2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
101件中 101 - 101件表示
  • JR博多シティ

    JR博多シティから見た井筒屋井筒屋

    この新駅ビルテナントの選定をめぐっては、博多口側旧駅ビル「博多ステーションビル」に1966年から入店していた博多井筒屋が難色を示し、「新駅ビルへの優先入居」を主張。福岡簡易裁判所において、博多井筒屋の親会社である井筒屋(北九州市)とJR九州の間で調停を行うものの、調停は難航した。調停の長期化や入居を求めての訴訟への発展、駅ビルからの退店拒否も危惧され始め、調停決裂が現実味を帯び始めた。そのようなことになれば新駅ビル建設スケジュールに大きく影響する恐れがあった。結局2006年9月15日に、JR九州側が井筒屋側に保証金約45億円を支払うことで博多井筒屋は2007年3月31日までに旧駅ビルから退店することに合意した(法人としての博多井筒屋は撤退後に解散)。JR博多シティ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
101件中 101 - 101件表示

「井筒屋」のニューストピックワード