34件中 11 - 20件表示
  • 亜東関係協会

    亜東関係協会から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    亜東関係協会(あとうかんけいきょうかい、East Asia Relations Commission)とは、中華民国(台湾)の対日窓口機関であり、台北駐日経済文化代表処の台北本部である。日本との間に国交がないため形式的には非政府機関であるが、実質的には中華民国外交部の所管。日本側のカウンターパートは財団法人交流協会亜東関係協会 フレッシュアイペディアより)

  • 山下新太郎 (外交官)

    山下新太郎 (外交官)から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    駐ポーランド大使、外務省研修所所長、駐韓国大使などを歴任し、1998年1月に外務省を辞職。その後、1998年3月から2002年2月まで財団法人交流協会台北事務所長を務めた。 山下新太郎 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 丸川哲史

    丸川哲史から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    和歌山県生まれ。1988年明治大学文学部卒業、1990年法政大学大学院日本文学科修士課程修了、同年財団法人交流協会日本語教育専門家、1994年財団法人海外漁業協力財団日本語教育専門家。丸川哲史 フレッシュアイペディアより)

  • 聯合号事件

    聯合号事件から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    台湾では日本の事実上の在台大使館である財団法人交流協会に対して沈没事故を抗議するデモが行われた他、中華人民共和国も抗議声明を出すなど「中台」の見解が一致した。また台湾当局も「事故原因を調査する」などとして行政院海岸巡防署所属の艦船「和星」、「台中」、「連江」を含む4隻を現場に派遣し、更に領海侵犯も犯し、駐日代表を召還させる強硬措置をとった。更に、劉兆玄行政院長も立法院の答弁で、立法委員の追及に応える形で「最終手段としての軍艦の派遣も排除できない」との見解を示し、軍事的手段の行使も有り得るとの考えを示した。聯合号事件 フレッシュアイペディアより)

  • 所澤潤

    所澤潤から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    所澤潤監訳『台湾の社会的リーダー階層と日本統治』財団法人交流協会、2010年3月、(全548頁+索引17頁)。所澤潤 フレッシュアイペディアより)

  • 下荒地修二

    下荒地修二から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    外務大臣秘書官事務取扱、在中華人民共和国日本大使館一等書記官、財団法人交流協会台北事務所主任、外務省経済局総務参事官室首席事務官、外務省経済協力局政策課企画官、外務省経済協力局調査計画課長、在大韓民国日本国大使館経済参事官、在中華人民共和国日本大使館総務参事官・公使、外務省情報調査局参事官 、在バンクーバー総領事、日本国際問題研究所主任研究員兼軍縮センター次長、ハーバード大学国際問題研究所フェローを歴任。下荒地修二 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本雄二

    宮本雄二から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    福岡県立修猷館高等学校、京都大学法学部卒業。大学在学中の1968年に外務公務員採用上級試験合格に合格し、大学を卒業した1969年に外務省入省。同期には、谷内正太郎、田中均、今井正(財団法人交流協会台北事務所長、国際情報局長)、飯村豊、重家俊範、堀村隆彦(駐ブラジル大使、中南米局長)、藤崎一郎(駐米大使、外務審議官、北米局長)など。宮本雄二 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年尖閣諸島抗議デモ

    2012年尖閣諸島抗議デモから見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    9月25日の午前7時40分頃から11時30分頃までに台湾の中華民国行政院海岸巡防署の巡視船12隻と宜蘭県蘇澳鎮から出港した漁船約40隻が同時に尖閣諸島の領海を侵犯し、尖閣諸島の台湾領有を主張するデモ活動を行った。これに対して海上保安庁は保有する約360隻の巡視船・巡視艇のうち約45隻を出動させて対応し、巡視船が放水して進路規制を行ったが、台湾の巡視船も放水でこれに応戦した。これを受けて、財団法人交流協会の今井正理事長が中華民国外交部を訪れ、楊進添外交部長と2時間にわたり会談、厳重抗議と再発防止の申し入れを行ったが、楊部長は日本の国有化について批判した。また、馬英九中華民国総統はこの領海侵犯を「全力で漁民の安全を守った」「釣魚台が我が領土であることを世界に誇示した」と絶賛した。2012年尖閣諸島抗議デモ フレッシュアイペディアより)

  • 服部禮次郎

    服部禮次郎から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    1993年9月 - 財団法人交流協会会長就任(2011年6月まで)服部禮次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井口貞夫

    井口貞夫から見た財団法人交流協会財団法人交流協会

    1945年終戦連絡中央事務局総務部長兼政治部長、1946年公職追放、1951年1月外務事務次官就任、1952年5月初代在カナダ特命全権大使、1954年1月から1956年8月まで在アメリカ合衆国特命全権大使、1957年日本電波塔(東京タワー)副社長、1959年在中華民国特命全権大使。1963年退官。1973年財団法人交流協会設立発起人。井口貞夫 フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「交流協会台北事務所」のニューストピックワード