814件中 11 - 20件表示
  • 横断歩道

    横断歩道から見た交通事故交通事故

    非常に広い道路で、横断歩道が長すぎて1回の信号の周期で横断できない人がいる時には、道路の中央に歩行者の待避所や島が設けられる。また、歩行者の通行が非常に多い交差点では、全ての方向の車両を停止させ、歩行者が交差点内で斜め横断もできるスクランブル方式が用いられることがある。また、横断歩行者と車両との交通事故が発生するなど危険な交差点においては、横断歩行者の安全を確保するために、歩行者用の信号が青の場合に、当該横断歩行者と交錯するような方向の車両用信号を赤にして、歩行者との交錯を無くす歩車分離式信号機が設置される事もある。横断歩道 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年の日本の女性史

    1974年の日本の女性史から見た交通事故交通事故

    7月19日 最高裁小法廷、7歳の少女の交通事故死の損害賠償請求訴訟で「主婦の家事労働も財産上の利益をあげており、家事労働を金銭的に換算するのが困難な場合は、女子労働者の平均賃金によって計算すべきである」と判決、最高裁が妻の家事労働の価値を認めた新判断1974年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 交通弱者

    交通弱者から見た交通事故交通事故

    交通弱者(こうつうじゃくしゃ)とは、日本においては概ね二つの意味がある。一つは、自動車中心社会において、移動を制約される人という意味である。もう一つは、交通事故の被害に遭いやすい人という意味である。交通弱者 フレッシュアイペディアより)

  • クロス探偵物語

    クロス探偵物語から見た交通事故交通事故

    黒須剣は、母親を早くに亡くし父親と2人暮らしをしていたが、その父も小学生の時に交通事故で帰らぬ人となっていた。クロス探偵物語 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟バイパス

    新潟バイパスから見た交通事故交通事故

    このうち新潟西バイパスは自動車専用道路であることなどから、2007年4月2日正午から、曽和IC付近 - 小新ICの最高速度が80km/hに引き上げられた。但し曽和IC付近は平面交差が近接しているため、制限速度は60km/hに、また小新IC - 新潟西IC間は短い区間の間に合流・分岐が連続する上、線形的にもカーブが連続する区間であり、制限速度は東行車線が60km/h、西行車線は50km/hに、それぞれ設定されている。なお通常80km/h規制の区間でも、交通事故などによる道路障害の発生や、悪天候など気象条件等による臨時の速度規制が実施される場合があり、その際は60Km/hに制限される。新潟バイパス フレッシュアイペディアより)

  • SISTERS 〜夏の最後の日〜

    SISTERS 〜夏の最後の日〜から見た交通事故交通事故

    実は物語開始の1年前、自転車で走行中に遭った交通事故による記憶障害(コルサコフ症候群)を発症しており、退院後の現在でも治療中。自らの名前や両親のことに加え、自らが春香と千夏の異母兄であることや秋子の継子であることを忘れている上、13日前以前のエピソード記憶も維持できなくなっている。症状の自覚維持すら困難であるため、それによるストレスが後述の性欲や精力を生み出し、記憶障害を発症する前から持つ分のそれらと相俟ってヒロイン達(特に春香や千夏)を身篭らせんばかりに激しく求める一因となっている。SISTERS 〜夏の最後の日〜 フレッシュアイペディアより)

  • 〈物語〉シリーズ

    〈物語〉シリーズから見た交通事故交通事故

    実は「迷い牛」という怪異であり幽霊(地縛霊)。両親が離婚したため離れて暮らすことになった母親に会いに行く途中、車側の信号無視による交通事故で死亡し怪異となった。自力では目的地にたどり着けないという怪異の特性上、事故以来ずっとさまよい続けていたが、暦やメメの協力によって目的地に辿り着いたことで地縛霊から浮遊霊になる(本人曰く「二階級特進」)。しかし、本来その時点で成仏するはずだった真宵はその後も残り続けたことで「くらやみ」の標的になってしまい、再び「迷い牛」に戻って人を迷わせ続けるか成仏するかという選択を迫られる。そして「迷い牛」に戻ることを拒んだ真宵は、暦に別れを告げて成仏した。そして暦の考えにより、「くらやみ」の事件に関わった人間、怪異と扇(女性)以外はこの事実を知らない。〈物語〉シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • アディーレ法律事務所

    アディーレ法律事務所から見た交通事故交通事故

    債務整理・交通事故・離婚問題・刑事弁護・労働問題などに関する相談数は、これまでに90,000件以上(2013年2月現在)。アディーレ法律事務所 フレッシュアイペディアより)

  • 高次脳機能障害

    高次脳機能障害から見た交通事故交通事故

    脳血管障害(いわゆる脳卒中)や、交通事故による脳外傷後に身体障害となる場合がある。身体障害が後遺障害として残る場合と、時間の経過とともに軽快していく場合がある。しかし、身体障害が軽度もしくはほとんど見られない場合でも、脳の機能に障害が生じている場合がある。それが前述の認知障害、つまり行動に現れる障害であるため、職場に戻ってから、問題が明らかになるというケースがある。つまり、日常生活、社会生活への適応に困難を有する人々がいるにもかかわらず、これらについては診断、リハビリテーション、生活支援等の手法が確立していないため早急な検討が必要なことが明らかとなった。高次脳機能障害 フレッシュアイペディアより)

  • 外傷性頸部症候群

    外傷性頸部症候群から見た交通事故交通事故

    自動車事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをムチウチ症と通称名で呼ぶ事が多く、「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」として診断名がつけられる事が多い。自動車事故のほかに労働災害、スポーツ障害によって起こされる事が多い。また整体やカイロプラクティックなどでの不適切な施術による例も見られる。外傷性頸部症候群 フレッシュアイペディアより)

814件中 11 - 20件表示

「交通事故」のニューストピックワード