105件中 31 - 40件表示
  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た平将門

    一千年の陰謀 平将門の呪縛 角川書店 1999 のち文庫 井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た呉善花

    呉善花)『やっかいな隣人韓国の正体 なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか』 祥伝社 2006井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た柿本人麻呂

    東京都立千歳高等学校(東京都立芦花高等学校の前身の一校)、早稲田大学法学部卒業。大学在学中「倒錯の報復」が江戸川乱歩賞候補となる。大学卒業後、TBSの報道記者として入社。報道局(政治部)記者時代の1980年に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。これは主人公が薬品の作用により精神のみタイムスリップして折口信夫の精神と同化するというSF的設定の中で、梅原猛『水底の歌』の説に従い柿本人麻呂と猿丸太夫の関係やいろは歌の謎、そして折口と同時代の犯罪事件を同時に解き明かすという筋立ての歴史ミステリー作品である。1985年に退社後、作家活動に専念する。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た古森義久

    古森義久・稲垣武)『朝日新聞の大研究』 扶桑社 2002)のち文庫井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た宮本武蔵

    宮本武蔵・最強伝説の真実 歴史よもやま話 日本放送出版協会 2002 のち小学館文庫 井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た稲垣武

    (古森義久・稲垣武)『朝日新聞の大研究』 扶桑社 2002)のち文庫井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た樋口清之

    樋口清之)神道からみたこの国の心 日本人の「内なる原理」を明かす 徳間書店 1995 のち文庫井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た猿丸太夫

    東京都立千歳高等学校(東京都立芦花高等学校の前身の一校)、早稲田大学法学部卒業。大学在学中「倒錯の報復」が江戸川乱歩賞候補となる。大学卒業後、TBSの報道記者として入社。報道局(政治部)記者時代の1980年に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。これは主人公が薬品の作用により精神のみタイムスリップして折口信夫の精神と同化するというSF的設定の中で、梅原猛『水底の歌』の説に従い柿本人麻呂と猿丸太夫の関係やいろは歌の謎、そして折口と同時代の犯罪事件を同時に解き明かすという筋立ての歴史ミステリー作品である。1985年に退社後、作家活動に専念する。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た高橋克彦

    (中津文彦・高橋克彦)『歴史ミステリー講座』 新人物往来社 1997 『歴史ミステリー作家養成講座』 祥伝社文庫井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た波多野秀行

    波多野秀行漫画)『そして中国の崩壊が始まる』 飛鳥新社 2006 (マンガ入門シリーズ) 「マンガ中国崩壊」ゴマ文庫井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示