91件中 41 - 50件表示
  • 西鉄グループ

    西鉄グループから見た井筒屋井筒屋

    株式会社井筒屋 - ただし、現在でも西鉄が筆頭株主である。西鉄グループ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱化成黒崎サッカー部

    三菱化成黒崎サッカー部から見た井筒屋井筒屋

    クラブは「北九州からJリーグチームを」というスローガンを掲げ当初からトップチームのJリーグ参加を目指し、地元資本である井筒屋やゼンリンなどのスポンサードを受けたり、北九州市内に設置されているコカ・コーラの自動販売機の売上の一部が運営費に贈られた。三菱化成黒崎サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市ルネッサンス構想

    北九州市ルネッサンス構想から見た井筒屋井筒屋

    1987年(昭和62年)に旧建設省がマイタウン・マイリバー整備事業を創設。1988年(昭和63年)に紫川が事業対象に認定。治水対策や、交通渋滞解消・歩行者の快適性向上等のため、紫川下流の橋を海、火、木、風などをテーマとして順次架け替え・新設した。また、一部川幅の拡幅を行い、リバーウォーク北九州に近接する紫川護岸を整備し親水施設を造成。川沿いにあった井筒屋小倉店の別館・事務館を移転し、井筒屋と北九州市によりレストラン街「紫江’s(しこうず)」と水環境館が一体となった施設を建築。さらに地元出身の文豪松本清張記念館、小倉城庭園、リバーウォーク北九州の建設・整備を行なった。北九州市ルネッサンス構想 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本デパートメントストアーズ開発機構

    全日本デパートメントストアーズ開発機構から見た井筒屋井筒屋

    井筒屋(小倉、黒崎)全日本デパートメントストアーズ開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • 中津サティ

    中津サティから見た井筒屋井筒屋

    井筒屋中津店 - 2000年にゆめタウン中津の1階に移転。中津サティ フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚郵便局

    飯塚郵便局から見た井筒屋井筒屋

    飯塚井筒屋 (2009年8月31日をもって閉店)飯塚郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 九州電気軌道

    九州電気軌道から見た井筒屋井筒屋

    その後、九軌デパートは1937年(昭和12年)に小倉市内の百貨店「井筒屋」と合併し、直後に井筒屋は九州電気軌道の系列下となった。九州電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉記念病院 (福岡県)

    小倉記念病院 (福岡県)から見た井筒屋井筒屋

    1916年に私立小倉病院として設立、1948年に厚生省が買収、朝日新聞西部厚生文化事業団に経営委託され社会保険病院となり、その後2008年に同事業団から現在の運営母体である財団法人平成紫川会が引き継いだ。2代目の病院の建物(1970年築、初代は今の井筒屋小倉本店新館付近の場所にあった)が老朽化してきたことなどから、運営を引き継いだ平成紫川会が小倉北区浅野の工場跡(小倉駅北口近く)に用地を取得し、新病院を建設して全面移転する方針が立てられ、2008年、厚生労働省(社会保険庁)により正式に承認され、総事業費約380億円を平成紫川会が全額負担し建設が進められた。2010年12月17日をもって約40年にわたった同区貴船町1-1での医療行為を終え、同年12月27日から現在地での活動を開始した。2012年4月1日より、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構との社会保険病院経営委託契約を前日付けで終了のうえ、病院名を「社会保険小倉記念病院」から「小倉記念病院」に変更した。小倉記念病院 (福岡県) フレッシュアイペディアより)

  • わっしょい百万夏祭り

    わっしょい百万夏祭りから見た井筒屋井筒屋

    路面電車の西鉄北九州線が健在の頃は花電車を運行していた。花電車は地元の小倉北区下到津に工場を持つ東芝や、地元百貨店の井筒屋がスポンサーとして出資していた時期もある。1992年(平成4年)に同線が廃止されたため、以降はトラックを改造した車両を花自動車として運行している。架線から直接電力を供給できる電車と違い、自動車用バッテリーを用いるため電力使用量に限りがあり、花電車時代と比べて電飾は地味になっている。わっしょい百万夏祭り フレッシュアイペディアより)

  • 三越伊勢丹ホールディングス

    三越伊勢丹ホールディングスから見た井筒屋井筒屋

    他に、関連企業として沖縄三越・うすい百貨店・井筒屋などがある。三越伊勢丹ホールディングス フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「井筒屋」のニューストピックワード