101件中 41 - 50件表示
  • 訃報 2012年1月

    訃報 2012年1月から見た井筒屋井筒屋

    1月4日 - 局哲平、日本の実業家、元井筒屋社長・元九州百貨店協会会長(* 1911年)訃報 2012年1月 フレッシュアイペディアより)

  • コムシティ

    コムシティから見た井筒屋井筒屋

    商業施設部分は、開業当初第三セクターの黒崎ターミナルビル株式会社が運営していた。コムシティは同時期に開業した黒崎井筒屋(メイト黒崎)と近接していたこともあり当初よりテナントが集まらず、黒崎ターミナルビルは利益に連動した家賃制度である「変動家賃制」を導入した。この制度は利益がない場合家賃を支払う必要がないため地元商店など低収益店舗の入居を促したが、結果的にこれが収益を圧迫する要因となり、開業から1年半後の2003年(平成15年)5月16日、約130億円の負債を抱えた黒崎ターミナルビルは福岡地方裁判所小倉支部へ民事再生法の適用を申請した。コムシティ フレッシュアイペディアより)

  • 丸柏百貨店

    丸柏百貨店から見た井筒屋井筒屋

    その後エネルギーの石油への転換や輸入炭の流入に伴って筑豊炭鉱の壊滅の影響を受けて若松の商業機能が衰えた影響で業績が低迷し、1979年(昭和54年)8月に小倉に本拠を置く井筒屋に営業を譲渡して閉店し、丸柏百貨店としての歴史に終止符を打った。丸柏百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 博多ステーションビル

    博多ステーションビルから見た井筒屋井筒屋

    駅ビルは地上7階・地下1階で、核テナントには、オープン当初は地元の渕上家が設立した大光百貨店と専門大店(専門店エリア)が入居していたが売り上げが伸び悩みわずか4か月弱で撤退、後に北九州市の地場百貨店「井筒屋」が博多ステーションビルとの共同で現地法人「博多井筒屋」を開設して、以後40年にわたって営業を続けた。他に駅ビル内にはホテル「ホテルニューハカタ」があったが1976年(昭和51年)に廃業、百貨店の拡張に充てられた。博多ステーションビル フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄グループ

    西鉄グループから見た井筒屋井筒屋

    株式会社井筒屋 - ただし、現在でも西鉄が筆頭株主である。西鉄グループ フレッシュアイペディアより)

  • 寿屋中津店

    寿屋中津店から見た井筒屋井筒屋

    近隣にあった百貨店の中津井筒屋は、2000年に近くのゆめタウン中津1階に移転し、また中津サティ(旧・丸吉デパート)も2000年に閉店したことに加え、寿屋閉店後は店舗に近接していたベスト電器中津中央店(コンピュータウン中津)、福岡シティ銀行、福岡中央銀行、大分みらい信用金庫(旧中津信用金庫)も店舗統合で閉鎖されるなど、付近は空洞化が進んでいる。寿屋中津店 フレッシュアイペディアより)

  • 中津サティ

    中津サティから見た井筒屋井筒屋

    井筒屋中津店 - 2000年にゆめタウン中津の1階に移転。中津サティ フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚郵便局

    飯塚郵便局から見た井筒屋井筒屋

    飯塚井筒屋 (2009年8月31日をもって閉店)飯塚郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 山口井筒屋

    山口井筒屋から見た井筒屋井筒屋

    株式会社山口井筒屋(やまぐちいづつや)は、山口県山口市に本社を置く百貨店。福岡県の地場百貨店である井筒屋の子会社。山口井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 田中久美

    田中久美から見た井筒屋井筒屋

    郷里の百貨店・井筒屋に就職。職場結婚(のち離婚)。一男二女の母で、孫(長女の子供)がいる。田中久美 フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示

「井筒屋」のニューストピックワード