85件中 31 - 40件表示
  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見た2009年

    日台漁業交渉は、1996年に開始し、2005年7月の第15回協議以降は中断していたが、2009年2月に再開し、尖閣諸島(釣魚台)周辺での漁業トラブルに対応する緊急連絡窓口を沖縄県那覇市に設置することで合意した。日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見た高雄市

    1972年9月29日、日中国交正常化によって日本と中華民国の国交が断絶したことに伴い、貿易、経済、技術、文化などの民間交流関係を維持するための「実務機関」として、同年12月1日、「財団法人交流協会」として設立された。同月26日、亜東関係協会との間の取り決めに基づき、台湾の台北市と高雄市に事務所を設置した。当初、日本側は「日台交流協会」という名称を希望していたが、中華民国側が「日華交流協会」を主張して折り合わず、結局は単なる「交流協会」となった。台湾現地では日本交流協会や日本財団法人 交流協会と呼称していた。日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見たブラジル

    賀陽治憲(1991年11月?1998年3月)--元駐スイス、デンマーク、ブラジル大使日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見たイスラエル

    今井正(2012年4月?2017年6月)--元駐イスラエル、マレーシア大使、沖縄担当大使、台北事務所長日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見た中華民国

    公益財団法人日本台湾交流協会(にほんたいわんこうりゅうきょうかい、、)は、公式に国交のない中華民国(台湾)との実務関係を処理するための日本の対台湾窓口機関である。財団法人時代の旧主務官庁は外務省及び経済産業省。2016年まで台湾での通称は日本交流協会。台湾側のカウンターパートは台湾日本関係協会。日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見た日華平和条約

    2009年5月1日:齋藤正樹台北事務所長が中正大学での講演で「サンフランシスコ講和条約と日華平和条約に基づき、日本が台湾の主権を放棄した後、台湾の地位は未定である」とする台湾地位未定論に言及。この直後、台湾外交部が齋藤所長を呼び、強く抗議。馬英九総統が4日前に「日華平和条約により台湾の主権が日本政府から中華民国に移譲された」とする見解を表明したばかりだった。その後、馬政権に冷遇された齋藤所長は2009年12月、辞任に追い込まれた。日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見た日本語教育

    日本語センターは、台湾における日本語学習者の増加に伴い、2000年7月に設置され、台湾の日本語教育を総合的に支援している。日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見た租税条約

    2015年11月には租税条約にあたる「日台民間租税取決め」を締結している。日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見たフィリピン

    卜部敏男(1974年11月?1977年10月)--元駐フィリピン大使日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本台湾交流協会

    日本台湾交流協会から見たスイス

    賀陽治憲(1991年11月?1998年3月)--元駐スイス、デンマーク、ブラジル大使日本台湾交流協会 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示