前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 井筒屋

    井筒屋から見た西日本鉄道

    1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し社名は井筒屋の屋号を継承、更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月小倉本店開店。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する筆頭株主である。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た2009年

    2004年(平成16年)2月に小倉そごう跡に開業した小倉伊勢丹にも30%出資し、持分法適用会社となっていたが、商圏競合による売り上げ不振・共倒れ状態防止の観点から、伊勢丹持分の株式を備忘価額の1株1円で全て買い取り、2008年(平成20年)4月1日に「株式会社コレット井筒屋」(新店名「COLET IZUTSUYA」)に商号変更して再開業した。伊勢丹とは、小倉伊勢丹開業を機に全国に先駆け情報システムを統合するなど関係を強化していたこともあり、大きな混乱なく移行させることができたとみられている。2009年(平成21年)3月11日には、井筒屋本店との棲み分けを図るために改装し、新店名「コレット」に改称した。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た九州旅客鉄道

    1966年(昭和41年)に開業した福岡市のJR博多駅博多口の駅ビル(博多ステーションビル)で関連会社の博多井筒屋が営業していたが、九州新幹線博多延伸に伴うJR九州による博多駅再開発のため2007年(平成19年)3月31日で閉店、博多井筒屋社も解散した。井筒屋は2005年(平成17年)1月26日に社長名の文書で「新駅ビルへの核百貨店としての出店について前向きに検討したい」などと営業継続を求め、2006年(平成18年)4月3日に九州旅客鉄道が新博多駅ビルへの阪急百貨店進出にすることを正式に合意したことを発表し、補償金45億円で退去した。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たイズミ

    大分県中津市のJR九州中津駅前に建てられたビルのテナントとして入居していた。本体直営で、大分県北部唯一の百貨店だったが、郊外店との激しい競争もあり賃貸借契約を更新せず閉店(移転)。現在は、広島のスーパーイズミが運営する「ゆめタウン中津」内のテナントとなり婦人服や銘菓等も扱うギフトショップを運営している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た山口フィナンシャルグループ

    山口フィナンシャルグループに属するカード会社。伊勢丹との提携の際、伊勢丹のMDシステム・顧客情報分析システムを有効活用するために譲渡し、伊勢丹アイカード子会社となった。後に伊勢丹経営統合で発足した三越伊勢丹ホールディングスの事業見直し過程で、山口フィナンシャルグループに売却され現在に至る。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た第一交通産業

    6月 - 井筒屋アネックス-1の解体完了。土地は井筒屋が保有していたが、2017年第一交通産業に売却。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た阪急百貨店

    1966年(昭和41年)に開業した福岡市のJR博多駅博多口の駅ビル(博多ステーションビル)で関連会社の博多井筒屋が営業していたが、九州新幹線博多延伸に伴うJR九州による博多駅再開発のため2007年(平成19年)3月31日で閉店、博多井筒屋社も解散した。井筒屋は2005年(平成17年)1月26日に社長名の文書で「新駅ビルへの核百貨店としての出店について前向きに検討したい」などと営業継続を求め、2006年(平成18年)4月3日に九州旅客鉄道が新博多駅ビルへの阪急百貨店進出にすることを正式に合意したことを発表し、補償金45億円で退去した。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た三越伊勢丹ホールディングス

    山口フィナンシャルグループに属するカード会社。伊勢丹との提携の際、伊勢丹のMDシステム・顧客情報分析システムを有効活用するために譲渡し、伊勢丹アイカード子会社となった。後に伊勢丹経営統合で発足した三越伊勢丹ホールディングスの事業見直し過程で、山口フィナンシャルグループに売却され現在に至る。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たミスターマックス

    北九州市八幡西区光貞台1丁目にあった、屋上に駐車場を備える郊外型の2階建ての店舗。近くに産業医科大学が開設された3年後の1981年(昭和56年)に、同大学北側の大学関係者も多く住む住宅街に開店したが、幹線道路に面していない、鉄道駅に直結ではなかったことなどが災いし、1984年(昭和59年)に閉店。跡地はしばらく空き店舗だったが、数年後太陽家具北九州西店が開業した。なお、旧店舗から東方向に3kmほど離れた場所にあるミスターマックスの商業施設「Mr.Max本城ショッピングセンター」の一角で長らくギフトショップを運営していたが、現在は閉店(イオン若松店に移転)している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た良品計画

    黒崎店が2001年に旧黒崎そごう跡へ移転後、旧黒崎店をリニューアルし2002年にオープン。裏手にあったブックセンタークエスト黒崎店(旧井筒屋ブックセンター)を移転開業させ、無印良品、家具店i-Maison等の専門店商業施設として営業を続けたが、ビルの老朽化に伴う維持管理や黒崎店への一極集中を理由に、2015年、55年間の同ビルでの営業に幕を下ろした。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「井筒屋」のニューストピックワード