅原猛『水底の歌』の説に従い柿本人麻呂と猿丸太夫の関係やいろは歌の謎、そして折口と同時代の犯罪事件を同時に解き明かすという筋立ての歴史ミステリー作品である。1985年に退社後、作家活動に専念する。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た角川書店

    GEN 『源氏物語』秘録 角川書店 1995 のち文庫「源氏物語はなぜ書かれたのか」井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た講談社

    猿丸幻視行 講談社、1980 のち文庫井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た曽野綾子

    大江健三郎の『沖縄ノート』における「巨きな巨塊」についての発言を『SAPIO』にて批判している。その際に批判の根拠として引用した『SAPIO』前号(2007年11月28日号)での曽野綾子の大江批判について引用しているが、「巨魁」と誤記されていたものは全て「巨塊」に訂正した。なお、曽野綾子は、1973年版の「ある神話の背景」では「巨塊」と引用していたが、それ以降11月の大江の裁判証言まで「巨魁」と表記していた。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た加藤紘一

    加藤紘一宅放火事件では、加藤紘一に見舞いの言葉を発し、加藤の政治家としての評価の見直しを主張した。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た陳舜臣

    様々な史料を駆使し、日本の歴史と社会を「和・言霊・怨霊・穢れ」への無意識の信仰と言う斬新な視点から論じている。これは尊敬している梅原猛や陳舜臣の影響が濃く、井沢は梅原を「私にとって「恩師」ともいうべき人物」「怨霊史観の先達」と高く評価している。現代社会・政治に対しては「民主主義の基本」を説く。「歴史学会の権威主義」「史料至上主義」「呪術(宗教)的側面の無視ないしは軽視」という「歴史学における三大欠陥」を徹底的に指摘しながら批判すると言うスタイルを取っている。NHKのテレビ番組『歴史発見』でレギュラーのコメンテーターを務めていた事もある。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た大江健三郎

    大江健三郎の『沖縄ノート』における「巨きな巨塊」についての発言を『SAPIO』にて批判している。その際に批判の根拠として引用した『SAPIO』前号(2007年11月28日号)での曽野綾子の大江批判について引用しているが、「巨魁」と誤記されていたものは全て「巨塊」に訂正した。なお、曽野綾子は、1973年版の「ある神話の背景」では「巨塊」と引用していたが、それ以降11月の大江の裁判証言まで「巨魁」と表記していた。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た朝日放送

    近年では東京でのテレビ出演は少なくなっているが、関西のテレビメディアへの出演は続いている(2006年4月現在)。『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』にも出演し、言霊・日本人の宗教観を独自に分析した持論を元に論戦を展開していた。朝日放送のビーバップ!ハイヒールに複数回出演している。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示