101件中 21 - 30件表示
  • 北九州銀行構想

    北九州銀行構想から見た井筒屋井筒屋

    北九州市内にこだわらず関門都市圏でみれば、山口県下関市に本店を置く山口銀行(現在は山口フィナンシャルグループ(YMFG)傘下)がある。しかし同行は一県一行主義の旧弊により同一県内ではない北九州市では優位に立てなかった。地元銀行と認識してもらうため、2000年に北九州本部を設置、2002年に北九州市内で唯一の銀行系シンクタンクとなる北九州経済研究所を設立、2009年に井筒屋のハウスカード会社であった「井筒屋ウィズカード」を買収したが、「山口銀行」の名称では個人客への浸透が難しかった。北九州銀行構想 フレッシュアイペディアより)

  • 尾上芙雀

    尾上芙雀から見た井筒屋井筒屋

    初代尾上鯉三郎(初代尾上新七)の門下。1780-1818。屋号は井筒屋、南部屋。俳名は芙流、芙雀。尾上芙雀 フレッシュアイペディアより)

  • 松本博志

    松本博志から見た井筒屋井筒屋

    1999年1月26日、自身初の後楽園ホールで日本ミニマム級王座決定戦を日本3位として2位の中島浩(ワタナベ)と争い、0-3の判定負けを喫した。同年5月16日、小倉北体育館で日本3位としてWBA世界同級暫定王者ソンクラーム・ポーパオイン(タイ)とミニマム級ノンタイトル10回戦を行い、3-0の判定勝利で世界ランクを獲得。ソンクラームは王座を剥奪された。2001年4月14日、小倉北体育館でWBAミニマム級6位として日本ライトフライ級6位の久保暢之(鍵本エディ)と10回戦を行い、9R3-0の負傷判定勝利となった。2002年5月9日、小倉井筒屋パステルホールでWBA6位として日本ライトフライ級4位の大中元気(新日本徳山)と10回戦を行い、1-2の判定負けを喫した。松本博志 フレッシュアイペディアより)

  • 勝山通り (北九州市)

    勝山通り (北九州市)から見た井筒屋井筒屋

    紫川マイタウン・マイリバー整備事業の一環として、紫川の川幅拡張に伴う勝山橋の架け替え工事が始まった1998年に公募により名付けられた。この通りは小倉都心部のメインストリートの一つであり、沿道には井筒屋小倉店やリバーウォーク北九州などの商業施設がある。勝山通り (北九州市) フレッシュアイペディアより)

  • わっしょい百万夏まつり

    わっしょい百万夏まつりから見た井筒屋井筒屋

    路面電車の西鉄北九州線が健在の頃は花電車を運行していた。花電車は地元の小倉北区下到津に工場を持つ東芝や、地元百貨店の井筒屋がスポンサーとして出資していた時期もある。1992年(平成4年)に同線が廃止されたため、以降はトラックを改造した車両を花自動車として運行している。架線から直接電力を供給できる電車と違い、自動車用バッテリーを用いるため電力使用量に限りがあり、花電車時代と比べて電飾は地味になっている。わっしょい百万夏まつり フレッシュアイペディアより)

  • DIGITAL MORNING DRIVE

    DIGITAL MORNING DRIVEから見た井筒屋井筒屋

    毎日1問、4択の心理テストを放送した。当初はノンスポンサーだったが、後半期は井筒屋が提供。クレジットはTOGGYが英語で読み上げていたものがジングル化された。DIGITAL MORNING DRIVE フレッシュアイペディアより)

  • 中津駅名店街

    中津駅名店街から見た井筒屋井筒屋

    2000年(平成12年)12月 - 中津駅名店街と繋がっていた井筒屋中津店(JR九州所有、かつては中津ステーション開発が中津駅名店街と同一管理を行っていた)がゆめタウン中津に移転、解体。中津駅名店街 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽家具百貨店

    太陽家具百貨店から見た井筒屋井筒屋

    郊外型店舗は自社での建設のほか、地場百貨店の井筒屋の支店である本城井筒屋(北九州市八幡西区)の店舗を譲り受けるなど、既存空き店舗の活用などで店舗拡張を行っている。一部では家具店発祥のホームセンターであるナフコとの競合も見られる(本店である「Life Stage TAIYO宇部店」の向かいにも「ナフコTWO ONE STYLE宇部店」がある)。太陽家具百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 局哲平

    局哲平から見た井筒屋井筒屋

    局 哲平(つぼね てっぺい、1911年3月20日 - 2012年1月4日)は、日本の実業家。元井筒屋社長。元九州百貨店協会会長。局哲平 フレッシュアイペディアより)

  • 武田メガネ

    武田メガネから見た井筒屋井筒屋

    1911年に武田伊平により創業。1946年に監査役だった武田平八郎が継ぎ、小倉井筒屋に店舗を出店する。その後も百貨店を中心に店舗を展開し、1973年に設立。1987年に武田耕一が社長に就任し、現在は補聴器や時計の販売にも携わっている。武田メガネ フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「井筒屋」のニューストピックワード