814件中 121 - 130件表示
  • 占冠インターチェンジ

    占冠インターチェンジから見た交通事故交通事故

    また、並行する国道274号は重大な死亡事故が多く悪名高い日勝峠を経由する事となるが、トマムIC間までの開通で更に日勝峠・狩勝峠の迂回路としての道東自動車道の機能が更に強化された。国道274号(日勝峠)などの交通事故減少や道央圏とのアクセス向上に繋がった。占冠インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 第1次西成暴動

    第1次西成暴動から見た交通事故交通事故

    1961年8月1日午後9時5分頃、西成区の路上でタクシーが人をはねて死亡させる交通事故が発生した。西成警察署は被害者は既に死亡しているとし、遺体をそのままにして現場検証を行い、終了後に遺体を収容した。第1次西成暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 東名山北バス事故

    東名山北バス事故から見た交通事故交通事故

    東名山北バス事故(とうめいやまきたバスじこ)は、神奈川県山北町の東名高速道路で、1995年に起きた交通事故。社会見学に向かう途中の小学生を含む44名が死傷した。バスに追突したトラックの過積載が問題となった事故である。東名山北バス事故 フレッシュアイペディアより)

  • 町井正登

    町井正登から見た交通事故交通事故

    1995年、妻の体調を理由に不出馬。同年、舞鶴市名誉市民条例にもとづき、名誉市民の認定を受ける。2006年、交通事故のため死去。町井正登 フレッシュアイペディアより)

  • セルフヘルプ

    セルフヘルプから見た交通事故交通事故

    犯罪被害者の会、交通事故遺族の会、アルコール依存症患者の会、精神障害者の会など、ある特定の困難や問題、心の傷を抱えた当事者たちが、自らの現状を自らで修正、改善する意思をもって集い、活動をするものである。セルフヘルプ フレッシュアイペディアより)

  • 交通工学

    交通工学から見た交通事故交通事故

    システム工学として車群追従走行の安全性メカニズムの解明、旅行時間予測に関する研究などのように機能工学や人間工学の分野でも、交通事故の防止につながるシステムの提案のほか、操作負担の少ない交通手段、交通媒体の開発や評価などの研究を行っている。交通工学 フレッシュアイペディアより)

  • ギャグ・シンセサイザー

    ギャグ・シンセサイザーから見た交通事故交通事故

    1980年4月、共に法政大学の落語研究会に所属し、先輩・後輩の仲であった在学中にアマチュアで日本テレビの「お笑いスター誕生!!」に出演、同年9月27日にプロ入りすると番組内で宣言して10週勝ち抜き、グランプリを獲得した。その後数々のテレビ・ラジオなどに出演していたが、松園の病気で長谷川がピンで活動、その後松園が復帰してコンビ活動を再開したが、長谷川の交通事故が原因で1982年頃に解散し、「お笑いスター誕生!!」で獲得したグランプリの剥奪、芸能界からも引退した。ギャグ・シンセサイザー フレッシュアイペディアより)

  • 一部請求

    一部請求から見た交通事故交通事故

    交通事故などの訴訟で、判決確定後に後発後遺症が判明する、ということがままある。この場合判決は確定していても再訴を認めるべきだとの見解が定説となっている。問題はその理論構成である。この点、最初の請求を一時請求、後発後遺症についての後訴を残部請求として構成して認める見解がある。判例は、確定判決後の事情変更などのケースでも、一部請求の理論を借用している。しかし、一部請求理論は、原告が全額請求しようと思えば請求できた場合に限定すべきだとの見解も有力である。一部請求 フレッシュアイペディアより)

  • 三船和子

    三船和子から見た交通事故交通事故

    1968年9月、乗車していたタクシーがガードレールと信号の鉄柱に衝突する交通事故に遭遇、鞭打ち症の後遺症で声が出なくなり、引退に追い込まれる。三船和子 フレッシュアイペディアより)

  • 南日

    南日から見た交通事故交通事故

    1976年3月7日、地方視察中に交通事故で死去し、3月9日に国葬が執り行われた。南日 フレッシュアイペディアより)

814件中 121 - 130件表示

「交通事故」のニューストピックワード