814件中 131 - 140件表示
  • 土師一夫

    土師一夫から見た交通事故交通事故

    廃業後は、大阪府大阪市で相撲料理店「土師」を経営したが、1999年10月3日、交通事故のために53歳で他界した。土師一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 海老名ジャンクション

    海老名ジャンクションから見た交通事故交通事故

    東名高速道路下り線(御殿場・静岡方面)を例に説明する。専用連絡路がない場合、当JCTを通過すると、左からは圏央道からの車両が合流してくるが、同時に東名本線から厚木ICへ向かう車両は左車線に集中する。現状でも厚木ICを利用する車両は多く、上下線とも渋滞が発生している事から、当JCTの新設により渋滞の悪化や事故の増加が懸念される。海老名ジャンクション フレッシュアイペディアより)

  • 溝口大樹

    溝口大樹から見た交通事故交通事故

    入団直後の2月26日に田中直樹とともに門限を破って外出し、交通事故に巻き込まれて右足を負傷して2月28日に手術を受け、10日間入院している。これにともない、謹慎1週間と罰金10万円の処分を球団から受けた。さらに同年6月13日には寮から抜け出そうして2階から飛び降りて右足を骨折し、再び手術を受けている。背番号を変更されたは二軍戦でも防御率40.50と成績が低迷し、同年オフに戦力外通告を受けてホークスのチームスタッフとなった。溝口大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 通行券

    通行券から見た交通事故交通事故

    事故や通行止めによる強制流出時に発券される乗継証明書も、通行券と同サイズである。通行券 フレッシュアイペディアより)

  • センチメンタルグラフティ2

    センチメンタルグラフティ2から見た交通事故交通事故

    NECインターチャネルが1999年1月30日に電撃G'sマガジン3月号の誌上で『センチメンタルグラフティ』の続編として開発を発表した本作は、前作『センチメンタルグラフティ』の主人公が交通事故で死亡したという設定で前作の主人公の存在をリセットし、新たな主人公と前作から引き続いて登場する12人のヒロインたちとの交流を描いている。そのため「前作主人公の葬式にヒロインたちが列席するシーン」から始まる異例のオープニングとなった。ゲーム本編はオープニングの葬儀より2年後が舞台となっている。センチメンタルグラフティ2 フレッシュアイペディアより)

  • 即死

    即死から見た交通事故交通事故

    例えば交通事故により大腿骨を損傷、大腿動脈を破損した場合、激しく出血をして、大方1分以内に失血死する。轢死などでの頭部切断や腹部切断では、数分間口や手足を動かしたりすることもある。これらを大抵「交通事故により即死した」と言うが、この場合でも、激しい出血によるショック状態、そしてそれに伴う意識喪失、連続した血圧低下など様々なプロセスを経ているため、決して「瞬間に」死んでいるわけではない。即死 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・ミラー・バンド

    スティーヴ・ミラー・バンドから見た交通事故交通事故

    グレイトフル・デッドやジミ・ヘンドリックスらとのツアーやレコーディングを繰り返し、1970年のリー・マイケルズやナッシュビルのエリア・コード615、チャーリー・マッコイなど実験的なセッション・レコーディングのアルバム『ナンバー・ファイヴ』をリリースする頃にはミラー以外のメンバーはすべて変わってしまう。スティーヴ・ミラーは1971年に起こした自動車事故により首を痛めてしまい長期間休養に入る。スティーヴ・ミラー・バンド フレッシュアイペディアより)

  • 東京DMAT

    東京DMATから見た交通事故交通事故

    また、他県のDMATは基本的に大規模災害の時に要請されて被災地に出動するものだが東京DMATは、都内で日常的に起こる災害でも救出に時間がかかるなどで東京消防庁が必要だと判断するとDMATに出動要請する。そのために都内で発生する交通事故や人身事故、労災事故などにも日常的に出動している。東京DMAT フレッシュアイペディアより)

  • 松井敏男

    松井敏男から見た交通事故交通事故

    かつて、松井敏男は交通安全協会について「交通安全のため」「子供たちを交通事故から守るため」などを謳いながら、事業費、すなわち「交通安全」という本来の目的に使われたのは、わずか740万円であり、総支出のうちの20%に過ぎないと主張し、それがTBS系テレビ報道番組で取り上げられた。松井は同番組内で「実際は給与です」と言い切った。松井敏男 フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・ハノーファー (1880-1912)

    ゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・ハノーファー (1880-1912)から見た交通事故交通事故

    1912年5月20日、伯父のデンマーク王フレゼリク8世の葬儀に参列するために自動車を運転していたところ、ドイツ帝国のプロイセン王国ブランデンブルク州Nackel(現ドイツ連邦共和国ブランデンブルク州オストプリグニッツ=ルッピン郡ヴシュターハウゼン/ドッセ、Wusterhausen/Dosse)で交通事故死した。31歳であった。未婚で子はなく、次弟クリスティアンがすでに死去していたため、ハノーファー家家長やカンバーランド公の法定推定相続人は末弟のエルンスト・アウグスト(3世)となった。ゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・ハノーファー (1880-1912) フレッシュアイペディアより)

814件中 131 - 140件表示

「交通事故」のニューストピックワード