101件中 81 - 90件表示
  • かねやす百貨店

    かねやす百貨店から見た井筒屋井筒屋

    かねやす百貨店(かねやすひゃっかてん)とは、かつて小倉市(現在の北九州市)に存在した百貨店である。小倉市で2番目に開業した百貨店であり、かつては井筒屋、菊屋百貨店(のちの小倉玉屋)とともに小倉を代表する百貨店であった。かねやす百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄ストア

    西鉄ストアから見た井筒屋井筒屋

    2005年(平成17年)に同じグループ会社の西鉄タミーを吸収合併した。西鉄タミーは、2001年にタミーとグランドストア西都が合併して誕生した会社で、タミーは西鉄と井筒屋の共同出資企業、グランドストア西都は岩田屋系列の会社を西鉄が買収したものである。タミーは服飾専門店や飲食店のFC等を中心に展開していた。西鉄ストア フレッシュアイペディアより)

  • うすい百貨店

    うすい百貨店から見た井筒屋井筒屋

    現在のマークは「usui」のロゴ(CI)である。かつては、住友グループの標章や福岡の地場デパート「井筒屋」と同じ「井桁」マークだったが、全くの無関係である。うすい百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 三越

    三越から見た井筒屋井筒屋

    井筒屋(小倉・若松・博多・久留米・大牟田・飯塚他)/ちまきや(現:山口井筒屋):2003年、伊勢丹の小倉進出に際し合弁会社「小倉伊勢丹」を設立し、伊勢丹系列に変更。現在は伊勢丹資本も入ってはいない。筆頭株主は西鉄。三越 フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎駅

    黒崎駅から見た井筒屋井筒屋

    駅南口には駅前広場を兼ねたペデストリアンデッキが設けられ、駅東側の井筒屋百貨店、国道3号線を挟んだ駅南側の商業地、駅西側のコムシティ、西鉄黒崎バスセンターを結んでいる。バリアフリーにも対応していて、各所にエレベーターが設置されている。黒崎駅 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た井筒屋井筒屋

    福岡県北九州市小倉北区 コレット井筒屋8階、I'm専門店街内福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 小倉記念病院

    小倉記念病院から見た井筒屋井筒屋

    1916年に私立小倉病院として設立、1948年に厚生省が買収、朝日新聞西部厚生文化事業団に経営委託され社会保険病院となり、その後2008年に同事業団から現在の運営母体である財団法人平成紫川会が引き継いだ。2代目の病院の建物(1970年築、初代は今の井筒屋小倉本店新館付近の場所にあった)が老朽化してきたことなどから、運営を引き継いだ平成紫川会が小倉北区浅野の工場跡(小倉駅北口近く)に用地を取得し、新病院を建設して全面移転する方針が立てられ、2008年、厚生労働省(社会保険庁)により正式に承認され、総事業費約380億円を平成紫川会が全額負担し建設が進められた。2010年12月17日をもって約40年にわたった同区貴船町1-1での医療行為を終え、同年12月27日から現在地での活動を開始した。2012年4月1日より、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構との社会保険病院経営委託契約を前日付けで終了のうえ、病院名を「社会保険小倉記念病院」から「小倉記念病院」に変更した。小倉記念病院 フレッシュアイペディアより)

  • 日本出版販売

    日本出版販売から見た井筒屋井筒屋

    2月 - 東京ブックセンターを開設、書店向けオンラインシステム「NOCS9000」サービス開始。子会社積文館書店が井筒屋から株式を取得し、株式会社ブックセンタークエストを子会社化日本出版販売 フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄高速バス

    西鉄高速バスから見た井筒屋井筒屋

    小倉駅ではコレット井筒屋(旧伊勢丹)前発、小倉駅バスセンター着。黒崎IC引野口では黒崎ICから一般道に出た引野口バス停に停車。西鉄高速バス フレッシュアイペディアより)

  • 加藤あきら

    加藤あきらから見た井筒屋井筒屋

    その後は影を潜め、一時は「加藤は死亡したのでは」との噂も流れたが、1995年に「新しい風の会」を設立し、大仕手株として有名な兼松日産農林を手掛ける。95年3月の安値389円だった株が、空売りをしっかり引き込み個人や証券会社を巻き込んで、翌1996年7月31日には5,310円まで値上がりし、実に13倍以上にもなった。その後99年には、井筒屋(98年12月安値208円→99年7月高値1,380円)等を手掛けた。加藤あきら フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示

「井筒屋」のニューストピックワード