前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1098件中 1 - 10件表示
  • 西村眞悟弁護士法違反事件

    西村眞悟弁護士法違反事件から見た交通事故交通事故

    西村眞悟弁護士法違反事件(にしむらしんごべんごしほういはんじけん)とは、弁護士である西村眞悟衆議院議員が1997年(平成9年)から2004年(平成16年)にかけて右翼活動家の男性に自身の弁護士名義を違法に使用させ、交通事故の示談交渉などにあたらせた上で利得の一部を受け取っていたとして、弁護士法違反の罪に問われた事件。西村眞悟弁護士法違反事件 フレッシュアイペディアより)

  • DEATHTOPIA

    DEATHTOPIAから見た交通事故交通事故

    作者が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載していた『CHARON』の連載終了から4か月後に『イブニング』へ移籍し、連載が開始された。交通事故の影響で眼に特殊な力を宿した主人公と、彼の前へ現れた謎の美女3人組の視点から、シリアルキラーたちの脅威に立ち向かうサスペンス調の物語や、それにまつわる異能の力、そして物語が進むにつれ、自分の意のままの新世界を創造しようと暗躍している黒幕の野望が描かれるが、そこには過去作品の『エデンの檻』『CHARON』にも盛り込まれたアクション描写やそれら以上に過激な人体損壊を伴うグロテスク描写に加え、青年誌ならではの美女たちによるセクシー描写が盛り込まれている。DEATHTOPIA フレッシュアイペディアより)

  • 83運動

    83運動から見た交通事故交通事故

    83運動(はちさんうんどう)は、地域の住民で行う防犯活動の一つ。午前8時と午後3時に学校へ登下校する子供を犯罪や交通事故に遭遇することを未然に防止する為に行われる。なお、「83運動」は防犯活動の中でも能動的防犯に分類される。83運動 フレッシュアイペディアより)

  • SISTERS 〜夏の最後の日〜

    SISTERS 〜夏の最後の日〜から見た交通事故交通事故

    春香と千夏の本気を知った主人公は、ベッドルームでも肉欲のままに彼女たちと無我夢中で性の快楽を貪り合っていくが、実はこの家が自宅であること、春香とは相思相愛の恋人同士であること、千夏の小さな願いが遠因となって交通事故に遭ったこと、そして神村母娘とは近縁であることを、交通事故の際に発症した記憶障害によって忘れてしまっていた。明朝には過去13日間の記憶が消失することも知らず、継母である秋子の娘にして自分の異母妹である春香や千夏とも貪り合った主人公は、その果てに千夏に見守られながら春香と、春香に見守られながら千歌とそれぞれ最後のセックスを終えると、双肩に寄り添ってきた彼女たちの間で眠りに就く。SISTERS 〜夏の最後の日〜 フレッシュアイペディアより)

  • 渋滞

    渋滞から見た交通事故交通事故

    また、渋滞は交通事故増加の原因となっている。例えば、生活道路に抜け道を目的とした車両が流入することでコミュニティ空間の安全性・快適性を損なう事例もみられる。渋滞 フレッシュアイペディアより)

  • アインシュタインガール

    アインシュタインガールから見た交通事故交通事故

    1年前に母親を交通事故で亡くした女子高校生・薫(岩佐真悠子)が、ある朝突然、時空の歪みに巻き込まれ1年と2日前にタイムスリップ。60年前の戦場からタイムスリップした水兵・康二郎(福士誠治)の「過去を変えてはいけない」と言う忠告にも構わず、母親を交通事故から救おうと決心する。アインシュタインガール フレッシュアイペディアより)

  • 不法行為の準拠法

    不法行為の準拠法から見た交通事故交通事故

    例えば、スイスにおいては、道路交通事故、製造物責任、不正競争、競争制限、不動産に起因する有害物質等の進入、人格権侵害に類型を分けて、不法行為の準拠法の特則が規定されている。不法行為の準拠法 フレッシュアイペディアより)

  • 外傷性頸部症候群

    外傷性頸部症候群から見た交通事故交通事故

    自動車事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをムチウチ症と通称名で呼ぶ事が多く、「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」として診断名がつけられる事が多い。自動車事故のほかに労働災害、スポーツ障害によって起こされる事が多い。外傷性頸部症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 即死

    即死から見た交通事故交通事故

    例えば交通事故により大腿骨を損傷、大腿動脈を破損した場合、激しく出血をして、大方1分以内に失血死する。轢死などでの頭部切断や腹部切断では、数分間口や手足を動かしたりすることもある。これらを大抵「交通事故により即死した」と言うが、この場合でも、激しい出血によるショック状態、そしてそれに伴う意識喪失、連続した血圧低下など様々なプロセスを経ているため、決して「瞬間に」死んでいるわけではない。即死 フレッシュアイペディアより)

  • 合わせガラス

    合わせガラスから見た自動車事故交通事故

    合わせガラス(あわせガラス、)とは、複数の板ガラスの間に樹脂などの中間膜を挟み、接着したガラスのこと。高速道路での衝突事故や列車脱線事故など、窓枠が大きくゆがむほどの衝撃にも耐えられる対貫通性・耐衝撃性を持ち、また割れた際の飛散も起きにくいため、自動車のフロントウインドシールドや路線バスの前面行先表示器ガラス、鉄道車両の前面および側面ガラス、情報機器のモニター用ガラス、防犯ガラスとして用いられる。また、中間膜の特性を変更することにより、紫外線・赤外線の吸収、防音、着色など、様々な付加機能を与えることも可能である。ただし、その性質上リサイクル(分別)し辛く、使用後は産業廃棄物として処理されることが多い。高高度を飛行するジェット旅客機のコックピットでは、合わせガラス式ウィンドシールドの中間層へ透明な電熱シートを加え加熱することで、低温でガラスが脆くなること(低温脆性)と外部表面の氷結を防いでいる。合わせガラス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1098件中 1 - 10件表示

「交通事故」のニューストピックワード

  • 韓国の素材技術センターはGMの電気自動車の未来を率いる中心軸