64件中 21 - 30件表示
  • 三間村

    三間村から見た井関農機井関農機

    井関邦三郎(井関農機の創業者)・・・務田出身三間村 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤アキラ

    伊藤アキラから見た井関農機井関農機

    ヰセキトラクター (井関農機「ヰセキトラクター」、歌:加山雄三、作曲: 森田公一)伊藤アキラ フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅みま

    道の駅みまから見た井関農機井関農機

    井関邦三郎記念館(井関農機創業者)道の駅みま フレッシュアイペディアより)

  • 本條猛二

    本條猛二から見た井関農機井関農機

    昭和30年代に入り、神武景気の到来に軌道を合わせるように山陽自動車運送も拡張路線を歩む。昭和32年5月には、広島?大阪間の路線免許を持つ山陽通運と資本提携(後に吸収合併)。山陽道路線が実現していくなか次なる飛躍は「東京路線」への進出であった。東京路線の運行が開始されたのは、昭和35年だが、免許申請は運行開始の3年前。昭和34年には、東京路線実現に備えて、本社事務所も創設の地、宍粟郡山崎町(現宍粟市)から大阪市内に移された。当時、東海道路線は「ゴールデンロード」と呼ばれており、山陽自動車運送のほか24社が免許申請を行っていたが、日本運送(現フットワークエクスプレス)、西濃運輸などをリーダーとする既存20社が猛反対、昭和34年1月26日から5日間にわたって運輸省において公聴会が開催されるなど、前代未聞の熾烈な戦いが繰り広げられることになった。山陽自動車運送では、公聴会の開催に当たって、24社35人の一般公述人のうち、住友商事、松下電工(現パナソニック電工)、松下電器産業(現パナソニック)、住友ベークライト工業、東京製鋼、日本金属工業などの幹部8人から、援護発言をうけるが並みいる同業他社の面々には山陽は絶対確実との印象を与えた。公聴会で、賛成意見を公述したメンバーからもわかるように、大手優良企業の社名が取引先として並ぶことになる。松下電器産業グループとの取引が開始されたのは昭和20年代後半からであったが、30年代に始まった「家電時代到来」によって、さらに取引が拡大されることになる。また本條猛二の実兄が住友商事の会長、田路舜哉だったことから、住友グループとの取引が始まったが、その後は、住友ベークライト、住友電気工業、住友金属工業などへと次第に拡大された。一方、東京路線の確保に伴って、新規に取引が開始された荷主も少なくなかった。井関農機、日本出版、さらにはエスエス製薬、ミドリ十字(現田辺三菱製薬)、帝人など取引荷主の拡大が順調に進んだ。また昭和35年8月に本條猛二の同郷出身者、河本敏夫(元衆議院議員、元三光汽船オーナー)が山陽自動車運送の取締役に就任したことから、三光汽船との株式の持合いや、本條猛二が三光汽船の関係会社の社長に就任するなど業界でも注目を集めることになった。本條猛二 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道212号大面保内線

    新潟県道212号大面保内線から見た井関農機井関農機

    井関新潟製造所(井関農機グループ)新潟県道212号大面保内線 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県道331号三条下田線

    新潟県道331号三条下田線から見た井関農機井関農機

    井関新潟製造所(井関農機グループ)新潟県道331号三条下田線 フレッシュアイペディアより)

  • 水冷エンジン

    水冷エンジンから見た井関農機井関農機

    ただし、オートバイの水冷エンジンではラジエーター登場後もサーモサイフォンが比較的長い時期使われ続けた。サーモサイフォンを用いた水冷エンジンの中には、開放式の水槽の代わりに密閉式の水タンクを用いたものもあり、オートバイ用エンジンでは1887年にイギリス人発明家のによる三輪オートバイ、1892年のドイツのによる史上初の発動機付自転車(世界初のオートバイ)のH&W・モトラッド、1926年から1940年に掛けて製造されたのなどが採用していた。日本では、第二次世界大戦後に静岡県浜松市に多数勃興した零細オートバイメーカーの一つ、長本発動機研究所が1948年から1956年に掛けて製造した長本発動機・ライフ号が空水冷方式と称する独自の水タンク式サーモサイフォンを採用した。ライフ号はシリンダーヘッドを空冷、シリンダーバレルを水冷とした折衷構造で、万一水冷システムが漏水などで機能喪失しても、空冷エンジンとしても機能するためオーバーヒートが阻止されるというもので、1953年の名古屋TTレースに経営者兼技術者の長本庄包自らが参戦し、団体6位という成績を収めるが、空冷エンジンの進歩によりライフ号は優位性を失い1954年に製造中止、1956年には会社も倒産に追い込まれた。しかし長本は空水冷方式の研究を継続し、1961年には井関農機が川崎明発工業(メイハツ)に製造委託する形で発売されたヰセキ・ペット50に、シリンダーヘッドのみを水冷とした長本の空水冷方式が採用された。1962年からはヰセキ・タフ50と改称したものの、農機メーカーとしての販路の貧弱さからホンダ・スーパーカブに販売面で圧倒されこの年限りで販売中止となり、これ以降日本車では水冷システムにサーモサイフォンを採用するメーカーはなくなった。サーモサイフォン方式のオートバイ用エンジンは空冷エンジンに比較して製造コストが高価であり、スコット・フライング・スクァーレルを例に取れば同時期の空冷エンジンのロードスポーツと比較して2倍以上の価格差があった。水冷エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 秋田桂城短期大学

    秋田桂城短期大学から見たヰセキ井関農機

    地域社会学科:一般企業が主だった。就職先として秋田銀行や東日本旅客鉄道・北鹿新聞・USEN・マックスバリュ・ヰセキ・リコー・ゼロックス・ぺんてる・北都銀行・日産レンタカー・ベルコなどがある。秋田桂城短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立大学短期大学部

    秋田県立大学短期大学部から見た井関農機井関農機

    農学専攻:ヤマダフーズ・秋田十條化成・丸果秋田県青果・ヨネヤ・秋田秋印運輸・高井南茄園・井関農機・太平物産・湘南香料・マメトラ農機・ヤンマー・三菱電機・花徳・石原産業・秋田ニューバイオファーム・高畠ワインほか秋田県立大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ファッション造形大学短期大学部

    神戸ファッション造形大学短期大学部から見た井関農機井関農機

    デザイン美術科:船場・ジャスコ・第一電子・ソネック・デイリー印刷・ジェイオー建設・パナホーム・ヤング開発・岡工務店・日本興亜損害保険・井関農機・六甲出版販売・東急ハンズ・パナソニック電工ホームエンジニアリング・星電社・パナソニック・関電サービス・大林組・フロントページ・両備ホールディングス・大和ハウス工業・清水工務店ほか神戸ファッション造形大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「井関農機」のニューストピックワード