95件中 51 - 60件表示
  • 井筒屋

    井筒屋から見た博多駅

    1966年(昭和41年)に開業した福岡市のJR博多駅博多口の駅ビル(博多ステーションビル)で関連会社の博多井筒屋が営業していたが、九州新幹線博多延伸に伴うJR九州による博多駅再開発のため2007年(平成19年)3月31日で閉店、博多井筒屋社も解散した。井筒屋は新駅ビルへの出店を望んでいたが、新駅ビルには阪急百貨店と東急ハンズ、シネコンのティ・ジョイが入居することがJR九州から発表された。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たコレット (百貨店)

    株式会社井筒屋(いづつや、)は、福岡県北九州市を地盤とする百貨店である。日本百貨店協会加盟。九州地方に本社を置く百貨店としては唯一東証第1部に上場しており、北九州市において(別法人として運営されているコレットを含め)、百貨店事業を展開する唯一の事業者(事業グループ)である。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た大分県

    大分県中津市のJR九州中津駅前に建てられたビルのテナントとして入居していた。本体直営で、大分県北部唯一の百貨店だったが、郊外店との激しい競争もあり賃貸借契約を更新せず閉店(移転)。現在は、広島のスーパーイズミが運営する「ゆめタウン中津」内のテナントとなり婦人服や銘菓等も扱うギフトショップを運営している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た門司区

    1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し社名は井筒屋の屋号を継承、更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月小倉本店開店。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する筆頭株主である。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た黒崎駅

    10月 - 黒崎店を現在地(黒崎駅前の黒崎そごう跡地)に移転。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た荒尾市

    久留米井筒屋が大牟田市の西鉄天神大牟田線新栄町駅前に1970年(昭和45年)にオープン。大牟田松屋とともに大牟田・荒尾地域の百貨店として親しまれたが、石炭産業の衰退に加え、郊外店との競争に敗れ、2000年(平成12年)12月に閉店に追い込まれた。その後2004年(平成16年)に大牟田松屋も経営破綻し、大牟田市からは百貨店が姿を消した。なお、現在はゆめタウン大牟田でギフトショップを営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た新栄町駅 (福岡県)

    久留米井筒屋が大牟田市の西鉄天神大牟田線新栄町駅前に1970年(昭和45年)にオープン。大牟田松屋とともに大牟田・荒尾地域の百貨店として親しまれたが、石炭産業の衰退に加え、郊外店との競争に敗れ、2000年(平成12年)12月に閉店に追い込まれた。その後2004年(平成16年)に大牟田松屋も経営破綻し、大牟田市からは百貨店が姿を消した。なお、現在はゆめタウン大牟田でギフトショップを営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た西鉄天神大牟田線

    久留米井筒屋が大牟田市の西鉄天神大牟田線新栄町駅前に1970年(昭和45年)にオープン。大牟田松屋とともに大牟田・荒尾地域の百貨店として親しまれたが、石炭産業の衰退に加え、郊外店との競争に敗れ、2000年(平成12年)12月に閉店に追い込まれた。その後2004年(平成16年)に大牟田松屋も経営破綻し、大牟田市からは百貨店が姿を消した。なお、現在はゆめタウン大牟田でギフトショップを営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た博多区

    福岡市博多区博多駅中央街1-1旧博多駅ビル(博多ステーションビル)に入居していた。1966年(昭和41年)に開店。2007年(平成19年)3月31日午後7時をもって博多駅再開発のため閉店。なお、再開発後の新博多駅ビル(JR博多シティ)には、阪急百貨店と東急ハンズが入店している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た大牟田市

    久留米井筒屋が大牟田市の西鉄天神大牟田線新栄町駅前に1970年(昭和45年)にオープン。大牟田松屋とともに大牟田・荒尾地域の百貨店として親しまれたが、石炭産業の衰退に加え、郊外店との競争に敗れ、2000年(平成12年)12月に閉店に追い込まれた。その後2004年(平成16年)に大牟田松屋も経営破綻し、大牟田市からは百貨店が姿を消した。なお、現在はゆめタウン大牟田でギフトショップを営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

95件中 51 - 60件表示

「井筒屋」のニューストピックワード