99件中 61 - 70件表示
  • 井筒屋

    井筒屋から見た専門学校

    流通業界への就職を後押しするため、全国で初めて、店舗販売員を養成する専門学校「西日本リテールカレッジ」を2005年(平成17年)4月に開校した。ただし、2010年(平成22年)1月現在同校ホームページは閉鎖されている。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た若松区

    北九州市若松区本町3丁目にあった「丸柏百貨店」(1938年(昭和13年)開業)を1979年(昭和54年)10月に買収・子会社化し運営していたが、1995年(平成7年)閉店。同店は北九州市役所の売店運営も担当していたため、閉店後の売店運営は井筒屋本体が引き継いだ。閉店後の建物は数年間もの間放置され、“幽霊ビル”と化していたが、後に解体。その後は長きに亘り空地となっていたが、2007年(平成19年)8月23日にホテルルートイン北九州若松駅東が開業。若松井筒屋閉店から実に12年後となる2007年(平成19年)3月10日には、若松区本町3丁目の「サンリブ若松店」に「井筒屋若松ショップ」を出店。売場面積は320平方メートルで、洋菓子・和菓子やギフト、婦人服等を販売する。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た小倉北区

    三越伊勢丹グループ主導の全日本デパートメントストアーズ開発機構(A・D・O)に加盟しており、百貨店形態の直営店として、本店(北九州市小倉北区船場町)の他に、黒崎店(同市八幡西区黒崎)がある。また、山口市と宇部市で関連会社により店舗を運営しているほか、福岡県内を中心に進物、婦人衣料雑貨など限られた商品を扱う小店舗を展開しており、その多くが大型量販店に併設、あるいは隣接したサテライトショップである。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た郡山市

    なお、ロゴマーク(井桁)および社名が似ている、京都の株式会社井筒八ッ橋本舗や、過去に「井筒屋」と同じ「井桁」マークを使用していた(現在はCIにより使用していない)福島県郡山市のうすい百貨店とは、一切関連がない。加えて。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たMOZU

    小倉店、ならびに周辺道路が、2014年に放送されたドラマ『MOZU』、2017年2月11日に公開された映画『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』などのロケ地として使用され、従業員も出演した。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た株主

    1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し社名は井筒屋の屋号を継承、更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月小倉本店開店。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する筆頭株主である。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たゆめタウン中津

    大分県中津市のJR九州中津駅前に建てられたビルのテナントとして入居していた。本体直営で、大分県北部唯一の百貨店だったが、郊外店との激しい競争もあり賃貸借契約を更新せず閉店(移転)。現在は、広島のスーパーイズミが運営する「ゆめタウン中津」内のテナントとなり婦人服や銘菓等も扱うギフトショップを運営している。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見たイオン戸畑ショッピングセンター

    8月 - サテライトショップ「戸畑ショップ」がイオン戸畑ショッピングセンター1階に開店。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た日本プロサッカーリーグ

    北九州市に拠点を置くJリーグクラブ、ギラヴァンツ北九州のイヤーブックスポンサーを務めている。同クラブがニューウェーブ北九州として九州サッカーリーグに加盟していた2007年までは、ユニフォームスポンサーであった。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 井筒屋

    井筒屋から見た米原駅

    JR米原駅における駅弁業者をはじめ、全国各地に点在する同名の業者とも。井筒屋 フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「井筒屋」のニューストピックワード