前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • ヤンマー

    ヤンマーから見た井関農機井関農機

    業界における大手メーカーではあるが、競合するクボタや井関農機(以下、ヰセキ)と違い、2011年(平成23年)時点でも非上場である。ヤンマー フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ

    ポルシェから見た井関農機井関農機

    日本では、1962年から1966年にかけて井関農機が一部のポルシェトラクターを輸入販売し、その後ポルシェトラクターを参考に日本の気候や風土に合わせたヰセキオリジナルのトラクター「ヰセキトラクターTBシリーズ」を開発し、1964年に販売を開始した。ポルシェ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンボ鶴田

    ジャンボ鶴田から見た井関農機井関農機

    レスラー時代はバラエティ番組へも出演しており、プロレス好きの三宅裕司の番組やさんまのまんまにも出演した。また日野自動車のトラックや井関農機のコンバイン「太郎」シリーズのCMにも出演経験有。ジャンボ鶴田 フレッシュアイペディアより)

  • 桜田淳子

    桜田淳子から見た井関農機井関農機

    『週刊プレイボーイ』、『平凡パンチ』、『明星』、『平凡』などで何度もグラビアを飾っている。またしゃべり方に特徴があり、ものまね番組などでサ行の発音をデフォルメして真似されることも多く、フジテレビのシチュエーションコメディ『やっぱり猫が好き』内でも、出演者の一人である小林聡美がたびたび桜田の物真似を披露している。アイドルでありながらリクエストされれば秋田弁でしゃべってみせたり、秋田音頭や持ち歌をお国訛りで歌ったりするなどサービス精神が旺盛で、1970年代後半に井関農機の田植機『さなえ』のCMに起用された際も、「やっぱし早苗だべさ」というお国訛りのセリフが有名になった。桜田淳子 フレッシュアイペディアより)

  • 三間村

    三間村から見た井関農機井関農機

    井関邦三郎(井関農機の創業者)・・・務田出身三間村 フレッシュアイペディアより)

  • 本條猛二

    本條猛二から見た井関農機井関農機

    昭和30年代に入り、神武景気の到来に軌道を合わせるように山陽自動車運送も拡張路線を歩む。昭和32年5月には、広島?大阪間の路線免許を持つ山陽通運と資本提携(後に吸収合併)。山陽道路線が実現していくなか次なる飛躍は「東京路線」への進出であった。東京路線の運行が開始されたのは、昭和35年だが、免許申請は運行開始の3年前。昭和34年には、東京路線実現に備えて、本社事務所も創設の地、宍粟郡山崎町(現宍粟市)から大阪市内に移された。当時、東海道路線は「ゴールデンロード」と呼ばれており、山陽自動車運送のほか24社が免許申請を行っていたが、日本運送(現フットワークエクスプレス)、西濃運輸などをリーダーとする既存20社が猛反対、昭和34年1月26日から5日間にわたって運輸省において公聴会が開催されるなど、前代未聞の熾烈な戦いが繰り広げられることになった。山陽自動車運送では、公聴会の開催に当たって、24社35人の一般公述人のうち、住友商事、松下電工(現パナソニック電工)、松下電器産業(現パナソニック)、住友ベークライト工業、東京製鋼、日本金属工業などの幹部8人から、援護発言をうけるが並みいる同業他社の面々には山陽は絶対確実との印象を与えた。公聴会で、賛成意見を公述したメンバーからもわかるように、大手優良企業の社名が取引先として並ぶことになる。松下電器産業グループとの取引が開始されたのは昭和20年代後半からであったが、30年代に始まった「家電時代到来」によって、さらに取引が拡大されることになる。また本條猛二の実兄が住友商事の会長、田路舜哉だったことから、住友グループとの取引が始まったが、その後は、住友ベークライト、住友電気工業、住友金属工業などへと次第に拡大された。一方、東京路線の確保に伴って、新規に取引が開始された荷主も少なくなかった。井関農機、日本出版、さらにはエスエス製薬、ミドリ十字(現田辺三菱製薬)、帝人など取引荷主の拡大が順調に進んだ。また昭和35年8月に本條猛二の同郷出身者、河本敏夫(元衆議院議員、元三光汽船オーナー)が山陽自動車運送の取締役に就任したことから、三光汽船との株式の持合いや、本條猛二が三光汽船の関係会社の社長に就任するなど業界でも注目を集めることになった。本條猛二 フレッシュアイペディアより)

  • ヰセキ

    ヰセキから見た井関農機井関農機

    ヰセキ フレッシュアイペディアより)

  • いすゞエンジン製造北海道

    いすゞエンジン製造北海道から見た井関農機井関農機

    SUV用ガソリンエンジン、小型トラック用・コンポーネント供給用のディーゼルエンジンを始めアルミ鋳造部品類を含むエンジン部品製造をしている。生産品は、GMやオペル車を始め、コンポーネント供給用(産業用ディーゼルエンジン)としては井関農機への農業機械用ディーゼルエンジンなどとして供給している。いすゞエンジン製造北海道 フレッシュアイペディアより)

  • ガクラン八年組

    ガクラン八年組から見た井関農機井関農機

    あいつとララバイ - 同時期に連載されていた楠みちはるの漫画作品。主人公の菱木研二が愛車Z-2に乗って登場し、高速道路上で「東北ササニシキ連合」の駆る農耕用トラクターの大軍団に「あんちゃん、ヰセキのターボだんべよ」の台詞を残し追い抜かれるシーンが描かれている。ガクラン八年組 フレッシュアイペディアより)

  • 自脱型コンバイン

    自脱型コンバインから見た井関農機井関農機

    一方で、1966年(昭和41年)に井関農機が開発した「自脱型コンバイン(フロンティアHD50)」(自動脱穀機に刈取機を組み合わせたコンバイン)の登場を皮切に、国産農機メーカーが自脱型コンバインを相次いで発表、普及してゆく。自脱型コンバイン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「井関農機」のニューストピックワード