99件中 51 - 60件表示
  • 井筒屋

    井筒屋から見た大分県

    大分県中津市のJR九州中津駅前に建てられたビルのテナントとして入居していた。本体直営で、大分県北部唯一の百貨店だったが、郊外店との激しい競争もあり賃貸借契約を更新せず閉店(移転)。現在は、広島のスーパーイズミが運営する「ゆめタウン中津」内のテナントとなり婦人服や銘菓等も扱うギフトショップを運営している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た荒尾市

    久留米井筒屋が大牟田市の西鉄天神大牟田線新栄町駅前に1970年(昭和45年)にオープン。大牟田松屋とともに大牟田・荒尾地域の百貨店として親しまれたが、石炭産業の衰退に加え、郊外店との競争に敗れ、2000年(平成12年)12月に閉店した。その後2004年(平成16年)に大牟田松屋も経営破綻し、大牟田市からは百貨店が姿を消した。なお、現在はゆめタウン大牟田でギフトショップを営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たゆめタウン大牟田

    久留米井筒屋が大牟田市の西鉄天神大牟田線新栄町駅前に1970年(昭和45年)にオープン。大牟田松屋とともに大牟田・荒尾地域の百貨店として親しまれたが、石炭産業の衰退に加え、郊外店との競争に敗れ、2000年(平成12年)12月に閉店した。その後2004年(平成16年)に大牟田松屋も経営破綻し、大牟田市からは百貨店が姿を消した。なお、現在はゆめタウン大牟田でギフトショップを営業している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た北九州空港

    小倉駅店(JR小倉駅新幹線口「小倉エキナカひまわりプラザ」内)、市庁舎売店(北九州市役所本庁舎地下1階)、二島ショップ(イオン若松ショッピングセンター1階)、曽根ショップ、北九州空港店(北九州空港内)、高須ショップ、若松ショップ(サンリブ若松1階)、守恒ショップ、戸畑ショップ(イオン戸畑ショッピングセンター1階)、下曽根ショップ(サニーサイドモール小倉1階)井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断

    小倉店、ならびに周辺道路が、2014年に放送されたドラマ『MOZU』、2017年2月11日に公開された映画『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』などのロケ地として使用され、従業員も出演した。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た西鉄小郡駅

    かつて小郡市の西鉄小郡駅前に出店していた。現在は空家となっており、民主党の選挙事務所として使われたこともある。外装にIZUTSUYAマークの跡が確認できる。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た中津駅 (大分県)

    大分県中津市のJR九州中津駅前に建てられたビルのテナントとして入居していた。本体直営で、大分県北部唯一の百貨店だったが、郊外店との激しい競争もあり賃貸借契約を更新せず閉店(移転)。現在は、広島のスーパーイズミが運営する「ゆめタウン中津」内のテナントとなり婦人服や銘菓等も扱うギフトショップを運営している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た黒崎 (北九州市)

    三越伊勢丹グループ主導の全日本デパートメントストアーズ開発機構(A・D・O)に加盟しており、百貨店形態の直営店として、本店(北九州市小倉北区船場町)の他に、黒崎店(同市八幡西区黒崎)がある。また、山口市と宇部市で関連会社により店舗を運営しているほか、福岡県内を中心に進物、婦人衣料雑貨など限られた商品を扱う小店舗を展開しており、その多くが大型量販店に併設、あるいは隣接したサテライトショップである。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たサニーサイドモール小倉

    小倉駅店(JR小倉駅新幹線口「小倉エキナカひまわりプラザ」内)、市庁舎売店(北九州市役所本庁舎地下1階)、二島ショップ(イオン若松ショッピングセンター1階)、曽根ショップ、北九州空港店(北九州空港内)、高須ショップ、若松ショップ(サンリブ若松1階)、守恒ショップ、戸畑ショップ(イオン戸畑ショッピングセンター1階)、下曽根ショップ(サニーサイドモール小倉1階)井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た駅ビル

    1966年(昭和41年)に開業した福岡市のJR博多駅博多口の駅ビル(博多ステーションビル)で関連会社の博多井筒屋が営業していたが、九州新幹線博多延伸に伴うJR九州による博多駅再開発のため2007年(平成19年)3月31日で閉店、博多井筒屋社も解散した。井筒屋は2005年(平成17年)1月26日に社長名の文書で「新駅ビルへの核百貨店としての出店について前向きに検討したい」などと営業継続を求め、2006年(平成18年)4月3日に九州旅客鉄道が新博多駅ビルへの阪急百貨店進出にすることを正式に合意したことを発表し、補償金45億円で退去した。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

99件中 51 - 60件表示

「井筒屋」のニューストピックワード