前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 2017年の台湾

    2017年の台湾から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    3月25日 - 日本の総務副大臣の赤間二郎が台湾を訪問し、台北市で日本台湾交流協会主催のイベントの開幕式に出席した。2017年の台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    1日 - 日本側に於ける対台湾(中華民国)交流窓口機関である「交流協会」が、「日本台湾交流協会」に名称を変更。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 水上達三

    水上達三から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    財団法人交流協会(現・日本台湾交流協会)設立発起人水上達三 フレッシュアイペディアより)

  • 楊永明

    楊永明から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    2009年5月、日本政府の在台湾窓口機関「交流協会(当時)」の斎藤正樹代表(大使に相当)が「台湾の地位は未確定」という趣旨の発言をおこなった際には、これに抗議を行った。楊は、「厳重な抗議を行った台湾外交部の処理は適切だった。日台交流に貢献した齋藤大使には感謝しているが、『台湾の地位未定論』は齋藤氏個人の言論であり、日本政府の立場とは異なる」と述べている。楊永明 フレッシュアイペディアより)

  • 沼田幹男

    沼田幹男から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    沼田 幹男(ぬまた みきお、1950年3月9日 - )は、日本の外交官。外務省領事局長、駐ミャンマー特命全権大使を経て、公益財団法人日本台湾交流協会台北事務所長。初のノンキャリア出身外務省局長。拓殖大学出身者としては初の中央省庁本省局長。沼田幹男 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナ・スクール

    チャイナ・スクールから見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    中国語研修(香港中文大学新亜書院・北京語言学院)、交流協会台北事務所総務部長、中国公使、上海総領事、香港総領事、駐カンボジア大使チャイナ・スクール フレッシュアイペディアより)

  • 大橋光夫

    大橋光夫から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    大橋 光夫(おおはし みつお、1936年1月18日 - )は日本の実業家、昭和電工最高顧問。同社元社長、会長。公益財団法人日本台湾交流協会会長。慶應義塾評議員。国民政治協会会長。大橋光夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本交流協会

    日本交流協会から見た交流協会日本台湾交流協会

    日本交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 高砂義勇隊

    高砂義勇隊から見た交流協会日本台湾交流協会

    1974年末にインドネシアのモロタイ島で発見された台湾人日本兵、中村輝夫(本名、スニオン、李光輝)も、台湾原住民アミ族出身の義勇隊員である。彼の確認が、日本の世論において「高砂義勇軍」が話題に上った最初のきっかけとなった。彼の発見をきっかけに給与が未払で補償がないことに関する世論の批判もおき、1990年代に戦病死者及び重傷者を対象に一人200万円(台湾ドルで約43万ドル)の弔慰金が支払われたが、給与は現在でも未払である(以下の柳本の文献参照)。また、当時強制的に軍事郵便貯金とされた給与も引き出せなかったが、これは120倍にして返却することが決まり1995年に支払いが開始され一部の元隊員は受け取った。しかし平均1000円ほどの残高を所持し、当時としては大金だったのに120倍で引き出しても12万円にしかならない。これに抗議して、1996年6月に、日本大使館に相当する台北の交流協会を元隊員が襲撃する事件が起こった。現在でも、物価上昇を考慮すると、数年間の戦闘の対価としてはあまりに少額として抗議する元隊員も多い。高砂義勇隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国と中華民国との間の平和条約

    日本国と中華民国との間の平和条約から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    その後は、日本国と中華民国(台湾国民政府)の実務関係を処理するため公的民間団体と言う形で日本台湾交流協会(2017年に「交流協会」から名称を変更)と亜東関係協会をそれぞれ設け、両政府に代わり外交・領事業務を行っている。日本国と中華民国との間の平和条約 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示