30件中 11 - 20件表示
  • 台湾日本関係協会

    台湾日本関係協会から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    台湾日本関係協会(たいわんにほんかんけいきょうかい、Taiwan-Japan Relations Association)とは、中華民国(台湾)の対日窓口機関であり、台北駐日経済文化代表処の台北本部である。日本との間に国交がないため形式的には非政府機関であるが、実質的には中華民国外交部の所管。日本側のカウンターパートは公益財団法人日本台湾交流協会台湾日本関係協会 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対するアジア諸国の対応

    東日本大震災に対するアジア諸国の対応から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    :馬英九総統は「日本側の要請を受けたら、すぐに救援隊を出動したい」と語り、要請があればいつでも援助隊を出動可能な状態に待機させた。中華民国外交部は11日、大地震に遭った日本政府に30万台湾ドルの義援金を送ることを表明。翌12日には、1億台湾ドル(約2億8000万円)に増額した。13日には被害の拡大により、被災地に援助隊を派遣することを表明。同総統は演説で、日本が1999年9月の台湾中部大地震や2009年8月の南部台風災害で台湾を支援したことに触れ、「我々も同様に積極支援する」と語った。台湾の救助隊28人は3月14日午前に台北市内の松山空港を出発。同救助隊は日本に到着の後、自力で被災地に入り、救助活動に当たる計画を立てた。台湾は11日に派遣の用意を表明していたが、日本側の待機要請により、各国の救助隊が日本入りする中、丸2日間の待機を余儀なくされた。台湾側外交関係者は日本政府の中国の立場への配慮を示唆している。また、親日家として知られる李登輝元総統は3月12日に、日本語で「日本の皆様の不安や焦り、悲しみなどを思い、私は刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じている」、「自然の猛威を前に決して運命だとあきらめず、元気と自信、勇気を奮い起こしてほしい」と励ましのメッセージを寄せている。物資支援として、発電機688台、毛布1,599箱、寝袋2,587箱、スリーピングマット236箱、衣類(防寒着等を含む)4,488箱、食品16.5トン及び9,444箱、ストーブ900台、マスク404箱、カイロ150箱、飲料870箱、手袋42箱、暖房器具53台、マットレス33箱、粉ミルク895箱、マフラー21箱、ナプキン10箱、枕16箱、キルト408箱、ティッシュ20箱、トイレットペーパー30箱、懐中電灯3箱、タオル48箱、納体袋24箱を宮城県、福島県、岩手県、新潟県、山梨県に提供。3月17日・18日には、チャリティー番組「相信希望 fight&smile」と「」(日本の311震災に愛を送る夕べ)が放送され、8億9000万台湾ドル(約24億3000万円)が集まった。3月21日時点の義捐金の合計は15億台湾ドル(約41億円)以上に達し、4月1日には100億円を突破した。これは同時期に米赤十字が発表した同国の金額を上回る。4月15日には140億円を超え、世界各国中、最多となった。その後、200億円以上となった。4月11日、日本政府は台湾への特別メッセージを込めた菅直人首相名義の感謝状を、実質的な在台湾の日本大使館として機能している日本台湾交流協会を通じて馬英九総統、呉敦義行政院長、楊進添・外交部長に送った。4月29日、日本政府は東日本大震災の義捐金活動などで貢献した台湾人4名(エバーグリーン・グループ総裁・張栄発氏ら)に対して叙勲を行った。また政府が米国や中国などのメディアに感謝広告を寄稿した一方で台湾の新聞には実施しなかったことについて日本人デザイナーが広告掲載を呼びかけ、5月3日に台湾主要新聞2紙に掲載された。海外要人(大臣級以上および王族)の被災地訪問では、要人ほか数名で被災地1 - 2ヶ所を1日で視察する例がほとんどの中、台湾は、王金平中華民国立法院長を団長とする与野党超党派の立法委員、慈善団体代表、旅行関係者等29人の大視察団を結成し、2012年7月1日から4日までの4日間をかけて、宮城県気仙沼市・南三陸町・松島町・仙台市、福島県福島市・相馬市の6都市を訪問した。東日本大震災に対するアジア諸国の対応 フレッシュアイペディアより)

  • 谷崎泰明

    谷崎泰明から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    谷? 泰明(たにざき やすあき、1952年(昭和27年)10月20日 - )は日本の外交官。東京都出身。2017年6月19日,から日本台湾交流協会理事長。谷崎泰明 フレッシュアイペディアより)

  • 政府観光局

    政府観光局から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    単独で支局開設が行えない場合には、周辺の国と共同で観光局を構えるケースもある他、その国に設置した代表部(大使館領事部、総領事館や領事館、自治体在外事務所、利益代表部、「交流協会」等)の業務範囲に含まれる(日本においては、セーシェル観光促進会など)。また、一部の支局は直営でなく、業務を委託された広告代理店や広報代理店などの一般企業が運営を行っている(日本においては、アメリカ合衆国のハワイ州観光局など)。政府観光局 フレッシュアイペディアより)

  • 藤島安之

    藤島安之から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    同期に、町村信孝、佐野忠克(経産審議官、京大法卒)、及川耕造(特許庁長官)、太田信一郎(特許庁長官)、佐瀬正敬(沖電気執行役員)、岩田満泰(関電副社長、中小企業庁長官、近畿通産局長、東大経卒)、綾部正美(帝国石油専務、大臣官房調査統計部長)、作田穎治(住金専務、基礎産業局長、慶大経卒)、松倉浩司(交流協会元専務理事、東北通産局長)、河本博隆(特許庁審査第一部長)、野村弘(弁護士、1972年退官)など。藤島安之 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾人日本兵

    台湾人日本兵から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    李の発見をきっかけに給与が未払で補償がないことに関する世論の批判も起こり、1987年9月に議員立法で台湾人戦没者遺族等への補償が決定され、日本政府は1990年代に戦病死者及び重傷者を対象に一人200万円(台湾ドルで約43万ドル)の弔慰金を支払った。しかし日本人戦死者遺族が受給する軍人恩給とは大きな差があり、台湾ではこれに反発する声もある。死亡者や重傷者に弔慰金とよばれるお見舞い金があったのみで、給与は現在でも未払である(以下の柳本の文献参照)。また、当時強制的に軍事郵便貯金とされた給与も引き出せなかったが、これは120倍にして返却することが決まり1995年に支払いが開始され一部の元隊員は受け取った。しかし平均1000円ほどの残高を所持し、当時としては大金だったのに120倍で引き出しても12万円にしかならない。これに抗議して、1996年6月に、日本大使館に相当する台北の交流協会事務所を元隊員が襲撃する事件が起こった 。現在でも、物価上昇を考慮すると、数年間の戦闘の対価としてはあまりに少額として抗議する元隊員も多い。台湾人日本兵 フレッシュアイペディアより)

  • 頼清徳

    頼清徳から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    2017年4月16日に発生した八田與一の銅像から頭の部分が切断、持ち去られた事件で、直後に犯行を非難する声明を自身のFacebookで表明したほか、18日付で日本の関係自治体や日本台湾交流協会関係者に日本語による事情説明文書を発送しているが、「白色正義社会連盟」などの一部団体は媚日行為だと非難した。頼清徳 フレッシュアイペディアより)

  • 在タイ日本国大使館

    在タイ日本国大使館から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    旅券証明・査証共に、タイ王国と中華民国(台湾)国民及び現地在留邦人に対応する。中華民国国内での業務については、現地の日本台湾交流協会の事務所で受け付けて、バンコクの本館に転送する形を取る。在タイ日本国大使館 フレッシュアイペディアより)

  • 日台関係史

    日台関係史から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    2017年1月1日:日本の対台湾窓口機関が「公益財団法人交流協会」から「公益財団法人日本台湾交流協会」に名称を変更。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 服部禮次郎

    服部禮次郎から見た日本台湾交流協会日本台湾交流協会

    1993年9月 - 財団法人交流協会会長就任(2011年6月まで)服部禮次郎 フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「交流協会台北事務所」のニューストピックワード