前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • ちまきやホールディングス

    ちまきやホールディングスから見た井筒屋井筒屋

    しかし、その5年後の1969年(昭和44年)には「ちまきやコープ」から撤退すると共に宇部電気鉄道の国有化後に子会社となっていた宇部ちまきやを北九州市に本店を置く井筒屋との共同出資による井筒屋ちまきやとし、1972年(昭和47年)に井筒屋の単独出資となり宇部井筒屋とするなど山口本店に経営資源を集約した。ちまきやホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 九州電気軌道

    九州電気軌道から見た井筒屋井筒屋

    付帯事業はその他に、バス事業、土地事業、さらに1910年代後半からの一時期のみ電気化学事業があった。バス事業・土地事業は出資する関係会社による運営としていた時期もあるが、バス事業は直営となった後に西鉄へ引き継がれた(西鉄バス)。また関係会社にはバス会社・土地会社のほか百貨店事業を営む井筒屋百貨店(現・井筒屋)などがあった。九州電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢丹

    伊勢丹から見た井筒屋井筒屋

    月日不明 - 名鉄百貨店・井筒屋を支援・業務提携。「男の新館」を「メンズ館」と改めオープン。伊勢丹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎そごう

    黒崎そごうから見た井筒屋井筒屋

    黒崎そごう(くろさきそごう)は、1979年から2000年まで福岡県北九州市八幡西区のJR黒崎駅前に存在していた百貨店、および同店舗を所有、運営していたそごうの関連会社の名称である。かつて同店舗があった建物には、近隣で営業していた地元百貨店井筒屋が店舗移転の形で入居、現在に至っている。黒崎そごう フレッシュアイペディアより)

  • 日本の百貨店

    日本の百貨店から見た井筒屋井筒屋

    1925年(大正14年)に鹿児島市の山形屋がお得意様の要望ではじめた「山形屋七草会」がその最初のもので、1951年(昭和26年)に佐世保玉屋、鹿児島丸屋、1953年(昭和28年)に岩田屋や井筒屋でも導入されるなど九州地方で早くから普及が進み、1953年(昭和28年)の阪急百貨店、1964年(昭和39年)の京王百貨店などと全国的に広まることになった。日本の百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市

    北九州市から見た井筒屋井筒屋

    都心部の主な商業施設として魚町銀天街、京町銀天街、旦過市場、井筒屋、コレット、リバーウォーク北九州、チャチャタウン、アミュプラザ小倉、あるあるCityなどがある。主な歓楽街には、堺町、紺屋町などがある。北九州市 フレッシュアイペディアより)

  • 中津市

    中津市から見た井筒屋井筒屋

    井筒屋中津店(ゆめタウン中津1階)中津市 フレッシュアイペディアより)

  • 横山沙季

    横山沙季から見た井筒屋井筒屋

    山口井筒屋に勤務。距離の関係で宇部井筒屋へ。横山沙季 フレッシュアイペディアより)

  • ラウンド菓子

    ラウンド菓子から見た井筒屋井筒屋

    福岡県 - 井筒屋小倉店(100g=199円の計量販売)(2012年10月現在)ラウンド菓子 フレッシュアイペディアより)

  • MOZU

    MOZUから見た井筒屋井筒屋

    両原作については「映像化不可能」と言われ続けてきたが、北九州市および北九州フィルム・コミッション全面協力の下、のべ6日間にわたる道路の通行規制などを行い、爆破シーンや一般道でのカーアクションなどのロケを敢行、小倉南区の北九州空港やJRA小倉競馬場、小倉北区の百貨店小倉井筒屋(劇中「銀座井筒屋」として登場)や小倉駅、八幡西区の旧区役所跡や福岡県立八幡中央高等学校など同市内各地30箇所以上をはじめ、東京都、横浜市などでロケが行われ、北九州ロケの際には監督の羽住と出演者の有村架純が市長に表敬訪問を行う一幕もあった。「MOZUの聖地」と呼ばれるようになった小倉井筒屋で2015年10月15日に行われた劇場版のレッドカーペットイベントでは、北九州市副市長により「MOZU市」の誕生が宣言され、『MOZU市だより』が発行されるなどした。MOZU フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示

「井筒屋」のニューストピックワード