1098件中 31 - 40件表示
  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た交通事故交通事故

    警察庁のまとめで、2006年の交通事故死亡者数が6352人と、1955年以来51年ぶりに6000人台前半となったことが判明。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車

    自動車から見た交通事故交通事故

    最初の自動車は蒸気機関で動く蒸気自動車で、1769年にフランス陸軍の技術大尉ニコラ=ジョゼフ・キュニョーが製作したキュニョーの砲車であると言われている。この自動車は前輪荷重が重すぎて旋回が困難だったため、時速約3キロしか出なかったにもかかわらず、パリ市内を試運転中に塀に衝突して自動車事故の第一号となった。自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 平成26年豪雪

    平成26年豪雪から見た交通事故交通事故

    2月8日 - 路面凍結による交通事故などで、11都県で13人が死亡。負傷者は29都府県で1498人に上った。平成26年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 思い出のマーニー

    思い出のマーニーから見た交通事故交通事故

    マーニーとエドワードの一人娘。第二次大戦が始まってからアメリカに疎開させられたが、一人で遠くに追いやられたことを恨み、13歳近くに帰国した時には別人のようになっていた。家出をして母に知らせもせずに若くして結婚する。相手は真っ黒な髪に黒い目をしたハンサムだが責任感の無い男性。娘が生まれた直後に離婚し、しばらくして再婚するが新婚旅行で交通事故死する。思い出のマーニー フレッシュアイペディアより)

  • 白バイ隊員

    白バイ隊員から見た交通事故交通事故

    “白バイ隊員”は晴天時の日中は、主として幹線道路・交通事故多発地点・高速道路などにおける交通違反の指導・取締りに従事する。他方雨天時や夜間になると、服務規程に基づいて白バイ乗務は止め、代わりにパトカーに乗務し警ら(パトロール)活動にあたることも多い。 また、晴天時の日中であっても、デスクに向かう業務(いわゆるデスクワーク。反則切符などの整理、活動日誌の作成など)もある。白バイ隊員 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸自動車道

    北陸自動車道から見た交通事故交通事故

    また、木之本IC - 武生ICと、朝日IC - 上越ICはトンネルが連続する区間である。特に前者の区間は、冬季に吹雪による視界不良や降雪によるスリップなどの交通障害が多発している。そのため標識で「山岳ハイウェイ」との告知がされ、チェーン脱着場も多数設けてある。とりわけ、敦賀IC - 敦賀トンネルは前述の理由で一度スリップなどで交通事故が発生すると、他路線では一般的な「反対車線に機材を投入する」という方法が使えない。そのため、特に冬季には木之本IC以北ではすべり止め着用規制がかかることが多い。北陸自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 奥中山高原駅

    奥中山高原駅から見た交通事故交通事故

    2017年(平成29年)6月21日 - 「マック」が交通事故に遭い死亡。奥中山高原駅 フレッシュアイペディアより)

  • コザ暴動

    コザ暴動から見た交通事故交通事故

    コザ暴動(コザぼうどう、)とは、1970年(昭和45年)12月20日未明、アメリカ施政権下の沖縄のコザ市(現在の沖縄県沖縄市)で発生したアメリカ軍車両および施設に対する焼き討ち事件である。直接の契機はアメリカ軍人が沖縄人をひいた交通事故だが、背景に米施政下での圧制、人権侵害に対する沖縄人の不満があった。コザ騒動(コザそうどう)、コザ事件(コザじけん)、コザ騒乱(コザそうらん)とも称される。コザ暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た交通事故交通事故

    平成期になり禁煙ブームで若い男性の喫煙率が低下傾向であり、東京都千代田区などの路上喫煙禁止条例や神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例が執行された。平成20年代になって、自転車による交通事故の急増から、警察本部が道路交通法の観点から自転車のマナー違反の検挙をするなどの自転車運転の取り締まりを強化する。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 高次脳機能障害

    高次脳機能障害から見た交通事故交通事故

    脳血管障害(いわゆる脳卒中)や、交通事故による脳外傷後に身体障害となる場合がある。身体障害が後遺障害として残る場合と、時間の経過とともに軽快していく場合がある。しかし、身体障害が軽度もしくはほとんど見られない場合でも、脳の機能に障害が生じている場合がある。それが前述の認知障害、つまり行動に現れる障害であるため、職場に戻ってから、問題が明らかになるというケースがある。つまり、日常生活、社会生活への適応に困難を有する人々がいるにもかかわらず、これらについては診断、リハビリテーション、生活支援等の手法が確立していないため早急な検討が必要なことが明らかとなった。高次脳機能障害 フレッシュアイペディアより)

1098件中 31 - 40件表示

「交通事故」のニューストピックワード