95件中 41 - 50件表示
  • 井筒屋

    井筒屋から見た松屋 (福岡県)

    久留米井筒屋が大牟田市の西鉄天神大牟田線新栄町駅前に1970年(昭和45年)にオープン。大牟田松屋とともに大牟田・荒尾地域の百貨店として親しまれたが、石炭産業の衰退に加え、郊外店との競争に敗れ、2000年(平成12年)12月に閉店に追い込まれた。その後2004年(平成16年)に大牟田松屋も経営破綻し、大牟田市からは百貨店が姿を消した。なお、現在はゆめタウン大牟田でギフトショップを営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た井筒八ッ橋本舗

    なお、ロゴマーク(井桁)および社名が似ている、京都の株式会社井筒八ッ橋本舗や、過去に「井筒屋」と同じ「井桁」マークを使用していた(現在はCIにより使用していない)福島県郡山市のうすい百貨店とは、一切関連がない。加えて。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たサンリブ

    北九州市若松区本町3丁目にあった地元の百貨店「丸柏(まるかし)」(1938年(昭和13年)開業)を1979年(昭和54年)に買収・子会社化し運営していたが、1995年(平成7年)閉店。同店は北九州市役所の売店運営も担当していたため、閉店後の売店運営は井筒屋本体が引き継いだ。閉店後の建物は数年間放置されていたが、後に解体。その後は空地となっていたが、2007年(平成19年)8月23日にホテルルートインが開業。若松井筒屋閉店から12年後となる2007年(平成19年)3月10日には、若松区本町3丁目の「サンリブ若松店」に「井筒屋若松ショップ」を出店。売場面積は320平方メートルで、洋菓子・和菓子やギフト、婦人服等を販売する。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たみずほ銀行

    それでもなお業績が回復せず、2010年(平成22年)2月期の決算でも大幅赤字になる見通しとなったことから、同年1月9日、福岡・山口・みずほといった主力取引銀行に対して金融支援を要請し、合意。この責任をとるため、中村は後日、社長職を退任した(なお、中村は本業に専念するため、それ以前から旧ニューウェーブ北九州後援会会長など、兼務していた公職を段階的であったが退いていた)。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た関連会社

    分社後、株式の90%を積文館書店に売却。そのため、井筒屋の持株比率は10%に低下し、関連会社ではなくなった。その後、積文館書店と共に日本出版販売の連結対象関連会社となり井筒屋の連結対象から外れているが、従来通り井筒屋のウィズカードなども利用できる。2009年(平成21年)3月1日付で積文館書店と合併(合併後の社名は株式会社積文館書店)。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た宇部市

    三越伊勢丹グループ主導の全日本デパートメントストアーズ開発機構(A・D・O)に加盟しており、百貨店形態の直営店として、本店(北九州市小倉北区船場町)の他に、黒崎店(同市八幡西区黒崎)がある。また、山口市と宇部市で関連会社により店舗を運営しているほか、福岡県内を中心に進物、婦人衣料雑貨など限られた商品を扱う小店舗を展開しており、その多くが大型量販店に併設、あるいは隣接したサテライトショップである。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たイニミニマニモ

    博多井筒屋閉店の際に井筒屋から発表・公開された文章の中で「新JR博多駅ビルでの営業は」と書かれており、当時から博多駅ビル以外での場所で再出店を示唆。その後2007年(平成19年)11月2日に博多リバレインイニミニマニモ地下2階部分に井筒屋本体による直営店舗「SALON DE IZUTSUYA U(サロン・ド・井筒屋・ユー)」として開店した。「大人の価値観にフィットする上質なセレクトショップ」をコンセプトとしていた。しかし、売り上げが伸び悩み、会社全体の経営も厳しい状況となったことから、「本拠(北九州)に経営資源を集中する」として、2009年(平成21年)3月30日に同年6月をもって閉店し、福岡市から事実上撤退すると発表した。閉店後は、特産品と九州産焼酎を扱う2店舗が引き続き営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た黒崎そごう

    10月 - 黒崎店を現在地(黒崎駅前の黒崎そごう跡地)に移転。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た博多リバレイン

    博多井筒屋閉店の際に井筒屋から発表・公開された文章の中で「新JR博多駅ビルでの営業は」と書かれており、当時から博多駅ビル以外での場所で再出店を示唆。その後2007年(平成19年)11月2日に博多リバレインイニミニマニモ地下2階部分に井筒屋本体による直営店舗「SALON DE IZUTSUYA U(サロン・ド・井筒屋・ユー)」として開店した。「大人の価値観にフィットする上質なセレクトショップ」をコンセプトとしていた。しかし、売り上げが伸び悩み、会社全体の経営も厳しい状況となったことから、「本拠(北九州)に経営資源を集中する」として、2009年(平成21年)3月30日に同年6月をもって閉店し、福岡市から事実上撤退すると発表した。閉店後は、特産品と九州産焼酎を扱う2店舗が引き続き営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た八幡西区

    三越伊勢丹グループ主導の全日本デパートメントストアーズ開発機構(A・D・O)に加盟しており、百貨店形態の直営店として、本店(北九州市小倉北区船場町)の他に、黒崎店(同市八幡西区黒崎)がある。また、山口市と宇部市で関連会社により店舗を運営しているほか、福岡県内を中心に進物、婦人衣料雑貨など限られた商品を扱う小店舗を展開しており、その多くが大型量販店に併設、あるいは隣接したサテライトショップである。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

95件中 41 - 50件表示

「井筒屋」のニューストピックワード