前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • ちまきやホールディングス

    ちまきやホールディングスから見た井筒屋井筒屋

    しかし、その5年後の1969年(昭和44年)には「ちまきやコープ」から撤退すると共に宇部電気鉄道の国有化後に子会社となっていた宇部ちまきやを北九州市に本店を置く井筒屋との共同出資による井筒屋ちまきやとし、1972年(昭和47年)に井筒屋の単独出資となり宇部井筒屋とするなど山口本店に経営資源を集約した。ちまきやホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢丹

    伊勢丹から見た井筒屋井筒屋

    月日不明 - 名鉄百貨店・井筒屋を支援・業務提携。「男の新館」を「メンズ館」と改めオープン。伊勢丹 フレッシュアイペディアより)

  • 中津市

    中津市から見た井筒屋井筒屋

    井筒屋中津店(ゆめタウン中津1階)中津市 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡西区

    八幡西区から見た井筒屋井筒屋

    八幡西区は、副都心である黒崎(黒崎駅周辺)地区を抱えるが、2000年(平成12年)の黒崎そごう閉店(翌2001年(平成13年)に黒崎そごう跡に黒崎井筒屋が移転・開業)、2003年(平成15年)に起きた複合商業施設「コムシティ」の商業施設部分を管理・運営する第三セクター「黒崎ターミナルビル」の倒産など、商業地区としての先行きの不安を抱えていた。黒崎地区は2008年(平成20年)に中心市街地活性化基本計画の認定を受け、現在、様々な活性化策を推進させている。八幡西区 フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎そごう

    黒崎そごうから見た井筒屋井筒屋

    黒崎そごう(くろさきそごう)は、1979年から2000年まで福岡県北九州市八幡西区のJR黒崎駅前に存在していた百貨店、および同店舗を所有、運営していたそごうの関連会社の名称である。かつて同店舗があった建物には、近隣で営業していた地元百貨店井筒屋が店舗移転の形で入居、現在に至っている。黒崎そごう フレッシュアイペディアより)

  • ゆめタウン中津

    ゆめタウン中津から見た井筒屋井筒屋

    中津駅北口から徒歩10分の市街地にあり、かつて駅前に店舗を構えていた井筒屋百貨店も店内に入居している。ゆめタウン中津 フレッシュアイペディアより)

  • 都まんじゅう

    都まんじゅうから見た井筒屋井筒屋

    「井筒屋饅頭」 - 北九州市の小倉井筒屋 ※以前は都饅頭と称していた都まんじゅう フレッシュアイペディアより)

  • 積文館書店

    積文館書店から見た井筒屋井筒屋

    クエスト黒崎本店(八幡西区黒崎 IZUTSUYA-ANNEX1内)積文館書店 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲生八幡神社 (北九州市)

    蒲生八幡神社 (北九州市)から見た井筒屋井筒屋

    天正のはじめに、大友宗麟の兵火に罹り、神社焼失。このことを憂いた、岩松弥兵衛(三郎兵衛)は高浜(現在の井筒屋付近)に神社を造立し、社号を規矩(企救)八幡宮(高浜八幡宮)とした。小倉城主・高橋鑑種が社殿造営し、鳥居を建立する。天正年間、小倉城主・毛利成儀(勝信)からも篤い崇敬を受ける。慶長7年、小倉城築城に伴い、細川忠興は神社が鎮座する高浜を東曲輪とするために規矩八幡宮をもとの蒲生の地(中島山)に遷し、社号を再び蒲生八幡宮とした。寛永9年に入国した小笠原藩からも篤い崇敬を受け、社殿造営等がなされた。蒲生八幡神社 (北九州市) フレッシュアイペディアより)

  • コレット (百貨店)

    コレット (百貨店)から見た井筒屋井筒屋

    コレットは、福岡県北九州市小倉北区の百貨店である。地元百貨店・井筒屋の子会社である「株式会社コレット井筒屋」が運営しており、単独で日本百貨店協会に加盟する。コレット (百貨店) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「井筒屋」のニューストピックワード